face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

はじめに

ブログ【face it】担当のKeiと申します。ラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)のスタッフのひとりを担当しています。

お問い合わせやご意見などは、Twitterアカウント(@Kei_radio)宛にダイレクトメッセージにて、お願いいたします。もしくは、はてなユーザーの方は各エントリーにコメント出来ますので、よろしくお願いいたします。

米ソングスチャート、ドレイクが年間首位獲得週数を25に伸ばす

ビルボードソングスチャートを定点観測。 現地時間の8月20日月曜に発表された、8月25日付最新チャート。ドレイク「In My Feelings」が6週連続の首位となり、ドレイクは2018年における首位獲得週数が25となりました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

(動画が到着次第掲載します。)

 

”#InMyFeelingsChallenge”ムーブメントに乗り、ストリーミングで過去最高となる1億1620万を叩き出したドレイク「In My Feelings」ですが、曲のピークは過ぎつつあり、唯一数値を伸ばしていたラジオエアプレイが1億900万で前週と変わらず、デジタルダウンロードは前週比33%ダウンの38000、ストリーミングも同24%ダウンし7100万となっています。しかしながらデジタル2指標は首位且つラジオエアプレイが3位と各指標好調であること、さらに総合2位のマルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」が全指標ダウンとなっており、強力なライバルが登場しない限り「In My Feelings」は今後数週は首位の座に留まることが出来そうです。前週アルバムチャート首位を獲得したトラヴィス・スコットがソングスチャートに2曲、初登場で送り込んだのですが「Stargazing」がトップ10から陥落。代わりにDJキャレド feat. ジャスティン・ビーバー、チャンス・ザ・ラッパー&クエヴォがトップ10内に返り咲いていますが(11→10位)、全体的にトップ10内で大きな動きはみられません。

 

今回ドレイクが首位をキープしたことで、2018年に入りドレイクの首位獲得週数が25となりました(「「God's Plan」(11週)、「Nice For What」(8週)、「In My Feelings」(6週))。年度の場合は12月-11月ですが、1月を起点とする1年間で最も首位の座を独占した歌手のランキングをみてみると。

28週 アッシャー (2004)

26週 ブラック・アイド・ピーズ (2009)

25週 ドレイク (2018)

19週 ドレイク (2016)、パフ・ダディ (1997)

18週 モニカ (1998)、ビートルズ (1964)

17週 ジャスティン・ビーバー (2017)、ビヨンセ (2003)、ネリー (2002)、ボーイズIIメン (1994)

ドレイクは史上3位、そして上記の中で唯一2度登場するのですから凄いことです。アッシャーの2004年の記録は、リル・ジョンリュダクリスをフィーチャーした「Yeah!」(12週)、「Burn」(8週)、「Confessions Part II」(2週)、アリシア・キーズとの「My Boo」(6週)。1年間に6週以上首位を獲得した曲を3曲持っているのがこのアッシャーと今年のドレイクのみ。そしてドレイクは通算首位獲得週数が今週で45となりアッシャーまであと2つと迫っていることから、ドレイクは年間首位獲得週数共々アッシャーを射程圏内に捉えたといえます。

 

次に「In My Feelings」のライバルとなるでしょうか、もうすぐトップ10はこちら。

・カリード & ノーマーニ「Love Lies」(15→11位)

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「Youngblood」(22→17位)

・セレーナ・ゴメス「Back To You」(33→25位)

いずれもラジオエアプレイが好調。上から順に7→6位(前週比5%アップ)、23→17位(同16%アップ)、12→10位(同9%アップ)となっています。またニッキー・ミナージュ「Barbie Dreams」が18位に初登場。これは同週のアルバムチャートで『Queen』が2位に初登場を果たしたタイミングでの登場ゆえ、次週少なくともその座をキープ出来るか注目しましょう。

星野源「アイデア」、2番のMPC使いに驚く

星野源さんが今日解禁した「アイデア」。ミュージックビデオも公開されました。

来週水曜に公開されるビルボードジャパンソングスチャートでどこまでポイントを伸ばしロケットスタートを切るかが尚の事気になってきましたが、そのマーケティング以上に楽曲そのものが凄いと思ったので今日はその点を。

