face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

はじめに

ブログ【face it】担当のKeiと申します。ラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)のスタッフのひとりを担当しています。

お問い合わせやご意見などは、Twitterアカウント(@Kei_radio)宛にダイレクトメッセージにて、お願いいたします。もしくは、はてなユーザーの方は各エントリーにコメント出来ますので、よろしくお願いいたします。

明日のラジオ特集、今年の洋楽ヒットを紹介する理由

明日です。よろしくお願いいたします。

自分が音楽特集を担当するのは1年ぶり。昨年は春に三浦大知さんを、秋に安室奈美恵さんを、それぞれアルバムがリリースされるタイミングで、彼らの音楽的変遷を紐解く形で取り上げました。

番組内ではきっと説明する時間が足りなくなるでしょうから、ここで今回この企画を用意した意図を。

 

① 今夏のラジオ特集企画の補足として

今年7月8日の番組音楽特集が、弘前大学ラジオサークル3年で音楽知識にも長けたしょうごくんによる、上半期の音楽総ざらいというものでした。邦楽ほど洋楽にはあまり詳しくないということでしたので、自分が勝手に補足という形で今回行うことにした次第です。ちなみに特集回放送翌日にはそれを踏まえて自分が選ぶ上半期の10曲を紹介しました。

(何気に明日の特集と結構被ってるかもしれません。)

ちなみに弘前大学では昨日から学園祭が開催中。ゆえにラジオに参加する学生が少ないこと、また先輩スタッフが休みをとることもあって、自分持ち込みで企画を実施することにしました。

 

ビルボードの音楽チャートを知り、社会の流行を示す鑑であることを知ってほしいため

日本では、“チャートといえば?”という問いに対し、オリコンという回答が最多かもしれません。そのオリコンはシングルCDセールスのみの単一指標に基づくランキングであり、社会的なヒットと乖離している(上位に入ったからといって歌えるとは限らない)と捉える方は少なくないでしょう。それゆえ日本の音楽チャートをイコール(現状の)オリコンと捉える限り、軽視されるように思います。その流れの中で登場したのが、ビルボードジャパンのソングスチャート。シングルCDセールスも用いながら単一指標にはせず、時代の流れに応じて指標を増やしたり、影響度に即して各指標の構成比を変えています。近年はシングルCDセールスの影響度がより低くなったことを考慮し、セールスに係数という概念を用いることで、セールスに長けながらもユニークユーザー数と売上枚数に大きな開きがある歌手は伸びない傾向が出てきており、より適正化されているように思うのです。その結果、アイドル等がシングルCDセールスに長ける状況において、米津玄師「Lemon」やDA PUMP「U.S.A.」などがビルボードジャパンのソングスチャートでは長きに渡り上位に滞在しているのです。

この10年ほどでビルボードジャパンが築き上げてきた実績が信頼されてか、近年では『ミュージックステーション』(テレビ朝日 金曜20時)をはじめとする地上波テレビ放送でもビルボードジャパンのソングスチャートが用いられ、そして遂にオリコンがこの冬から複合指標のランキングを発表することを宣言。その内容はビルボードジャパンと異なれど、単一指標ではヒットを測れない状況であることは間違いない事実であり、ビルボードジャパンのチャートポリシーがオリコンを動かしたように捉えてもおかしくないでしょう。ちなみにそのオリコンの変化と、その上での個人的な疑問点は下記に。

ビルボードジャパンが踏襲したのは、その名が示すように米ビルボードチャート。今夏、チャートが開始してちょうど60年となりました。このチャートも時代に応じて変化し、現在ではラジオエアプレイ、デジタルダウンロード、ストリーミングの3指標で構成。この夏からは最大のウェイトであるストリーミングにおいて、無料(広告支援)サービスよりも有料サービスに高いウェイトを置くようになり差別化を開始。こちらも時代に即して変わっているのです。

弊ブログでは毎週の日米チャートの紹介時にこれらチャートの中身については伝えていますが、日本の2つのチャートの差や、複合指標とはについてはあらためて、特集のタイミングで紹介しようと思ったわけです。

