face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

はじめに

ブログ【face it】担当のKeiと申します。ラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)のスタッフのひとりを担当しています。 お問い合わせやご意見などは、Twitterアカウント(@Kei_radio)宛にダイレクトメッセージにて、お願いいた…

中村佳穂のチャートアクションおよびサマソニヘッドライナーから、ラジオの弱さを考える

先週の今日のエントリーで、このようなことを書きました。 中村佳穂「きっとね!」がビルボードジャパン1月21日付ソングスチャートでどうなったか…その結果はこちら。 圏外とは100位未満、300位以内のこと。残念ながら総合では100位以内に到達しませんでした…

『紅白』関連や新曲が占める中でひときわ輝く三浦大知「Blizzard」…1月21日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

1月7日~13日を集計期間とする1月21日付チャートが昨日発表されたビルボードジャパン。ソングスチャートでは『NHK紅白歌合戦』(NHK総合他)の効果で、米津玄師「Lemon」が3週連続、通算5週目の首位を記録しました。 【ビルボード】米津玄師「Lemon」、前週に…

告発ドキュメンタリー『Surviving R.Kelly』の反響は米チャートにも…その内容と自分の思い

昨日ソングスチャートの速報を紹介した、米ビルボード最新1月19日付各種チャート。今日は【Social 50】チャートについて紹介します。 【Social 50】チャートは2010年12月11日付でスタートした、『Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeなどのデータを基盤に…

米ソングスチャートはまたも首位交代、『スパイダーマン』シリーズから初のナンバーワンヒット登場

毎週火曜は米ビルボードソングスチャート速報。 現地時間の1月14日月曜に発表された、1月19日付最新チャート。主演曲として先週初のトップに立ったホールジー「Without Me」を抑え、ポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Sp…

クリス・ブラウンの大ネタ使いで注目のシャニース、ベイビーフェイスとのタッグが最高なのです

最新1月13日付、『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)チャートで80位にランクインしたのがクリス・ブラウン「Undecided」。こんな大ネタ使い、オリジナルが好きな身には嬉しくなりますね。 用いられているのは90年代のR&B定番曲、シャニース(・ウィル…

うちのチロがLINEスタンプになりました その2

音楽やラジオからは離れますが、是非紹介させてください。 うちの愛犬、チロ(4歳♀)がLINEスタンプになりました。昨年11月に続く、第2弾です。 親友のtaroroくんが描くチロ、いい感じにどんどんキャラ化しています。今回のLINEスタンプはバックショットが多い…

『村上RADIO』でも見えてくる地方局の編成問題

TOKYO FM/JFN系列では定期的に、村上春樹さんがDJを務める『村上RADIO』を放送していくようです。 『2019年になりました。今年も『村上RADIO』はしっかり続きます』(上記リンク先より)とのことで、番組は不定期ながらレギュラー化、そしてTOKYO FMでは聴取…

米津玄師も推薦、中村佳穂「きっとね!」にはきっと…いや確実にチャートインしてほしいと願う

昨日のブログで1月7日および14日付ビルボードジャパンソングスチャートを紹介した際、次週の展望について書いたのですが、実はもうひとつ期待したいことが。それは、中村佳穂さんのチャート登場なのです。 さいこー。中村佳穂 "きっとね!" (Official Music …

『紅白』『レコ大』の影響が如実に表れた、1月7日・14日付ビルボードジャパンソングスチャート

年末年始の影響で、昨年12月24~30日を集計期間とする1月7日付チャートが一昨日火曜に、昨年大晦日~1月6日を集計期間とする1月14日付チャートが昨日発表となったビルボードジャパン。そのソングスチャートではいずれも、米津玄師「Lemon」がトップに立ちま…

ここ数週で米ビルボードゴスペルソングスチャートが面白いことになっている

1月7日付のビルボードジャパンソングスチャートが昨日発表されました。今日は1月14日分が発表され、2日連続で2週分が公開されることもあり、このブログでは明日まとめて取り上げます。 今日は米ビルボードからひとつかみ。ここ数週でゴスペルソングスチャー…

クリスマスソング一掃の米ソングスチャート、ホールジー「Without Me」が初の首位獲得

毎週火曜は米ビルボードソングスチャート速報。 現地時間の1月7日月曜に発表された、1月12日付最新チャート。ホールジー「Without Me」がアリアナ・グランデ「Thank U, Next」を抑え、通算2作目(主演曲では初)の首位を達成しました。 .@halsey's "Without Me…