 

この「アイデア」、タイアップ先の『半分、青い。』(NHK総合)で使われているのが1番のみだったので、2番が正反対のネガティブな側面を示していることに驚いたのですが(特に”中指”というフレーズが印象的)、その2番にAKAIのMPCが登場し、STUTSさんが演奏しているんですよね。このセレクトが凄かったわけです。

機種はMPC-RENAISSANCEでしょうか。上記リンク先、7月30日放送の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)でKREVAさんが解説していたこのMPCを使っているというだけでも、星野源さんが今のヒップホップを強く意識していることが解ります。MPC使いの一例として、STUST feat. PUNPEE「夜を使いはたして」を下記に。もはやクラシックと化した一曲です。

星野源さんはこれまでにもソウルミュージックを柔軟に取り込んできたわけですが、「アイデア」ではヒップホップ的な要素も取り込んできたわけです。音世界の幅がより広がったのみならず、星野さんが”イエローミュージック”を常に更新している姿勢も見て取れ、ただただ感服するばかりです。

 

他にも、コリオグラファーとして三浦大知さんを起用したり、ミュージックビデオではカメラを70台以上用意したりと驚くべき”アイデア”が多数。また次週以降、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)や『うたコン』(NHK総合)への出演も発表され、ロケットスタートを切った次週以降もビルボードジャパンソングスチャートにおいてポイントをキープ出来るのではないかと。

 

ブログで「アイデア」を取り上げた際、これまではマーケティング的側面からのチャートアクション予測を記載してきましたが、出だしこそマーケティングの巧さがチャートに影響するとして、その後は曲自体がチャートを牽引するようにシフトしていく気がします。それだけこの曲が素晴らしいわけで、自分もデジタルダウンロード完了です。

idea

idea

 

ちなみに、自分がスタッフの一員を担当するラジオ番組、『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)の次回音楽特集は【平成朝ドラ主題歌】でいきます。サイマル放送で全国どこからでも聴くことが出来ますので、こちらも是非。

星野源「アイデア」、明日からの怒涛の一週間を経てビルボードジャパンソングスチャート”首位発進”へ

発売まで、24時間を切りました。

 

さて、ここまで発表されている星野源さんのメディア出演情報はこちら。

・8月20日(月) 「アイデア」配信開始

        『おげんさんといっしょ』放送 (NHK総合 22時)

・8月21日(火) 『星野源オールナイトニッポン』放送

        (ニッポン放送 25時)

・8月24日(金) 『あさイチ』プレミアムトーク出演

        (NHK総合 8時15分)

・8月25日(土) 『JA全農 COUNTDOWN JAPAN』ゲスト出演

        (TOKYO FM/JFN系 13時)

この間にも、マーク・ロンソンとのツーマンライブが発表されたり、宣伝トラックが駆け回ることが発表されています。後者においては、3台を使った全国行脚(スケジュールは星野 源 | 『アイデア』のリリースを記念し、 アイデアの宣伝トラック“アイデア号”が走行 | ビクターエンタテインメントをご参照ください)というアイデア...(予算を踏まえても)凄いことですが、この全国行脚発表におけるツイートに気になる文言が。

#星野源#アイデア をつけてツイートして下さいね』...Twitterでバズることを狙う目的もあるでしょうが、これは間違いなく、複合指標による【ビルボードジャパンソングスチャートでの反映】を念頭に置いた作戦だと考えます。

その他指標データについて

①ツイートのカウント方法を教えて下さい。

「アーティスト名」と「曲名」の両方をつぶやかれているツイートを計測しています。ハッシュタグの有無は影響しないので、ハッシュタグ付きのツイートも、ハッシュタグなしのツイートも全て計測しています。また、リツイートやリプライも集計の対象です。ツイート内で集計対象となるキーワード数に上限はありませんので、1つのツイート内に複数の「アーティスト名」および「曲名」が記載されている場合、すべて集計の対象となります。