 

③ ヒットへの施策を知り、邦楽でもマーケティングに活かせると考えるため

先述したように、米ビルボードのソングスチャートはデジタルダウンロードとストリーミング、ラジオエアプレイの3つで構成されます。近年ではSNSでリリース直前に新曲発表をアナウンスして煽るという手法が採られ、その熱気でリリース直後にデジタル2指標(デジタルダウンロードおよびストリーミング)がガツンと上位に来る傾向が増えました。一方でラジオエアプレイは動きが鈍く、どんなに勢いのある曲でもランクインから3、4週後にトップ10内に入れば凄いことであるゆえ、ラジオエアプレイで火がつくまでにデジタル2指標が勢いを維持しないとランクダウンしてしまうということに。一度買ったら終わりなデジタルダウンロードや自分で聴き飽きたなら終わりなストリーミングとは異なり、局の中の人がレコメンドし続ける限り(つまりは良い曲である限り)かかるという、聞き手ではコントロール出来ないのがラジオエアプレイの特性であり、すなわち受動と能動の2つの点をバランスよく確保出来ない限りは大ヒットには至れないのです。そういう仕組みながら勢いを維持し続け遂には11週首位を獲得したあの曲はなんと凄いことか、実感させられます(ので紹介する予定です)。

(※なお、能動と受動については以前記載したこちらのエントリーを再掲します。)

無論曲が良いことがヒットの条件ですが、盛り上がりにタイムラグのある3指標の特性を知ってその上でどうコントロールするか、特大ヒットに至った曲には手法が採られているように実感しています。そしてこういうマーケティングは日本でも。曲の良さは勿論のこと、日本では強力なタイアップ先があることが必要条件にはなるのですが、米津玄師「Lemon」や星野源「アイデア」はその最たる例だと思うのです。

チャートアクションを熟知することでよりヒットする施策を理解出来れば、レコード会社や芸能事務所に出来ることは多々あるはず。その観点を持つことも面白いことなのです。

 

④ 数年先の邦楽のトレンドが予見出来るため

しょうごくん企画でも取り上げた、ブルーノ・マーズ feat. カーディ・B「Finesse (Remix)」は元来2年前のブルーノのアルバム『24K Magic』収録ですが、このタイミングでシングル化したことも功を奏してか、ブルーノが今年のグラミー賞の顔となることに。そして1980年代後半から流行したニュー・ジャック・スウィングを今取り入れること、シングル化に際し良い意味でいなたいラップのカーディを新たに招いたことが“古いけど新しい”という新鮮さと、当時を知る者の郷愁を誘いヒットしました。そしてその流れが日本に波及、ニュー・ジャック・スウィングは様々な邦楽に取り入れられることに。実際は2010年代半ば、『24K Magic』のリリース前からその流行は既にあったのですが(田原俊彦さん、The Gospellers、w-inds.等)、しかしこの夏、EXILEが、しかも「Finesse (Remix)」の制作チームを招いてニュー・ジャック・スウィングに挑戦した「STEP UP」をリリースしたことで、ブームはさらに続いています。

このような邦楽のフォロワーを数多く生む曲が、もしかしたら今年ヒットした洋楽の中にあるかもしれません。それを探ってみるのも面白いと思います。

 

 

というわけで結構自分のハードルを上げてしまったかもですが…明日の放送、よろしくお願いいたします。

個人的、今年のクリスマスソングが決まりました

昨年のクリスマス前にリリースされていたのを、遅ればせながら知りました。

ものんくる「魔法がとけたなら」(2017)

昨年12月に配信リリースされ、アルバム『RELOADING CITY』(2018)に収録。この曲の前にはあのポルノグラフィティの大ヒット「アポロ」のカバーが収められているのですが、SUGARSOUL「respect yourself」をより気怠くしたような、それでいて2番で急展開するところが見事で、唸ってしまった矢先にこの曲…完全ノックアウトです。切なく可愛らしい世界観をさらに増幅させる三拍子のリズム、そしてクリスマスの定番曲「The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)」を間奏に用いたのが技アリ過ぎます。

