読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

はじめに

ブログ【face it】担当のKeiと申します。ラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)のスタッフのひとりを担当しています。

お問い合わせやご意見などは、Twitterアカウント(@Kei_radio)宛にダイレクトメッセージにて、お願いいたします。もしくは、はてなユーザーの方は各エントリーにコメント出来ますので、よろしくお願いいたします。

米ビルボードゴスペルソングスチャートに異変、新人”以前”の歌手が初登場首位

昨日は総合ソングスチャートの速報をお送りした米ビルボードチャート。そちらは凪の状態でしたが、一方でゴスペルソングスチャートでは大きな変化が。最新6月3日付ホットゴスペルソングスチャートでは16週連続で1位を続けていたJJ・ヘアストン&ユースフル・プレイズ「You Deserve It」が陥落、新たに首位に立ったのがクリス・ブルー「Take Me To The King」だったのです。しかも初登場! 同チャートで初登場首位というのは極めて珍しいのではないでしょうか。

その曲の動画は下記に。もしかしたらタイトルを聴いて”あの曲?”と思った方もいらっしゃることでしょう。

「Take Me To The King」は5年前にタメラ・マンによってリリースされ、ゴスペルソングスチャートを制した楽曲。あのカーク・フランクリンが提供しています。

そして先程の動画でお分かりかもしれませんが、クリス・ブルー版はアメリカのオーディション番組『The Voice』USシーズン12の準決勝にて披露されたもの。放送直後にダウンロード等が開始された模様で、その影響で初登場にて1位に躍り出たという次第。

元々オーディション番組発のヒットは、今のオーディション番組の人気の火付け役となった『American Idol』発が多く、クレイ・エイケン「This Is The Night」を皮切りに数曲が総合チャートで初登場1位を獲得しています。一方、ゴスペルにおけるオーディション番組は先述したカーク・フランクリンが関わった『Sunday Best』(2007-2015)がありましたが、多岐にわたるジャンルを手掛ける『The Voice』からゴスペルチャートに登場というのは意外、ましてや初登場で首位とは...と驚きました。ちょっと言い方がよくないかもですが、新人”以前”の方がチャートを制したという形になります。

 

クリス・ブルー、Twitterのプロフィール欄には”Gospel/Pop&Soul Singer/Songwriter”等と表記。真っ先にゴスペルと書いているということは、仮にメジャーデビューに至ればゴスペルを主体に活動するということかと思いきや、決勝で披露したのはジャネット・ジャクソン「Rhythm Nation」のカバーでした。

優勝するかも不明ですし、メジャーデビューするかどうかもわかりませんが、『Sunday Best』終了の今、新たなゴスペルスターが生まれるかもしれないこの状況を見守ってみようと思います。

 

そして、今この混乱に満ちあふれてしまった時世において、ゴスペルをはじめとする希望の歌が怒りに勝ってくれたなら...と、個人的には強く願っています。

米ソングスチャート、波乱の次週に向けて?今週は凪の週に

ビルボードソングスチャートを定点観測。

現地時間の5月22日月曜(日本時間の火曜早朝)に発表された、6月3日付最新チャート。先週首位に立ったルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー feat. ジャスティン・ビーバー「Despacito」が今週も首位に。その勢いはとどまるところを知らなず、全指標で伸びを示しています。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

「Despacito」はストリーミングが前週比9%、デジタルダウンロードが同11%上昇し2指標を制覇。またラジオエアプレイでは前週比27%もの大幅アップで同指標のトップ10入り(11→7位)。全指標で順調に伸びを示しています。

またこの曲の前に1位を獲得していた、こちらもジャスティン・ビーバーが参加した「I'm The One」(DJキャレド feat. ジャスティン・ビーバー、クエヴォ、チャンス・ザ・ラッパー&リル・ウェイン)もラジオエアプレイで前週の14位から8位に上昇(前週比28%アップ)。これによりジャスティン・ビーバーにとって、ラジオエアプレイで今週2曲が新たにトップ10入りし同指標でのトップ10入り曲数が10曲に達しました。さらにリル・ウェインにおいては実に20曲目という快挙。ラジオソングスチャートがはじまった1990年以降、リル・ウェインは3組目の20曲到達となり、リアーナ(28曲)、マライア・キャリー(23曲)に次ぐ記録達成です。

