face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

はじめに

ブログ【face it】担当のKeiと申します。ラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)のスタッフのひとりを担当しています。

お問い合わせやご意見などは、Twitterアカウント(@Kei_radio)宛にダイレクトメッセージにて、お願いいたします。もしくは、はてなユーザーの方は各エントリーにコメント出来ますので、よろしくお願いいたします。

「ワーク・ソング」の”真意”に、半世紀経っても変わらぬ現状を嘆く

昨日放送の『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時 サイマル放送で全国何処からでも聴取可能です)。音楽特集は勤労感謝の日間近ということで、【労働・WORK】の曲をお送りしました。

この番組は”(少なくとも)東北イチ珍曲をかける番組”と自負しており、八代亜紀さんならば「残酷な天使のテーゼ」がお約束になっているのですが、今日はこちらを。最新ジャズアルバム『夜のつづき』(2017)から、「ワーク・ソング」。

オリジナルは、ジャズミュージシャンのナット・アダレイによる1960年のナンバー。その年のうちにオスカー・ブラウン・ジュニアの手によって歌詞がつけられたそう。後に尾藤イサオさんが、ジャッキー吉川とブルー・コメッツとの共同名義で、日本語詞を付けてカバーしているのですが、その訳詞と、今回八代さんが歌った(オスカーによる)原詞には大きな違いが。勝手ながら、原詞の翻訳を掲載したブログを紹介させていただいています(問題があれば削除します)。

尾藤さん版では、罪を犯したのは主人公自身である一方、オスカーの原詞では主人公はあくまで”目撃者”なんですよね。オスカーが公民権運動活動家でもあった(ソウル&ファンク大辞典:オスカー・ブラウン・ジュニア『シン&ソウル』より)ことを踏まえれば、主人公が『黒人で貧相でお腹を空かせていた』からこそ罪を着せられてしまったという(『』内の引用元である)上記ブログの解釈を支持すると共に、曲の誕生から半世紀以上経った今でもその解釈に納得してしまえるという、黒人差別が未だ絶えることのない現状に愕然としてしまいます。

 

音楽は時に、作られた時代の世相を示します。ゆえに、いつかオスカー版を聴いて、”あんな酷いときがあったね”と言える時が来れば...と思った次第。というか、この曲の真意を知って、タモリさんによるコミカルなカバー版を紹介しようという思いが薄れていった自分がいます...。

後出しデラックス・エディションは企業体質なのか?

昨日はこのようなエントリーを掲載したのですが。

書いた後に伺った、地元の新譜CD販売店でみかけたこれらCDも実は”出し直し”であり、AIさんだけではなかったと痛感した次第です。

 

11月15日発売。一昨年末リリースのベストアルバムに2曲を追加収録(ただし元のベストアルバム、初回限定盤AおよびBに収録されたボーナス・トラック2曲は削除)。追加分のうち、「新しい明日」は今週金曜スタートのドラマ『マチ工場のオンナ』(NHK総合)主題歌。

11月8日発売。一年前リリースのアルバムに3曲を追加収録。うち2曲はSEKAI NO OWARIがEnd of the World名義で参加し、「Hollow」は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露済。

 

この2作品は、昨日紹介したAI『和と洋と。』(『和と洋』のデラックス・エディション)に比べれば、元の作品からデラックス・エディションに至るまでの期間が長めに設定されています(DNCEは1年、松田聖子さんは2年)。とはいえ期間の長さに関係なく、元のアルバムを持っている方が追加収録分欲しさに買うとなると音源はほぼダブるわけですから、やはり不親切さは否めません。そして昨日紹介したAI『和と洋と。』もそうでしたが、昨日今日で取り上げた3作品はいずれもユニバーサルミュージック発なのです(AI『和と洋と。』はこちら)。AIさんにおいては複数回、後出しデラックス・エディションを実行しているので彼女側の問題とも指摘しましたが、ここまでくると企業体質もあるかもしれません。

 

自分の考えは昨日載せた通りなので詳細は割愛しますが、簡潔に申せば、やり過ぎだと思います。

出し直しという意味での”デラックス・エディション”商法を疑問視する

今年の日本レコード大賞、優秀作品賞にカンナ(渡辺直美)さんとの「キラキラ」が選ばれたAIさん。その曲は、オリジナルアルバム『和と洋』リリース後ゆえか配信での発売となっていましたが、先月リリースされたデラックス・エディションとなる『和と洋と。』が発売され、そこに収録されていました。