この2曲だけでも全方位にものんくるの名を轟かすのに十分だと思うのです。

 

そういえば、ものんくるについてはNakamuraEmiさんがTwitterで強く推していたんですよね。

素晴らしい歌い手同士が繋がっている…なんて素敵なことでしょう。

ビルボードジャパンソングスチャート、ルックアップがカウントされながらもCDセールスゼロ?の現象

昨日発表された、最新10月22日付ビルボードジャパンソングスチャート。

これを踏まえての第一印象。

King & Princeがデビュー曲までとはいかずもシングルCDセールスが35万を超えており、またTwitterとルックアップでも首位を獲得。ですが、ジャニーズ事務所所属歌手はデジタル未解禁。デジタルダウンロード、ストリーミングおよび動画再生の各指標がないゆえKis-My-Ft2「君、僕。」は1→11位というチャートアクションになっています。未解禁なままでいることが勿体無いと思ってしまうのです。

 

そんな中、面白い動きを見つけました。シングルCDセールス未ランクインながら、ルックアップのみランクインする曲が上位に登場しています。ルックアップとはシングルCDがないとカウントされず、ゆえに星野源「アイデア」は両指標がゼロ。またシングルCDセールスが長けてもCD購入者数が売上枚数と著しく乖離している歌手の場合はルックアップが極度に低くバランスがとれていないということもあるのですが。その曲はAAAの西島隆弘さんことNissyによる「トリコ」。

今週14位に登場、2週前に最高位となる9位を記録しています。

f:id:face_urbansoul:20181018073804p:imagef:id:face_urbansoul:20181018073808p:image

各指標の推移はCHART insightから曲名をクリックすると確認出来ます。また一指標だけを取り出したり、複数の指標で比較することも可能です。そこでシングルCDセールスとルックアップを抜き出してみると。

f:id:face_urbansoul:20181018073816p:image

ルックアップは10月8日付で41位に初登場、25位に上昇するも最新チャートではランク圏外へ。他方シングルCDセールスは全期間ランクインしていません。またこの「トリコ」はレンタルも解禁されていない状況です。 下記はTSUTAYA DISCASの画面より。

f:id:face_urbansoul:20181018075734p:image

”Nissy”で検索すると6件のみ、「トリコ」も出てきません。ということはシングルCDはどこに?と思うのが自然なこと。そこで公式サイトを確認したところ、シングルCDは販売されているもののその販売網が制限されていることが判明しました。

※本商品は、AAA Party、AAA mobile、mu-moショップ、え~ショップのみでの取扱いとなります。

NEW SINGLE「トリコ」9月30日(日)リリース決定&新曲「トリコ」が映画『あのコの、トリコ。』主題歌に決定! - NEWS | Nissy(西島隆弘) OFFICIAL WEBSITE(7月11日付)より

この販売網が全て、ビルボードジャパンにおけるシングルCDセールス指標(サウンドスキャンが調査)においては対象外という形に。

サウンドスキャンのフィジカルセールスと他社の違いは何ですか。

(中略)

マネジメント等による直接販売は同データが得られないため、推定対象にしていません。

ビルボードジャパンの自問自答 | Special | Billboard JAPANより

ゆえに珍しい現象が発生することになるのですね。

 

それにしてもNissy側のフィジカル(CD)とデジタルの徹底具合はすごいなと実感させられます。デジタルダウンロードおよびストリーミングを8月24日に先行配信することで、シングルCDを出さずともユーザーフレンドリーな姿勢を示し、他方シングルCDは通常盤でも税込2400円と高いながら、店頭に並ばないことで購入意欲が高まり、またレコード会社にとっては販売網を限定することで在庫管理しやすい仕組みとなっています。既にアルバム『HOCUS POCUS 2』(2017)でも同様の方針が採られており、購入網限定によるファンのさらなるコア(なファンへという意識の変)化が図られることで、最終的には今年春の東京ドーム2日間公演の成功につながったといえるかもしれません。

記事には『CDを店頭販売していないアーティスト初』とありますね。遅ればせながら今回気付いた次第です。

 