その他、ここ数週首位が入れ替わってきた状況を踏まえれば今回はほぼ凪といえるチャートに。2位のブルーノ・マーズ「That's What I Like」がラジオエアプレイ指標で首位をキープしながらも遂に前週比1%ダウンとなってしまい、この先どこまで踏ん張れるか…首位返り咲きは微妙になってきました。

 

今週新たにトップ10入りを果たしたのは1曲。マイリー・サイラス「Malibu」が前週から54ランクも大幅アップを果たし10位へ。

発売日が5月11日木曜だったことで、前週は発売日1日分のみのデジタルダウンロードやストリーミングで64位に登場。今週は1週間分フルの売上等が反映されており、デジタルダウンロードは77,000で2位、ストリーミングでも11位に登場、総合で10位にランクインを果たしました。彼女にとっては、1位を獲得した「Wrecking Ball」(2013)以来のトップ10入りとなります。

実はこの曲が次週のチャートで大暴れする可能性が。現地時間の5月21日(日本時間の22日)に開催された【2017 ビルボードミュージック・アワード】(以下BBMAs)で披露されており、この曲を含むBBMAs披露曲が次週発表の6月10日付チャートで大きく上昇することが見込まれます。ちなみに米ビルボードでは、BBMAsでのパフォーマンス番付上位10傑を掲載。セリーヌ・ディオンやシェールといったベテランが上位にある中で「Malibu」は2位と大健闘なのです。

この日のパフォーマンスはビルボードの動画ニュースで一部確認出来ます。

賞のラストに登場したブルーノ・マーズは「That's What I Like」ではなく「Versace On The Floor」を披露。こちらはブルーノの公式YouTubeチャンネルに早くも登場しており、パフォーマンスは勿論のことその迅速さも素晴らしいです。

次週のチャートではこれらBBMAsの影響が反映されることと思われます。最多部門を獲得したドレイクも気になりますし、セリーヌ・ディオン「My Heart Will Go On」やシェール「Believe」がチャートにカムバックするのか? その動向を見守っていきましょう。

実力派ボーカルグループ、エクスケイプの復活が嬉しい

1990年代、その高いコーラスワークによりR&B界で一世を風靡した女性ボーカルグループ、エクスケイプが遂にリユニオンを果たします。しかもその初陣を飾るのが、R&B/ソウルミュージックフェスの最高峰、エッセンスフェスティバルというのですから、より高い注目が集まること必至。先頃公開された、フェスに向けてのインタビュー動画を観ると、期待感が高まらずにはいられません。なんせ、アドリブ(その場のノリ?)で「Tonight」を歌っているのですから!

「Tonight」は、ファーストアルバム『Hummin' Comin' At 'Cha』(1993)に収められた、ほぼアカペラによるバラード。

なにより、オリジナルのリリースから四半世紀近く経ち、またリユニオンに至るまでに十数年もの月日が流れたにもかかわらず、全員が原キーで、あの声の伸びやかさをキープしているのは凄いこと。2010年代に入りSWVがアルバムを2枚リリース、TLCが待望の復活作を来月リリース予定など、女性ボーカルグループ復権の流れが生まれている中にあって、米ビルボードの総合ソングスチャートで5曲ものトップ10ヒットを持ち名実ともに女性ボーカルグループを代表する彼女たちの再結成は、パフォーマンスを観る前から感涙モノです。

フェスには行けませんが、個人的には、彼女たちのレーベルオーナーだったジャーメイン・デュプリによるミニマムな音数の「My Little Secret」や、ジョーが手掛けた美しい「Softest Place On Earth」(共に『Traces Of My Lipstick』(1998)収録)を一度生で聴いて、聴き惚れてみたいなと思っています。

 

ちなみに今回、彼女たちのCDを引っ張り出して、国内盤ライナーノーツを久々に読んだのですが...特にセカンドアルバム『Off The Hook』(1995)におけるキャラ立ちの表記、あれは失礼だろうと痛感。詳細は控えますが、ちょっとさすがに女性に対して述べる言葉じゃないなと。美化への過度な称賛がないからこそ、アメリカの音楽産業は本物がきちんと売れ、きちんと残るのだと思いますし、逆に日本では過度ゆえに...と思うんですよね。