なお彼女は、10月25日にアルバム「和と洋」の豪華盤「和と洋と。DELUXE EDITION」をリリースする。本作には「和と洋」の収録曲に加え、AIと渡辺直美のデュエット曲「キラキラ feat.カンナ」や映画「パディントン2」の日本版主題歌「Little Hero」など8曲のボーナストラックが収録される。

AI、最新アルバム曲で構成したメドレーMV(動画あり) - 音楽ナタリー(9月8日付)より

つまり、『和と洋と。』は『和と洋』に8曲を追加した形であり、これからAIさんに興味を持ちアルバムを買いたいと思えば、『和と洋と。』だけを買えばよいはずです。それにしてもこの”後出しでデラックス・エディションをリリースする施策”、彼女においては幾度となく行われており、今回もか...と遅ればせながら知って唖然としました。

以前のブログ(出し直し盤は熱心なファンを踏みにじってやいないか?(2016年5月18日付)では、『一度購入した人にとって、今回の出し直し分を知って”なぜあの時買ったんだろう...”と意気消沈したのではないか』『音源をCDでコンプリートしたいというAIさんの熱心なファンにとっては、昨年のベスト盤を買った後、あらためて出し直し分も買わないといけない』と、購入する側にとってのデメリットの視点で書きました(ただし後者において、熱心であればあるほど盲目的になりやすく、お金を払うことを厭わないとする考えもあるでしょう)。しかしこれは購入者のみならず、CDを販売する小売店側にもデメリットがあります。『和と洋』の在庫が残っている段階で『和と洋と。』を売ることになれば、『和と洋』の在庫は安価販売しない限り捌けず、値引き分は結果的に小売店の負担になってしまいます。またレンタルCDショップにおいても、たとえば「キラキラ」の音源を手に入れたいとした方が誤って同曲が未収録である『和と洋』を借りてしまい混乱をきたすという可能性も生まれます。今年『NHK紅白歌合戦』でおそらく「キラキラ」を歌うでしょうから、この混乱は容易に想像出来、その結果、”紛らわしい...”というマイナスイメージを抱いてしまいかねません。その矛先は店舗にのみならず、レコード会社そしてAIさん側にも向けられるのではないかと思うのです。

まして、AIさんにおいてはこのデラックス・エディション名義での出し直しが多数。以前のブログではそこまで確認出来なかった(ゆえに以前のエントリーを踏まえれば『和と洋と。』が三度目だと勘違いしていた)のですが...実は、『ORIGINAL A.I』(2003)が発売4ヶ月後に1曲追加+DVD付で、『BEST A.I.』(2009)が発売2ヶ月後に初回限定盤同梱のDVDとは別のDVDを付けた”Re-born”版として、『INDEPENDENT』(2012)が発売8ヶ月半後に4曲追加+ライブCD付で、『MORIAGARO』(2013)が発売4ヶ月後に5曲追加+ミックスCD付で、『THE BEST』(2015)が発売半年後に9曲追加で、いずれも出し直し発売されています。つまり『和と洋』(からの『和と洋と。』)で6度目ということになるのです(ALBUM | AI Official SiteおよびTHE BEST-DELUXE EDITION - AIを参照)。もしかしたら出し直しの施策が彼女のファンにとってはデフォルトと認知されている(ゆえにファンはこのエントリーを”何を今更...”と思うかもしれない)のでしょうが、冷静に考えれば釈然としないと思うのは自分だけではないはずです。ならば通常盤とデラックス・エディションとを同時発売にして、収録曲の少ないほうをスペシャルプライス盤として出したほうがいいのでは?と思うのです。前回のブログエントリーの最後にそういった考えを記載したのですが、その思いを今回より強く抱くこととなりました。

 

今回の『和と洋と。』ですが、実は集計週におけるビルボードジャパンアルバムチャートトップ100にも、オリコン週間CDアルバムランキングトップ50にもランクインしていないのです(いずれも11月6日付)。周知が足りなかったのかは解りかねますが、もしかしたらAIさんやレコード会社の狙いが周囲にとっては裏切りと思われているのかもしれません。CDを買ってほしいという思いは理解出来るとして、あまりにも不親切な対応であり中長期的に信頼度を失っているのみならず、セールス面という短期的な成果も上げていない以上、この施策から手を引くのが最善と考えます。