Nissyが採った販売網の限定という施策、もしかしたら今後増えてくるかもしれません。フィジカルの価格を高めに設定しても、それが逆にファンの購入意欲を高めさせ、また利益は確保出来るでしょう。ただ今回の「トリコ」に関してはシングルCDセールスが一切カウントされておらず、それがチャートアクションを鈍らせる結果となったのが勿体無いと思ってしまう自分がいます。その点をどうクリアするか、考える必要がありそうです。

ジャネット、米ダンスクラブソングスチャートで20曲目のナンバーワンを達成

マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」が4週連続で首位を制した10月20日付米ビルボードソングスチャート。こちらについては昨日書きましたが、一方で同日付米ビルボード、ダンスクラブソングスチャートで新たに首位の座に立ったのはジャネット・ジャクソン&ダディー・ヤンキー「Made For Now」でした。アメリカのクラブで最もかかる曲が判るこのチャートで、ジャネットは20曲目となるナンバーワンを獲得したことになります。

ビルボードダンスクラブソングスチャートでのジャネット・ジャクソンによる楽曲の最高位はこちらで確認可能。ちなみに総合ソングスチャートにおいて、「Made For Now」は9月1日付での88位が最高位。彼女の同チャートでのトップ10入りは2001年の「Someone To Call My Lover」がラストですが(ちなみに最高位は3位。「Made For Now」が最高位を記録した日のちょうど17年前)、一時期制作陣が変わったりリリースタイミングが長期間開きながらも良作をリリースする彼女の熱量が、いつか総合チャートでも反映されれば嬉しいなと思います。なお先週金曜には、ハウス界の重鎮と呼ばれるエリック・カッパーによる「Made For Now」リミックスもリリース。クラブへの気配りが行き届いていますね。

Made For Now (Eric Kupper Remix) - Single

Made For Now (Eric Kupper Remix) - Single

 

さて、そのジャネット・ジャクソンの数多あるヒット曲の中でも、とりわけ人気の高いのが「Rhythm Nation」ではないでしょうか。ジャネット本人が出演したJALのCMにも用いられ、ミュージックビデオは和田アキ子さんやとんねるずも挑戦したり、パロディにしていましたね。

で、この「Rhythm Nation」をカバーしたのが、昨日『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)で生ライブを披露したm.c.A・Tさん。

本人歌唱の洋楽カバーと提供曲とを2枚組にコンパイルした『music conductor A・T』(2007)に収められています。

(※デジタルダウンロードやストリーミングでは一部購入/聴取出来ない曲がありますのでフィジカルの購入をお勧めします。なぜなら、提供曲集には西城秀樹「Love Torture」(2000)が未収録なんですよね…シングル(EP)としては配信されているのですが、権利関係等をクリアさせて、収録してほしかったものです。)

m.c.A・Tさんによる「Rhythm Nation」は、ジャネット(が用いていたニュージャックスウィング仕様の)音をほぼそのまま再現しながら、A・Tさん独特のハイトーンボイスが乗ることで単なる真似に終わっておらず、いい意味で癖のある作品になったのではないでしょうか。是非とも多くの方に聴いてほしい作品です。

「Made For Now」を機にジャネット・ジャクソンがクラブのみならず広く世間で盛り上がり、また来年『Rhythm Nation 1814』のリリースから丸30年を迎えるにあたり、m.c.A・Tさんバージョンも注目されると嬉しいですね。

米ソングスチャートは「Girls Like You」強し、新たに3曲がトップ10入り

ビルボードチャートを定点観測。

現地時間の10月15日月曜に発表された、10月20日付最新チャート。マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」が4週連続で首位をキープ、3曲が新たにトップ10入りを果たしました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

 