人間交差点2017、参戦感想と来年以降への願い

5月14日の日曜、東京お台場で行われたRHYMESTER主催フェス【人間交差点2017】に参戦してきました。

昨年に続く参戦でしたが今年も心から楽しむことが出来ました。ラインアップがいつもに増して"人間交差点的"というかジャンルレスで、自分が観た流れではSEX山口(楽しませることに徹したDJプレイ、しかしながらつなぎが実に巧い)→Base Ball Bear(青春の王道)→マボロシ(セクシーで分厚いロック)→(隣のステージから拝見した)SOIL & "PIMP" SESSIONS(フリージャズ的)→KIRINJI(ちょっとひねくれ感のあるポップ)→(隣のステージから)KREVA(ヒップホップの美しさ)→CRAZY KEN BAND(昭和の薫り漂う大所帯バンド)→RHYMESTER(ヒップホップの王道)...といういい意味でのカオス、渾然一体っぷり。RHYMESTERの前座としてあの浅草キッドが、良くも悪くもカオス溢れる漫才で会場をかき回し...ネタはメディアに出せないとのことですが爆笑問題の年末特番に出てもいいのでは?と実感しています。

 

個人的な最高峰はRHYMESTERは勿論のこと、その格好良さに痺れたという点ではKIRINJI、そしてメンバーでもある弓木英梨乃さん。今週一度そのことに触れましたが、昨年のツアーのDVDを取り寄せ「The Great Journey」を確認し、あらためて一週間前の衝動が蘇った次第。ジャンプしまくりの影響で今週一週間ランニング出来ないくらい、この曲の持つ衝動は凄まじかったなと。

Base Ball Bear「THE CUT」でRHYMESTERが登場した際、上手に弓木さんと宇多丸さんがいたのですが、終始笑顔の弓木さんとじゃれるかのような宇多丸さんがなんだか可愛らしかったり。弓木さん、客席後方でもはっきりと分かるその笑顔に、心から楽しんでる感というかベホべの持つ"青春純度の高さ"が如実にあらわれているようで素晴らしかったですね。

 

RHYMESTER、特にMummy-Dさんのステージ参加数は、坂間大介として登場したマボロシ、ソロで客演参加したKREVAを含めを含めると7本。その他RHYMESTERとして先述したKIRINJI、Base Ball BearCRAZY KEN BAND、SOIL & "PIMP" SESSIONSに参加。体力の限界を嘆いていましたが実に格好いいステージングで、とりわけ、わずか2回のリハーサルながら8年前よりも好いというマボロシバンド編成(タケウチカズタケ氏も!)、その分厚いロック感たるや。漢を見た気がします。CKB人間交差点2017で唯一、演歌的な手拍子のタイミングを持つ曲を用意していて、それでも何ら違和感なく溶け込めるのはさすが剣さんだなと。そしてRHYMESTER...新曲多めのステージながら、それこそ初出しの新曲までもが即座にクラシックと化すかの如き馴染みやすさで嬉しくなります。アルバム制作も完成が見えてきたとのことなので、リリースを心待ちにしたいと思います。

 

 

 

さて、改善して欲しいところがあればハッシュタグ( #nkfes )をつけてつぶやいて...と人間交差点フェスの呼び込み時に語っていたので、来年以降の開催に向けて思ったことを書いてみます。

改善の前にまず、素晴らしかった点をあげるとすれば、実に家族連れが多くアットホームな空間であったという点。キッズエリアがある等このフェスの良さが浸透してきたからか、開演時に並んだ際、前に親子4人、後ろに赤ちゃんとその両親という布陣だったのがこのフェスならではだよなあと。またステージのPA横には車椅子の方専用のブースがあることも素晴らしい配慮。一段高くなっていること、そして専用の入口を広めに確保していることは家族連れ同様の配慮であり、ライブアクトのみならず観客も多様性であってほしいという思いを感じます。