ビルボードジャパンの自問自答 | Special | Billboard JAPANより

仮に『おげんさんといっしょ』の中で「アイデア」が披露された場合も、ひとつのツイートの中に”星野源”および”アイデア”の双方を載せていればカウントの対象となります。実際、『おげんさんといっしょ』第一弾放送後のビルボードジャパンソングスチャートでは、番組内で披露された「恋」がトップ10内に再浮上しているのです。ただしそこまで伸びなかったのではないかと考え、放送後にこう書きました。

番組放送中またはその前後でTwitterが爆発していたにもかかわらずチャートのTwitter指標で順位をさらに上げることが出来なかったのは、もしかしたら番組実況では"#おげんさん(といっしょ)"+"恋"または"おげんさん"+"恋"の組み合わせによるツイートが多く、それらがカウント対象にならなかったから、なのかもしれません。

星野源「恋」がビルボードジャパンチャートで再浮上、しかしもう少し伸びなかったのかと思うその原因 - face it(2017年5月11日付)より

Twitter以外にも、明日からの1週間にメディア露出を集中させたり、ラジオのOA解禁を明日にしたり...それらはビルボードジャパンソングスチャートへの施策だと先日書きました。とはいえこの段階では『おげんさんといっしょ』のみ判明でしたが。

もしかしたらですが、明日「アイデア」のミュージックビデオが解禁されるのでは?とも考えています。そうなればシングルCDとストリーミング、ルックアップ(CDをパソコンで読み込んだ際のCDDBへのアクセス数)を除く指標を網羅し、各指標が月曜からの一週間を対象期間とするビルボードジャパンソングスチャートにおいてロケットスタートを切れるのではないでしょうか。そしてそのロケットスタートこそ、星野源さんやスタッフサイドの狙いだろうというのが私見です。

(また今回の結果を踏まえ、どの販売手法(マーケティング)が有効なのか、果てはシングルCDという媒体をどうするかまで今後検討していくものと想像しています。)

 

 ちなみに、今年を代表する曲と言える米津玄師「Lemon」については、タイアップ元のドラマ『アンナチュラル』(TBS)は金曜放送でしたがデジタルダウンロード解禁を月曜に持ってきており、こちらもビルボードジャパンソングスチャート狙いだということが解ります。この「Lemon」においては一斉ではなく段階的に解禁(発売)しており、これもまたマーケティングの一種だなあと思うのです。

「Lemon」における戦略の結果、チャート上でどう推移したか...上記エントリーから抜粋し、加筆してみます。

2月26日付(集計期間:2月12日~18日) 初登場2位 25359ポイント

 ←2月12日に「Lemon」配信開始しデジタルダウンロード首位 (チャート解説)

3月5日付(集計期間:2月19日~25日) 2位 13461ポイント (チャート解説)

3月12日(集計期間:2月26日~3月4日) 2位 17755ポイント

 ←2月26日に「Lemon」ミュージックビデオ解禁し動画再生首位 (チャート解説)

3月19日(集計期間:3月5日~11日) 3位 14697ポイント (チャート解説)

3月26日(集計期間:3月12~18日) 2位 37407ポイント

 ←3月14日に「Lemon」シングルCD発売開始しシングルCDセールス2位 (チャート解説)

4月2日(集計期間:3月19~25日) 1位 20512ポイント

シングルCDセールスがカウントされた週はAKB48「ジャーバージャ」と被っていたために首位になれませんでしたが、2週毎に起爆剤を投下する形で上位をキープ出来ています。しかも初登場時にデジタルダウンロード(1位)とラジオ(8位)、Twitter(5位)のみで25000ポイント超えというのですから凄いことです。

他方星野源さんはメディア露出も多く冠番組も放送されることから、Twitterやラジオでも上位に来ることが予想されます。仮にミュージックビデオが公開されたならどうなるでしょう。明日からの一週間以内にリリースされるシングルCDで10万超えを見込めそうな作品が出るか不透明ゆえ、もしかしたら「アイデア」の1位獲得はほぼ決まりかもしれませんね。その上でどこまでポイント数を出せるか、注目です。

