face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

はじめに

ブログ【face it】担当のKeiと申します。 地元青森県弘前市にあるFMアップルウェーブのラジオ番組、『わがままWAVE It's Cool!』(日曜17時)のスタッフのひとりとして曲の持ち込み、選曲、DJ(ブレストコナカ名義)を担当しています。毎週様々な音楽特集とメッ…

9月21日の夜を覚えているかい?…アース名曲をはじめとするカーク・フランクリンのゴスペルカバー集

今日は9月21日。この日の夜を振り返る曲が、アース・ウインド&ファイアー「September」。 一昨日放送の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)でtofubeatsさんがこの曲関連の縛りDJを披露していたのもあって、否が応でもこの曲が頭から離れま…

新曲のヒットが過去曲へ波及、シングルCDセールス加算2週目の総合ポイントが鍵…9月23日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

9月9~15日を集計期間とする、9月23日付のビルボードジャパンソングスチャートの上位2強、その"頂上決戦"については昨日記載しました。チャートの仕組み等も理解していただけるならば幸いです。 毎週木曜は前日に発表される最新ビルボードジャパンソングスチ…

シングルCDセールス2位も総合で逆転、米津玄師「馬と鹿」が嵐「BRAVE」に勝った理由は? 9月23日付ビルボードジャパンソングスチャート"頂上決戦"をチェック

9月9~15日を集計期間とする、9月23日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表。ソングスチャートは米津玄師「馬と鹿」が制しました。 【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」がシングル27.7万枚差を逆転、嵐「BRAVE」を抑えて総合1位獲得 https://t.co/FjICn…

メイベル「Don't Call Me Up」のチャートアクションにみる、ラジオ局の"守りの姿勢"問題

先週水曜に発表された、最新9月16日付ビルボードジャパンソングスチャート。総合では100位未満(300位以内)ながらラジオエアプレイで6位に入っているメイベル「Don't Call Me Up」は非常に特殊なチャートアクションとなっています。 この「Don't Call Me Up」…

リゾ3連覇、ポスト・マローン4曲トップ10入り&オジー・オズボーンが新記録達成…9月21日付米ソングスチャートをチェック

米ビルボードソングスチャート速報。現地時間の9月16日月曜に発表された、9月21日付最新ソングスチャート。リゾ「Truth Hurts」が3連覇を達成、またポスト・マローンは同日付アルバムチャートで『Hollywood's Bleeding』が首位に立ったことでアルバムから4曲…

日本最大級のゴスペルクワイア、HIRO's MASS CHOIR 15年ぶりのニューアルバムが登場

日本で最大級、およそ150名もの人数を誇るゴスペルクワイア、HIRO’s MASS CHOIRのニューアルバム『They That Wait』が先月リリースされました。年1回開催される2000人規模のライブで先行発売され、今月から通販が開始されています(→こちら)。 自分は以前のブ…

3組以上参加、全て主演のコラボレーションは海外で続々、そして日本でも

先週金曜、注目の映画からの先行曲が同日リリースとなりました。 ・アリアナ・グランデ、マイリー・サイラス&ラナ・デル・レイ「Don't Call Me Angel」 マックス・マーティン一派が制作に関わる、映画『チャーリーズ・エンジェル』(リブート版)からの先行曲…

竹内まりや、矢沢永吉、テイラー・スウィフトそしてトゥール…四者四様のアルバム販売戦略が面白い

今週の日本、そしてアメリカの音楽チャートではベテラン歌手がアルバムチャートワンツーを決めています。そんな彼らの販売戦略はそれぞれ特徴的で実に面白いのです。 まずは9月16日付ビルボードジャパンアルバムチャートを制した、竹内まりや『Turntable』。…

森口博子『GUNDAM SONG COVERS』がデジタル解禁するも、デジタルやレンタル環境の改善が必要では

8月7日にリリースされ、アルバムチャートを好評に推移する森口博子『GUNDAM SONG COVERS』が、今週水曜にデジタル解禁されました。 下記はApple Musicのリンク先を貼付したもの。 画面では【このアルバムはまだリリースされていません】との表示が出ています…