 

さて、当日はあのハーゲンダッツが新商品のテイスティングを1人1本ずつ配っており、それは素晴らしいことなのですが...しかしあるとき、自分のそばにいた観客がハーゲンダッツを”食べ放題”と語っていたことにはちょっと疑問が。もしかしたら1人1本というルールを破った者は少なくないのではと邪推してしまいます。この点を含め、観客のマナーの問題が目立った感は否めません。特に酷かったことの一つは、喫煙スペース用のテントから出て堂々と煙草を吸う方が目立っていた点。喫煙スペースの近くにいた人(トイレのために並ぶ人等)への副流煙の問題が生じていました。テントが白いため中から外の様子を伺えない問題があるにせよ、せめて煙草を吸う数分だけでも中に待機していただけないのかなと。

そしてもうひとつは観客による無許可撮影。たとえばマボロシにおいて、活動再開を知って関西からやってきたと意気揚々だったファンが、いざライブがはじまるとスマートフォン片手に撮影しまくりで、自分は斜め後ろにいたその方が気になって仕方ありませんでした。歌手にとっては万一ネット上にアップされれば肖像権や著作権の問題が発生しますし、なにより自分をはじめ他の観客の気を削ぐという意味で大変失礼でしょう。大ファンといいつつ平然と周りを気にしようとしないという姿勢には、ファンの資格があるのかと問いたいところです。その他撮影者は本当に目立っているのですが、自分が見た限りスタッフから注意があったのは一度だけで、昨年より極めて少なくなっています。演者によるステージでの注意喚起も極めて少なかった気がします(むしろ、痴漢行為への注意ばかりが目立っていた印象が)。

たしかにライブに来た以上撮影したい気持ちは理解出来なくはありませんが、プロのカメラマンの撮影の方が機材的にも場所的にもまた集中力の面でも、より綺麗なのは自明。ならばそちらに委ねていいと思うのです。それでも撮りたい欲が失せないならば、主催側が”この曲の間撮影していいですよ”という撮影許可時間を用意してもいいのかもしれません。撮影したい/撮影させないというのはイタチごっこでしょうから、敢えて許可時間を与えることで逆にそれ以外の時間をライブに集中させる効果を生ませるべきではないかと。現行のマナーの悪さの原因にある撮影欲をどうやって満たすかを考えたほうがいいのかもしれません。

 

軽食等の拡充を求める声もありました。特に”生ビール”の声は当日のステージでも上がっていましたね。それこそ今回RHYMESTERが披露した「グラキャビ」のリリックにある”麦のご褒美”は必要かなと。会場出入り自由のフェスゆえ、ヴィーナスフォート内のファミリーマートで買い物する方も少なくないのですが今年は(も、でしょうか)冷蔵スペースの酒が売り切れたとの情報が。会場内の酒等が安くないというのもあるかもしれませんが、ならばコンビニにはない”生”ビールというプレミアムを提示することは効果的かと。会場に留まらせる効果が生まれますし、つまみとして屋台等の食品もより売れるのではないかと思います。

 

最後はDJ JINさんの一本締め。会場内にちょっと飽きた、呆れた感が漂っていたのは正直否めません。あの独特の空気感こそDJ JINさんの魅力だと知ってはいるのですが、それでももう少し巻けなかったかと思ったりしています。もしかしたら”プロの一本締め師”という立ち位置やキャラクターが浸透していないかもしれず、ならば『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ 土曜22時)をはじめ各メディアにてプロの一本締めとは?をどんどんレクチャーし、認知度を高めていけば状況は変わってくるのではと思った次第です。

 

 

と、改善要望が多めにはなりましたが、冒頭で書いたように今年もほぼ満足でした。KIRINJIの音のミックス?の問題(声の聴き取りづらさ)やCRAZY KEN BANDRHYMESTERによる「肉体関係 pt.2」でのMummy-D宇多丸両氏の出だしでのマイクが入っていない問題もありますが、それらはPA等が重く受け止め来年の課題にしているものだと信じます。

来年は今まで出ていないRHYMESTERとの共演済歌手の方を是非呼んでいただきたいものです。特に椎名林檎さんは如何でしょう。「流行」ではマボロシと組んでいますので彼女を召喚することで必然的に来年もマボロシが...となるはず。期待します。