首位は「Girls Like You」。ラジオエアプレイにおいては12週目の首位となり、ザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー「Closer」(2016)を破り、デュオやグループでの今世紀最長首位獲得週数記録を更新しました。そのラジオエアプレイは前週比1%ダウンの1億2540万、ストリーミングは2290万で同2%ダウン、デジタルダウンロードは同22%アップの22000を獲得。他方2位をキープしたジュース・ワールド「Lucid Dreams」はラジオエアプレイが7100万、ストリーミングが3580万で共に前週比変わらず、デジタルダウンロードは11000で前週比7%ダウンとなりました。この結果、3指標合計では「Girls Like You」が1%アップしたのに対し「Lucid Dreams」が1%弱のダウンとなり、1位と2位ではほんの少し差が開いた形に。ちなみに双方ともデジタルダウンロードが大きく動いているものの3指標トータルにはあまり影響していないようにみえ、デジタルダウンロードは他指標に対しそのウェイトが低いことが解ります。

この「Girls Like You」の4週目の首位獲得により、カーディ・Bが女性ラッパーでは史上最多となる首位獲得週数保持者に。これまではイギー・アゼリアの7週でしたが、それを4年ぶりに抜いた形。イギーはチャーリー・XCXを客演に迎えた「Fancy」が7週首位を獲得、この1曲だけでそれまでの記録を持っていたのですが、今回新記録を立てたカーディはデビューヒットとなる「Bodak Yellow (Money Moves)」が3週、バッド・バニー&J・バルヴィンとの「I Like It」が1週、そして「Girls Like You」で4週の合計8週となり、記録達成です。

 

新たなトップ10入り紹介の前に。ポスト・マローン「Better Now」を紹介。1ランクアップしふたたび3位に立ちました。

ストリーミングが前週比7%、デジタルダウンロードが前週比44%共にアップしたのは、現地時間の10月5日にミュージックビデオが公開、また同9日にはアメリカン・ミュージック・アワードで同曲と、タイ・ダラー・サインとの「Psycho」を披露した効果と言えます。とはいえ、それらの効果があったとしてもストリーミングの伸びが2桁に達しないのは同曲のピークが過ぎつつあるといえるかもしれません。ラジオエアプレイは前週比1%ダウンしており、次週どこまで踏ん張れるかが気になります。

 

トップ10初登場組。まずは4位に急伸したリル・ベイビー&ガナ「Drip Too Hard」。

最新の米ビルボードアルバムチャートで2組のコラボ作となる『Drip Harder』が4位に初登場を果たした、その勢いでソングスチャートでも前週から21ランクものジャンプアップを果たしました。特にストリーミングが伸び、前週比69%アップの4130万を獲得して同指標トップに。ガナにとっては初の、リル・ベイビーにとってはドレイクとの「Yes Indeed」(2018 6位)に次ぐトップ10ヒットとなりました。

 

続く5位にはレディー・ガガブラッドリー・クーパーによる「Shallow」が登場。

10月5日に全米で公開された映画「アリー/スター誕生 (原題:A Star Is Born)」は公開週の米興行収入ランキングで2位に初登場。

米およびカナダでは公開から10日間での興行収入が9420万ドルに達したというこの映画、その勢いもあってかサウンドトラックは最新米ビルボードアルバムチャートを制し、ソングスチャートにも波及した形。前週28位に登場した際はデジタルダウンロードが強かったのですが今週は他指標も伸びています。デジタルダウンロードでは前週比21%アップの71000で同指標を連覇、ストリーミングは同61%アップの1340万、そしてラジオエアプレイは同176%アップの510万を獲得。これによりブラッドリー・クーパーが初のトップ10入りを果たすと共に、レディー・ガガにとっては「Millon Reasons」が昨年2月に4位を記録して以来のトップ10入りに。レディー・ガガは最初のヒットである「Just Dance」が2008年12月にトップ10入りして以来、この10年で15曲をトップ10に送り込んだ形となります。またサウンドトラックから「Shallow」以外にも4曲が100位以内にランクインを果たしています。

 

8位にはマシュメロ feat. バスティル「Happier」が登場。

ストリーミングは前週比7%アップの2130万、デジタルダウンロードは同10%ダウンの24000、そしてラジオエアプレイは同19%アップの5340万。特にラジオエアプレイの伸びが堅調で、同指標で16→12位に。客演参加のバスティルにとっては4年前の春に「Pompeii」で5位を記録して以来2曲目となるトップ10入り、そしてマシュメロにとっては、アン・マリーを招いた「Friends」が今年11位止まりだったゆえ、初のトップ10ヒットとなりました。