乃木坂46首位獲得もダウン傾向? 「馬と鹿」は「Lemon」に勝てていない? 9月16日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

今週から、毎週木曜は前日に発表される最新ビルボードジャパンソングスチャートの上位陣をざっと、でも深く振り返ることとします。曲単位での掘り下げは金曜以降に。 9月2~8日を集計期間とする、9月16日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表。ソング…

イギリスで7週1位ながら米ではトップ10入り目前で足踏み…ルイス・キャパルディ「Someone You Loved」

チャートではちょくちょく、”足踏み”という現象を目にします。ビルボードジャパンソングスチャートにおいて今夏最大のヒットと言えるOfficial髭男dism「Pretender」は通算4週2位を獲得しながら未だ首位には至れず。また象徴的だったのは昨年のDA PUMP「U.S.A…

リゾ2連覇、ポスト・マローンは次週への準備万端…9月14日付米ソングスチャートをチェック

米ビルボードソングスチャート速報。現地時間の9月9日月曜に発表された、9月14日付最新ソングスチャート。前週初の首位に立ったリゾ「Truth Hurts」が2連覇を達成、またポスト・マローンの新曲「Circles」がトップ10入りを果たしました。 .@Lizzo continues …

『ダンベル何キロ持てる?』オープニング曲「お願いマッスル」が今夏を代表するアニメソングのひとつに

ビルボードジャパンソングスチャートでこの1ヶ月以上ずっと気になっているのが紗倉ひびき(ファイルーズあい)、街雄鳴造(石川界人)による「お願いマッスル」。7月クールのアニメ『ダンベル何キロ持てる?』(TOKYO MX、アニメシアターX他)のオープニング曲が…

King & Prince「koi-wazurai」が前作超えの好スタートながら、加算されない指標が存在している

King & Princeの最新シングル「koi-wazurai」が好調です。最新9月9日付ビルボードジャパンソングスチャートで首位を獲得し、それも前作を上回るポイントを獲得しています。 シングルCDセールスおよびルックアップを制し、Twitter2位およびラジオエアプレイ8…

メディアへの有効な行動と、番組モニターの勧め(再掲)

私たちによるメディアへの有効な行動は、”直接、真摯に伝えること”です。 今週水曜の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)で、昨年に続いて放送された【高校演劇】特集。昨年の全国高等学校総合文化祭(総文祭)で演劇部門最優秀賞を受賞した香…

Superfly「愛をこめて花束を」が今週動画再生急浮上した理由も”UGC”だった

ビルボードジャパンソングスチャートを構成する8つの指標のうち、動画再生が突如増加する曲については弊ブログでその理由を解明してきました。 特にフィッツ&ザ・タントラムズ「HandClap」は先週と今週動画再生指標を制し、最新9月9日付総合ソングスチャー…

『凪のお暇』主題歌はトップ10入りなるか? miwa「リブート」に必要なブースト

8月26日~9月1日を集計期間とする、9月9日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはKing & Prince「koi-wazurai」が首位に立ちました。 【ビルボード】385,303枚を売り上げKing & Prince「koi-wazurai」初登場2冠で総合1位獲得、…

3週連続で首位交代、新たな首位曲も"仕掛け"が効いた9月7日付米ソングスチャートをチェック

米ビルボードソングスチャート速報。現地時間の9月2日月曜が祝日のため翌3日に発表された、9月7日付最新ソングスチャート。ビリー・アイリッシュ「Bad Guy」から首位の座を奪ったショーン・メンデス&カミラ・カベロ「Señorita」が1週で陥落。新たな1位はリ…

『NARALIEN』配信からみえてくるENDLICHERIのこだわり、もしくはせめてもの抵抗

堂本剛さんによるプロジェクト、ENDLICHERIのファンクネスを極める姿勢は好事家を中心に支持を集めていますが、一方で接触手段がレンタルのみとなる上に購入手段も少ないことは以前記載しました。 接触手段はレンタルに限られるのですが、先週土曜に解禁され…