らじる★らじるのタイムフリー、総合テレビの2チャンネル化...NHKへの2つの改善要望

今週水曜の『ごごラジ!』(NHKラジオ第一 月-金曜13時05分)にゲストで登場した、脳神経外科医・清水俊彦さんによる頭痛についてのゲストコーナーが好評を博したとのことで、翌日に同番組で再放送が決定しましたとのアナウンスがありました。

再放送枠は『ごごラジ!』ではなく、6月4日放送の『もういちどラジオ!』(日曜16時05分)枠。

リスナーからのリクエストに応えるアンコール枠があることは良いのですが、しかし今週中に放送されたコンテンツならば...と、とある疑問が。

radikoは一週間以内であれば、基本的に遡って放送を確認することが出来ます(基本的に、というのはタイムフリーを認めない番組が一部あるゆえ)。同じくradikoのエリアフリーに似たサービスがらじる★らじるにもあり、東京をはじめとする8つの放送局(主要都市)から選べるのですが、如何せんタイムフリー的なものはあまりない状態。らじる★らじるのホームページでは”過去の放送”という欄がありますが全てを網羅しているわけではありません。

らじる★らじるTwitterアカウントでは5月14日からこのようなアナウンスを定期的にツイートしています。聴き逃しサービスにも言及しているのですが、これがradikoにおけるタイムフリー機能と同等のものであってほしいと切に願います。また、アナウンスが続いているのですが正式発表がいつになるかも気になるところです。

 

 

さて、ふたつの改善要望のうちひとつは、【らじる★らじるにおけるタイムフリー機能の充実】でしたが、もうひとつは【総合テレビ第一・第二の2チャンネル化】というもの。かなり突飛な発想は承知の上、それでも誰かが言わないと...と思い言及する次第。もっと細かく言うならば、【総合テレビ第一と第二に分け、第一を国会中継政見放送等政治に特化】という案を提示します。

 

自分は昨年の熊本地震の直後の国会中継に果てしない疑問を抱き、エントリーを記載したことがあります。また昨年6月30日、首都圏で発生した震度3の地震において政見放送を理由に報じなかったと思われるNHKの姿勢に強い疑問を抱き、重ねて問題を指摘させていただきました。下記エントリーでは、熊本地震関連におけるエントリーのリンクも内包しています。

そして今週。

よくよく考えれば、今週は『あさイチ』(NHK総合 月-金曜8時15分)も短縮ではなくフルで流れ、NHKラジオ第一の平日帯『すっぴん!』(月-金曜 8時05分)および『ごごラジ!』も休止されることはなかったはずです。中継する/しないの判断基準が不明瞭という問題もありますが、私見ながら森友学園関連問題以降、中継されない事態が顕著になってきたように思うのです。他方、以前指摘したように熊本地震時の国会中継政見放送は大変な事態が起きているにもかかわらず政治を優先させる、さらにはサブチャンネル化で片方を地震報道にすることすら許さないという状況。仮にNHK側が今週については国会中継を、昨年においては地震報道を優先したいとしてもそれが叶わなかったならば極めて大きな問題で、”NHKが政府の犬になった”と思われてもおかしくないですよね。

 

いや、ネットではニコニコ生放送などで中継しているようですが、視聴者のコメント、特に平然と汚い言葉が羅列される状況は(いくらコメントを消せる機能がついていたとしても)冷静な判断が出来にくくなりますし、またネットに疎い方にはネットを介して観ること自体が難しいでしょう。ならばこその【総合テレビ第一・第二の2チャンネル化】を推奨したいのです。特に今の政府の意向を必要以上に汲まないといけないであろう状況を踏まえれば国会中継は総合テレビ第一に配置し、ただしそうしたからには必ず会期中は何かしらの中継を行うこと。生中継でなくとも空いた時間にその他の国会審議を流し、また他に空く時間(深夜等)は民放各局が行うようなストレートニュースを流すというのは如何でしょう。必ずしも24時間放送する必要はなく、あくまで政治に特化した放送とするのです。2チャンネル化することでサブチャンネルのような画質劣化は生じませんし、『あさイチ』の短縮や『すっぴん!』『ごごラジ』の中止をほぼ考えなくともよくなるため、取材VTRのお蔵入りやゲストコーナーの延期も防ぐことが可能。さらにスポーツ中継が重なったとき、とりわけ東京オリンピックパラリンピックの時期においては総合テレビ第一も活用すれば、Eテレと合わせて地上波3チャンネルを確保出来るという強みもあります。