本日発売、イギリス版Now最新作『Now 98』トラックリスト

前作からおよそ4ヶ月ぶり、イギリスの最新ヒット曲をまとめた『Now』シリーズ最新作、第98弾が本日リリースされました。上記ツイートは昨日のもので、日本での取扱は少し遅くなる模様(たとえばAmazonでは翌週発売と表示)ですが、今回も充実したラインアップですので、下記にトラックリストを掲載します。

11/17発売『Now That's What I Call Music! 98』(UK版) トラックリスト

(順位は全英(UK)、全米(US)とも総合チャートのもの。11/16午後時点でのWikipediaを参照。曲名のリンク先はYouTube)

(disc-1) 

01. カミラ・カベロ feat. ヤング・サグ「Havana」(UK1位・US2位)

02. ポスト・マローン feat. 21サヴェージ「Rockstar」(UK1位・US1位)

03. サム・スミス「Too Good At Goodbyes」(UK1位・US4位)

04. ピンク「What About Us」(UK3位・US13位)

05. デュア・リパ「New Rules」(UK1位・US21位)

06. エド・シーラン「Galway Girl」(UK2位・US53位)

07. チャーリー・プース「How Long」(UK9位・US44位)

08. CNCO(シー・エヌ・シー・オー)&リトル・ミックス「Reggaetón Lento (Remix)」(UK5位)

09. J・バルヴィン & ウィリー・ウィリアム「Mi Gente」(UK5位・US19位)

10. ジャスティン・ビーバー & ブラッドポップ「Friends」(UK2位・US20位)

11. ゼイン & シーア「Dusk Till Dawn」(UK5位・US44位)

12. ケイティ・ペリー feat. ニッキー・ミナージュ「Swish Swish」(UK19位・US46位)

13. デミ・ロヴァート「Sorry Not Sorry」(UK9位・US6位)

14. ステフロン・ドン & フレンチ・モンタナ「Hurtin' Me」(UK7位)

15. ルイ・トムリンソン feat. ビービー・レクサ & デジタル・ファーム・アニマルズ「Back to You」(UK8位・US40位)

16. カリード「Young Dumb & Broke」(UK17位・US25位)

17. マルーン5 feat. SZA(シザ)「What Lovers Do」(UK12位・US9位)

18. ジェイソン・デルーロ「If I'm Lucky」(UK28位)

19. クリーン・バンディット feat. ジュリア・マイケルズ「I Miss You」(UK23位)

20. アルマ「Chasing Highs」(UK18位)

21. ゼッド & リアム・ペイン「Get Low」(UK26位・US91位)

22. チャーリーXCX「Boys」(UK31位)

23. リタ・オラ「Anywhere」(UK5位)

(disc-2)

01. マシュメロ feat. カリード「Silence」(UK3位・US42位)

02. アヴィーチー feat. リタ・オラ「Lonely Together」(UK4位)

03. ジェームス・ハイプ feat. ケリー・レイ「More Than Friends」(UK8位)

04. ヤンゲン feat. ヤン・ベーン「Bestie」(UK10位)

05. メイブル feat. コージョー・ファンズ「Finders Keepers」(UK8位)

06. クリス・ブラウン「Questions」(UK12位・US78位)

07. クレイグ・デイヴィッド「Heartline」(UK24位)

08. セレーナ・ゴメス & マシュメロ「Wolves」(UK15位・US35位)

09. MK「17」(UK25位)

10. アクスウェル & イングロッソ「More Than You Know」(UK30位)

11. リアム・ペイン「Bedroom Floor」(UK21位・US98位)

12. デューク・デュモン & ゴーゴン・シティ feat. ネイションズ「Real Life」(UK31位)

13. キャメルファット & エルダーブルック「Cola」(UK18位)

14. リル・ウージー・ヴァート「XO TOUR Llif3」(UK25位・US7位)

15. ビッグ・シャック「Man's Not Hot」(UK11位)

16. クリス & ケム「Little Bit Leave It」https://www.youtube.com/watch?v=FWwGFBYROl8(UK15位)