西城秀樹版「リフレインが叫んでる」はオリジナルを超えだと感じる

NHK-FMの長時間特番、”今日は一日◯◯三昧”シリーズの一環として一昨日放送された『今日は一日“ありがとう!ヒデキ”三昧』に絶賛の声が寄せられています。ハッシュタグ”#ヒデキ三昧”は放送中、そして放送後もしばらく、まるで余韻を味わうかのようにTwitter上位に登場。クリス松村さんの音楽愛と豊富な知識に溢れた解説、そして選曲がとにかく見事でした。

クリス松村さんがラジオ(局)に愛され、多数レギュラーを持っていることに納得です。

 

自分は番組をところどころしか聴けなかったのですが、その中で特に強烈な印象を抱いたのが松任谷由実さんのカバー、「リフレインが叫んでる」。オリジナルのアレンジで効果的に使われていたピアノが、秀樹さんバージョンではギターに。ロックをまとったアレンジがとにかく格好良かったのです。個人的にはオリジナルを超えたかも?と思ったり。

ヒデキの軌跡。 Single No.77 「2Rから始めよう」 - YouTube

上記リンク先は1998年リリースのシングル、「2Rから始めよう」のミュージックビデオ(を編集したもの)で、最初に「リフレインが叫んでる」のカバーが登場。「2Rから始めよう」は松任谷由実さんによる提供曲であり、ゆえにカップリングに当該カバーが収録されたのかもしれません。現段階で配信されていない模様ゆえ、早急に手に入れられるようお願いしたいところです。コンプリートベストやB面コレクションには収録されていますが、現在B面コレクションがAmazonで少なくとも2万超えで取引されているのをみるに、さすがにこれでは...とためらってしまいます。

 

ちなみに西城秀樹さんに限らず、松任谷由実さんの楽曲が格好よくカバーされた例は他にも多数。代表的なところではスピッツ「14番目の月」や椎名林檎「翳りゆく部屋」がありますが、双方共に松任谷由実さんのトリビュートアルバム『Queen's Fellows: yuming 30th anniversary cover album』(2002)収録であり比較的手に入りやすいかと。そこでトリビュートアルバム以外、歌い手自身の作品内で披露されている松任谷由実さんのカバーの中で、個人的なオススメを2曲。

平原綾香「晩夏(ひとりの季節)」(from『From To』(2005))

先月放送された『2018 FNSうたの夏祭り』で「Supercalifragilisticexpialidocious」を完璧に歌いこなしていた平原綾香さん。活動初期から情感豊かに歌を奏でていることが解ります。格好いいというより、素敵です。今の平原さんでもう一度聴いてみたいものです。

 

畠山美由紀「翳りゆく部屋」(from『CHRONICLE 2001-2009』(2009))

こちらについては以前も解説しましたので下記にそのリンクを。個人的には椎名林檎さん、エレファントカシマシよりも好みです。特にアウトロの弦楽。

 

仮に西城秀樹さんのシングルカップリング曲が手に入りやすい形で出ないならば、松任谷由実さんサイドで優れたカバー曲を取りまとめてリリースしてみるというのもいいかもしれません。それだけ、今回の西城秀樹「リフレインが叫んでる」が素晴らしかったので是非ともお願いしたいところです。

アレサ・フランクリン死去...1990年代後半以降の楽曲で偲ぶ

アレサ・フランクリンが亡くなりました。

彼女については、日本でもツイッターでトレンド上位に登場するなど、その衝撃は広がっています。そしてこのタイミングで。

ローリングストーン誌が発表した、アレサ・フランクリン”偉大なる50曲”。昔ながらのファンには納得できる内容かもしれませんが、90年代中盤以降に洋楽を、R&Bを好んで聴くようになった身にはこの曲がもっと上位に来てほしかったなと。

音楽評論家、林剛氏が”皮肉なタイミング”と書いたのはこの記事があったゆえ。とはいえこの曲が他のローリン曲と同じような”疑惑”があったとして、アレサの歌声はただひたすらに強くしなやかであることは間違いありません。

 