ミッシー・エリオットの復活、そして客演参加したゴスペル曲とそのメッセージ

日本時間の先週火曜に開催されたMTVビデオ・ミュージック・アワードでミッシー・エリオットが自身の音楽史の集大成とも言えるパフォーマンスを披露。受賞に相応しい素晴らしさで現役感を示してくれました。 ヒットメドレーの冒頭を飾った「Throw It Back」は…

ストリーミング解禁とロングヒットは比例する…条件の似た2曲を数値面から再検証する

一昨日の星野源さんのストリーミング解禁に触れた際、金曜を解禁日としたのは主演映画『引っ越し大名!』の公開タイミングゆえではと推測しました。 後にコメント欄にて、”ワールドツアーの発表に合わせた解禁ではないか”という意見をいただきました。 ブロ…

「サマーヌード」「若者のすべて」…”フラッシュバック”な夏曲がテレビで特集&ラジオ中心にヒット中

今夏の『ミュージックステーション』(テレビ朝日 金曜20時)では”夏の名曲ライブ”と銘打ち、懐かしの楽曲がが披露されてきました。キマグレン「LIFE」(2008)、フジファブリック「若者のすべて」(2007)、CHEMISTRY「Point of No Return」(2001)と続き、トリを…

星野源が遂にストリーミング解禁…デジタル解禁は待ったなしの状態に

遂に。 【全楽曲ストリーミング配信開始】1st アルバム『ばかのうた』から最新アルバム『POP VIRUS』までの、星野源の全シングルとアルバムのストリーミング配信を開始しました。https://t.co/EI8neiXCGD pic.twitter.com/LCBaPNYUpK — 星野源 Gen Hoshino (…

最新9月2日付ビルボードジャパンチャートから、ジャニーズ事務所運営レコード会社のリリース手法を思う

8月19~25日を集計期間とする、9月2日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはHey! Say! JUMP「ファンファーレ!」が制しました。 【ビルボード】Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」240,513枚を売り上げ総合1位で初登場、ヒゲダ…

MTVビデオ・ミュージック・アワード受賞、カミラ・カベロに次ぐ活躍なるか? フィフス・ハーモニーから登場したノーマニに注目

日本時間の昨日発表された8月31日付米ビルボードソングスチャート。 ショーン・メンデス & カミラ・カベロ「Señorita」が首位の座を射止めたことで、プロデュース&ソングライトを担当したベニー・ブランコにとって米ソングスチャート8曲目の1位獲得となり…

ビリー・アイリッシュが1週で陥落、新たな首位はショーン・メンデス&カミラ・カベロ…しかし来週はテイラーが? 8月31日付米ソングスチャートをチェック

米ビルボードソングスチャート速報。現地時間の8月26日月曜に発表された、8月31日付最新ソングスチャート。前週リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」から首位の座を奪ったビリー・アイリッシュ「Bad Guy」はわずか1週で陥落。新たな…

TOKYO FMは『村上RADIO』の推しが強すぎるあまり、様々な犠牲を生んでやいないか

首都圏ラジオ局は今日から1週間が聴取率調査週間。聴取率を獲得すべく”スペシャルウイーク”と化すかは局により判断が分かれていますが、聴取率獲得のために手段を選ばないニッポン放送の姿勢を以前から問題視しています。 このレギュラー番組休止の方式はニ…

森口博子『GUNDAM SONG COVERS』、レンタル未導入の店舗の多さを憂う

流行に追いつけていない店舗に対しては言葉は悪いものの見限れば好いのかもしれませんが、それがチェーン全体でならば大きな問題でしょう。 今月7日に発売された森口博子さんのアルバム『GUNDAM SONG COVERS』は、テレビ番組の企画によるガンダム関連曲の人…

ニューアルバム『Lover』でこれまでにない姿勢を示すテイラー・スウィフト、そしてタイトル曲でソングスチャート頂点もあり得る?

昨日、テイラー・スウィフトのニューアルバム『Lover』が世界同時リリースとなりました。 This album is very much a celebration of love, in all its complexity, coziness, and chaos. It’s the first album of mine that I’ve ever owned, and I couldn’…