17. カーディ・B「Bodak Yellow」(UK24位・US1位)

18. ロジック feat. アレッシア・カーラ & カリード「1-800-273-8255」(UK9位・US3位)

19. パロマ・フェイス「Crybaby」(UK32位)

20. ザ・スクリプト「Rain」(UK15位)

21. ラグンボーン・マン「Grace (We All Try)」

22. リアム・ギャラガー「Wall of Glass」(UK21位)

23. ザ・キラーズ「The Man」(UK63位)

収録曲は”クリーンバージョン”となるため、仮に収録曲で気に入ったものがそちらだった場合は元の楽曲を購入することをお勧めします(特にヒップホップ)。

 

カーディ・B「Bodak Yellow」が全米1位ながらディスク2の後半に収められているのは【このコンピレーションアルバムがイギリスのヒットに基づく】および【曲の流れを考慮して】ではないかと。後者においては今作におけるディスク2の前半がまさにダンスチューンのオンパレードとなっているのですが、個人的注目曲はこちら。

力強くも、美しさを併せ持ったハウスミュージックですが、この曲はサンプリングというよりもはやカバーの域。

全英5位、全米2位を記録したアン・ヴォーグ最大のヒット曲のひとつ「Don't Let Go (Love)」を用いているんですよね。イギリスでは90年代R&Bを大胆にハウスリメイクした曲が数多く登場し、最近では『Now』シリーズ1作品につき1曲は収められている印象があるのですが、こういうのに出会うのもまた楽しいのです。

是非コンピレーションアルバムを手に取って、お気に入りの曲を見つけてみてください。

テイラー・スウィフト『Reputation』初週売上好調...注目は2週目以降である

定期的に追いかけているテイラー・スウィフトの件。

先週金曜にリリースされたアルバム、『Reputation』は実際のところ売れています。

昨日の記事によると、金曜からの4日間で105万枚を記録。『Speak Now』(2010)以降、4作連続での初週ミリオンを達成しており、次週12月2日付チャートでの初登場首位は勿論のこと、(次週集計期間開始となる)2018年の年間チャートで1位になる可能性が高いとみても過言ではないでしょう。

 

とはいえ、気になるのは『Reputation』からの先行曲が”低調”であること、なのです。

しかし、アルバムの発売直前にもかかわらず、初登場から3週間1位をキープした1stシングル「Look What You Made Me Do」は37位に、先日ミュージック・ビデオが公開された2ndシングル「…Ready For It?」は先週の19位から30位に、それぞれランクダウンしている。先行配信された「Call It What You Want」は今週27位に初登場したが、4位にデビューした「…Ready For It?」、初登場13位だった「Gorgeous」(今週85位)と比較すると、反響が薄くなってきている印象を受ける。おそらく、アルバムの発売日が近かったため、それまで待とうというファンがほとんどかと思われるが、シングル曲の不発がどうアルバムの売上に反映するのか、結果は蓋を開けてみるまで分からない。

【米ビルボード・ソング・チャート】ポスト・マローン&21サヴェージvsカミラ・カベロ、首位争いを制したのは? | Daily News | Billboard JAPAN(11月15日付)より。なおシングル名をカタカナから英語表記へ、勝手ながら変更させていただいています。

「Gorgeous」は初登場13位から68→85位へ、前週ミュージックビデオ公開に伴うストリーミング増で46→19位となった「...Ready For It?」は30位に後退。初登場から3週連続首位を記録した「Look What You Made Me Do」はわずか12週目で既に37位...これらを踏まえるに、いくら「Look...」がチャート1位を獲得したとはいえ、シングル曲群が支持を集めているとはとても言い難い状況です。先日のテイラーに対する私見エントリーがより説得力を帯びたのでは、と思ってしまいます。

 

先日のエントリーで自分は、今回のテイラーのアルバムが『2週目以降に失速するのでは』と書きました。初週は彼女のファンがこぞって購入するでしょうが、シングルヒットがなければファン以外の方がアルバムへの興味を持つとは考えにくく、ゆえに2週目以降勢いを維持することは厳しいというのがその理由。おそらくは、発売直前になって見合わせたアルバムのストリーミングを”解禁”することでユニット数を伸ばすようにもっていくでしょうが(ストリーミングポイントは米ビルボードアルバムチャートに反映されます)、その直前の見合わせ施策もまたテイラーファン以外からの不信感を招いている気がしてなりません。今作はアデルのアルバム『25』(2015)の発売5週目以来となるセールス週間100万超えということですが、『25』は発売1,2週目にミリオン(初週はトリプルミリオン)を達成し、中2週を挟んで5週目にセールスが再浮上していることから、『Reputation』が『25』のような動きをみせるか、それとも日本のアイドルのシングルセールスのような動きになるか...少なくとも年内は追いかけてみないといけませんね。