 

無論、この【総合テレビ第一・第二の2チャンネル化】は費用等を半ば無視した提案ではあります。しかしながら現状の、特に政治に振り回される状況、そしてそれゆえに生じる”真に大切なことが伝わらない”現状はさすがに看過出来ません。実現不可能かもしれませんが、是非ご一考いただきたいものです。ちなみに、2チャンネル化により視聴率が下がりかねない...という声がもしかしたら挙がるかもしれませんが、公共放送において視聴率は民放ほど重要ではないはずですよね?と言わせていただきます。

朝に似合う爽やかな、でも実はエロい曲たち

昨日のKIRINJIエントリーの流れで、こんなことをつぶやいたのですが。

数名の方からいいねをいただくとは予想だにしていませんでした。ということは少なからず需要があると解釈していいのでしょうか...?

 

 

今回つぶやいた(兄弟時代の)キリンジによる関連曲2曲は下記に。動画は...こっそりと紹介させていただきます。

冨田恵一 feat. キリンジ「乳房の勾配」

歌詞サイトに未掲載のようなのでこちらを。いきなり"体だけさ~"と歌われるとただただ受け入れざるを得ないでしょう。そこから現KIRINJI堀込高樹さん(兄)によるエロティックワードが炸裂。"恥知らずな漲り"、"歪むシンメトリー"も凄いですが、サビ前に必ず配置される"あたためられた歯"の、十分な事前の戯れを妄想させるパワーワードたるや。当初収録されていたアルバム『PRO-FILE of 11 Producers VOL.1』(1998)が入手困難必至ゆえ、冨田恵一さんのベストアルバム『冨田恵一 WORKS BEST~beautiful songs to remember~』(2011)の初回生産限定盤を手に取ることをお勧めします。

 

キリンジ「癇癪と色気」

シングル「牡牛座ラプソディ」(1999)のカップリングとして初出。オムニバス『SWEET VOICES -Gentle Boyfriends-』(2009)にて比較的容易に手に入るかと。歌詞は下記に。

ボサノヴァ風アレンジに乗せて歌われるは、"手繰ってなぞって掠って閃く、"弄って嬲って舐ってしくじる"...これがサビのフレーズなんですからものすごい挑戦的ですよね。しかし、こんなに強い言葉が羅列されているにもかかわらず、まるで小洒落た店のBGMに用いられてもおかしくない(し一聴してエロソングだと気付かせない)のはキリンジの凄さではないかと。こちらも堀込高樹さんによる作詞。

 

他にも、たとえば星野源にも。

星野源「桜の森」

アルバム『YELLOW DANCER』(2015)収録。共に収められた「Snow Men」共々エロティックなメタファーが満載で、詳細は別名"スーパースケベタイム"として出演した『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ 土曜22時)の書き起こしを引用させていただくのでそちらを是非。

調べていくうちにこの記事に出会ったのですが、「Snow Men」のメタファーはこれ!と直接的に書かれるとちょっと引きますね。キリンジ星野源さんのような隠喩こそ日本人らしいわびさびがあって心地よく聴こえるのかもしれません。

 

※ 追記

そういえば、平井堅さんもそういう曲多かったなあと思い出した次第。

平井堅「CANDY」

2009年のシングル。平井堅さんのシングルには時に"ご乱心"なものもあって(たしか、この表現を用いたのはミッツ・マングローブさんだったと記憶)、この曲はまさにその系統。

"candy"には、魅力的な女性(もしくは男性)という意味もあるのですが、この場合は…おそらくここで書かれているほうでしょう。平井堅さんの、こういう曲をシングル化までしてしまう策士っぷりたるや凄いなと実感させられます。