「A Rose Is Still A Rose」は米ビルボードソングスチャートで最高26位を獲得。この曲が最後のトップ40ヒットとなってしまい、90年代後半以降の曲が先述したローリングストーン誌ランキングにはほぼ未掲載なのは仕方ないかもしれません。が、90年代後半以降のアレサもまた素晴らしいので、ここに紹介します。

 

アレサ・フランクリン「It Hurts Like Hell」

 (from Soundtrack『Waiting To Exhale』(1995))

・ビービー・ワイナンズ&シーシー・ワイナンズ feat. アレサ・フランクリン「You've Got A Friend」

 (from『Tapestry Revisited: A Tribute to Carole King』(1995))

アレサ・フランクリン with マライア・キャリー「Chain Of Fools」

 (from『VH1 Divas Live』(1998))

メアリー・J・ブライジ feat. アレサ・フランクリン「Don't Waste Your Time」

 (from メアリー・J・ブライジ『Mary』(1999))

アレサ・フランクリン「Wonderful」

 (from『So Damn Happy』(2003))

アレサ・フランクリン with メアリー・J・ブライジ「Never Gonna Break My Faith」

 (from Soundtrack『Bobby』(2006))

 

『VH1 Divas Live』のフル映像がありました。マライア・キャリーセリーヌ・ディオングロリア・エステファン、シャナイア・トゥエインそしてキャロル・キングという素晴らしいメンバーの中、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」の大サビを歌い始めたときにすべてを持っていったアレサの凄さ...もはや誰も敵いません。そして曲終わりのフェイクが最高!完全にアレサのライブになっています。

 

このような凄い歌い手は今後出現しないのでは。パワフルで表現力も豊か、そしてかわいらしいアレサの歌を生で聴くことが出来なくなったのは本当に残念です。

ビルボードジャパン最新チャート、乃木坂は前作、DA PUMPは前週よりポイントダウン

最新8月20日付のビルボードジャパンソングスチャート、前週首位のHey!Say!JUMP「COSMIC☆HUMAN」は8位へ後退。乃木坂46「ジコチューで行こう!」が首位を獲得しました。

「ジコチューで行こう!」は上々の滑り出しと思いきや、前作「シンクロニシティ」と同じ3指標(シングルCDセールス、ルックアップ、Twitter)で首位を獲得しながら、前作より3339ポイント落としています。シングルCDセールスで10万以上落としていることが原因かもしれませんが、2つ前のシングル「いつかできるから今日できる」がシングルCDセールス初週にミリオン未達ながらも総合ポイントで「ジコチューで行こう!」を超えていることもあり、今作の不振なのかそれとも生駒里奈さんが抜けた穴が大きいのか...原因が気になります。前作、前々作の首位獲得時の報道は下記に。

 

そしてDA PUMP「U.S.A.」は2週連続で1万ポイントを突破...ですが、ポイント自体は下がっています。

日付 総合順位 総合ポイント

 各指標順位(ダウンロード/ストリーミング/シングルCDセールス/ルックアップ)

6/18 3位  7554ポイント 2位/10位/10位/30位

6/25 5位  6551ポイント 5位/1位/19位/18位

7/  2 3位  6236ポイント 3位/2位/29位/14位

7/  9 4位  7243ポイント 2位/1位/23位/7位

7/16 2位  8033ポイント 2位/1位/15位/5位

7/23 2位  8090ポイント 1位/1位/27位/4位

7/30 2位  8371ポイント 1位/1位/20位/5位

8/  6 3位  9923ポイント 3位/1位/22位/4位

8/13 4位 11390ポイント 1位/1位/20位/4位

8/20 2位 10039ポイント 1位/1位/20位/4位 ←New

公式サイトのスケジュール一覧を踏まえるに、テレビ出演は一旦落ち着いた模様。夏の長時間テレビ特番が終わり、夏フェスも終わることで次週以降も下がっていくかもしれず、その下がり幅を如何に緩やかにするかが次週以降の勝負かと。次週は欅坂46、その次の週はおそらく(シングルCD未発売ながら)星野源さんが首位を獲る可能性が高く、未だ獲れずじまいの首位を狙うならば3週後だと思うのですが、持ちこたえられるかが鍵といえそうです。