”午後まり”担当アナウンサー陣の活躍を期待する

昨日は偶然にも、『午後のまりやーじゅ』関連の話題がちらほらと。

 

SNSでつながっている方が昨日、”『ひるのいこい』(NHKラジオ第一NHK-FM 月-金12時20分、土曜12時15分)の選曲がおかしい”と言っていたのが引っ掛かり、調べてみたのですが。

昨日の放送を聴いて”全然憩えない”と言っていた、その日の選曲はファー・イースト・ファミリー・バンド「地球空洞説」~コスモス・ファクトリー「ブラック・ホール」というプログレッシヴな2曲。他にも調べてみると土曜以外はいい意味でカオスな選曲ばかり。そういえば前、この番組でうさんくさいポップスとしておなじみだったジョニー広瀬「太陽に抱かれたい」も流れていたっけ。

 

この番組、平日と土曜とでパーソナリティが異なるのですが、平日...つまりカオスな選曲日の担当が道谷眞平アナウンサーで、もしかしたら彼の意向がなにかしら選曲群に反映されているのかもしれません。

 

この道谷アナウンサーが2013年春からの3年間担当していたのが、NHKラジオ第一の生ワイド『午後のまりやーじゅ』(2013-2016 月-金曜13時05分)。山田まりやさんのサブパーソナリティとして月-木曜を担当。金曜は最後の1年を現『ごごラジ!』(2016- 月-金曜13時05分)全曜日アシスタントの神門光太朗アナウンサーが務めていましたが、最初の2年を務め且つ月-木曜の中継を担当していたのが中倉隆道(りゅうどう)元アナウンサー。実は彼がNHKを辞めていたこと、昨日まで知りませんでした。というか、NHK元アナウンサーという肩書をこの番組で見て、名前の響きに聞き馴染みがありながら思い出せず、検索して”午後まり”担当だと思い出して激しく合点がいったという次第。

(昨日放送分がまだアーカイブ化されていないため番組ホームページトップを掲載。) 柿の種の世界を紹介する中倉さんの手慣れた感じはさすが中継担当者だなと実感しました。そういえば今週NHKラジオ第一の平日帯番組で、各地方局アナウンサーによる中継が珍しく行われるのですが、もしや中倉さんという人材の補完要因を見つけるためのテストでは?と考えたり(流石に大袈裟かもしれませんが)。

 

道谷眞平アナウンサーも、中倉隆道元アナウンサーもこうして活躍の場を持てていることに安堵しました。また神門光太朗アナウンサーは今度放送されるNHKと民放ラジオの共同番組でNHK代表として出演しており、”午後まり”組の飛躍は嬉しい限り、なのです。

 

『午後のまりやーじゅ』...番組開始当初は好感を抱いていたのですが、それは最初の1週間だけ。いくら道谷アナウンサーや中倉元アナウンサーが頑張っていたとして、それを塞ぐだけの違和感をメインの方がもたらしてしまったことで聴取をやめたものです。おそらく自分と同じ感覚を抱いた方が多かったのでしょう、番組は3年で終了し『ごごラジ!』が開始。そして後番組の人選等を踏まえれば、”午後まり”メインの刷新と道谷アナウンサーの待遇を維持することに局側が配慮したように思われます(その意味で『ひるのいこい』担当になったのではないかと)。

他方中倉元アナウンサーは現場を離れたものの、別の角度からその名を上げたことも良かったなと思うのです。フリーアナウンサーはピンキリの商売であり、如何に自分らしさ、自分にしか出来ない武器を作るかが勝負だと考えれば、昨日の『マツコの知らない世界』出演は大きな好機になるはず。今後の活躍に期待します。

 

いつかまた、道谷・中倉・神門各氏が再会して対談するという機会があったならば是非見てみたいものです。