 

トップ10内にはシックスナインとニッキー・ミナージュとの「Fefe」が2ランクアップで10位に返り咲き。再浮上を含む4曲のトップ10入りと対照的に、前週米アルバムチャートを制したリル・ウェインの、アルバム収録の4曲が全てトップ10圏外に。前週のチャートは弊ブログをご参照ください。

最新米アルバムチャートでは『Tha Carter V』が3位にダウンし、そのユニット数は前週比72%もの大幅ダウンゆえソングスチャートにもその余波が。ドレイクの今年のナンバーワンヒットやトラヴィス・スコット「Sicko Mode」(今週6位)が初登場後も失速せず残っていることを踏まえるに、初登場で高位置につけてもその後のチャートアクションを維持出来るかが、真のヒットかを見極める判断材料と言えます。尤も、次週以降(デジタル2指標より動きがゆったりな)ラジオエアプレイが盛り上がり、再浮上する可能性もあるゆえ長期的な視野で判断しないといけません。

 

そのドレイク、10週もの首位を記録した「In My Feelings」が今週2ランクダウンで11位となり、「God's Plan」が2月3日付で首位にて初登場を果たして以来の連続トップ10入り記録が37週で潰えてしまいました。無論素晴らしい記録ではあるのですが、ケイティ・ペリーが2010年から翌年にかけて69週連続トップ10入りを果たしており、ケイティの記録が如何に凄まじいかをあらためて実感します。とはいえドレイク、先述した「Sicko Mode」で客演名義はないもののゲスト参加しているため、クレジットされていたならばトップ10入り記録は続いていたということに…ドレイクの心中、穏やかじゃなかったりするかもしれません。

ラヴィス・スコットの公式YouTubeアカウントには、ドレイクと共に披露した「Sicko Mode」のライブ映像が掲載されています。ドレイク、客演とクレジットされてもおかしくない気がします。

札幌の街を、ジョヴァンカと共に

先週末は札幌を旅してました。終始食べまくりの日々でしたが、時折雨が降りつつも全体的には晴れたこともあり、移動はもっぱら徒歩で散歩がてらに。そのおかげか、帰宅後の体重はそこまで増えずに済みました。歩いたからこそ見つけられた店も。街歩き、お勧めです。

https://www.instagram.com/p/Bo7hmNeBCDi/

最終日の朝は雲ひとつ無い快晴で気持ちが浮き立つほど。

そんな日のBGMにぴったりな曲、北海道のラジオで流れてきました。実際は朝を撮った日の前日のOAではありますが。

ジョヴァンカ「On My Way」(2008)

アルバム『Subway Silence』(2008)からのシングルで、こちらでも以前取り上げたほど大好きな曲。この「On My Way」を取り上げていたのが上野由加里さん。

ラジオ業界への復帰については新番組開始前に書きましたが、実際始まった『playlist』を聴いてみるとRABラジオ時代のセンスの良さは健在、さらにワンマン録音ではなくなっただろうことでジングル(CM明けの音)などにも工夫がなされ、より洗練された気がします。そして2回目となる13日の放送では、OAされたのがこの曲だったり、マライア・キャリー「Emotions」だったりと爽やか。前者は今夏アルバムをリリースした”オランダのポップマエストロ”ことベニー・シングスによるプロデュース、後者は今年の大ヒットアルバム『Scorpion』に収録された「Emotionless」にてドレイクが引用…と今年にもつながる選曲を施しているのも技ありですよね。

自分が好んで聴く音楽をBGMにするのもいいですが、素敵な曲をナビゲートしてくれる方に委ね、そのDJによるプレイリストを耳に闊歩するのも好いですね。遠方でもradikoプレミアムで聴くことは出来ますが、北海道の方が素敵なDJを新たに身近に出来たのが羨ましく思います。