昨日放送のラジオ番組振り返り&エンディング曲選びました

現段階で342万ものリツイートが…凄すぎます。 ZOZOTOWN新春セールが史上最速で取扱高100億円を先ほど突破!!日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。応募方法は、僕をフォローいただいた上、このツイ…

近年のゴスペルヒットを集めたコンピレーション『WOW Gospel 2019』トラックリスト

アメリカのこの1年間のゴスペルヒットを多数収録したコンピレーション、『WOW Gospel』シリーズ。最新2019年版のCDが今月リリースされます。ということで、トラックリストを下記に記載。 1月18日発売『WOW Gospel 2019』トラックリスト ※順位は米ビルボード…

にわかにクラプトン祭り?明日はラジオ番組でも特集OA

エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画、『エリック・クラプトン~12小節の人生 (原題:Eric Clapton: Life In 12 Bars)』が昨年末から公開されており、現在青森県内でも上映中です。 この作品は来月開催される第61回グラミー賞で最優秀長編ミュージッ…

ビルボードジャパンがオリコンに取って代わるために必要な配慮

昨年合算ランキングをはじめたオリコンに対し、特に楽曲単位のランキングがシングルCDセールスとほぼ変わらないことに加え、無断複写転載禁止令を出すその態度にむしろ不信感が募った…ということは先月書きました。 『NHK紅白歌合戦』の選考基準が既にオリコ…

CMにもアースな作品が? アース・ウインド & ファイアーの影響を受けたと思しき楽曲群

年末年始に流れているこのCMに驚かされました。 ベースラインやブラスもさることながら、両脇にキャラクターを据える構図は"アース"っぽいですね。 というより、むしろ『ポプテピピック』での「LET'S POP TOGETHER」に近いかもしれません。同曲はアースを完…

おげんさんの提案を機に考える、今年のNHK紅白歌合戦はこう変わってほしいという願い

一昨日の、昨年の『NHK紅白歌合戦』はかなり良かったと思っています。トピックを挙げればキリがないのですが、おげんさんの提案が素晴らしかったですね。しかしながら。 ハフポストには心底がっかりしました。あの喋りを"苦言"という表現でまとめるのは強引…

米ソングスチャート、マライア・キャリーのクリスマスソングがストリーミング効果でトップ3入り

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 新年1回目は火曜恒例の米ビルボードソングスチャート速報をお送りします。 現地時間の12月31日月曜に発表された、1月5日付最新チャート。アリアナ・グランデ「Thank U, Next」が通算7週目…

日本版グラミー賞の主要部門ノミネーションをシュミレートしてみる(2018年度版) & レコード大賞へのストレスをポジティブな力に変えよという願い

ここ数年の恒例となっている、日本版グラミー賞があったなら...と仮定しノミネーションを考える企画。3年目になりました。過去2年はこちら。 そしてこの仮定の"意義"については2016年版に加え、下記にも記載しています。 さて、ここからは昨日の今日における…

2018年私的邦楽ベストソングを選んでみました

(※追記(2019年1月10日):中村佳穂「きっとね!」のミュージックビデオが公開されたゆえ、同曲のミュージックビデオを貼付しました。) 毎年行っている私的な選曲集、2018年版です。 上半期、下半期についてはこちら。 <2018年私的邦楽ベスト (2018年12月28日…

ビルボード年間ソングスチャートとグラミー賞を踏まえた、2018年米音楽業界トピックス10

今年の音楽業界をチャートを主体に振り返る企画、先日は邦楽を取り上げましたが、今回はアメリカの音楽業界をみてみたいと思います。邦楽については下記をご参照ください。 既に米ビルボードの年間ソングスチャート、および来年開催される第61回グラミー賞の…

アナウンサーの退職問題、退職済ならばきちんと発表しないと不信感が募るだけでは

今年の謎、ひとつ解決しました。 昨日、ATV青森テレビで放送された特別番組、『2018オトコ飯!見せます魅せます髙山VS青森の過激メニュー』。平日夕方帯の生ワイド『わっち!!』(月-金曜 16時50分)内コーナーの総集編でしたが、しばらくテレビに出ていない板…

日本のチャートにおけるクリスマスソング上昇の原動力は?そして最高のクリスマスソングとは

昨日発表された、最新12月31日付ビルボードジャパンソングスチャート。SKE48「Stand by you」はシングルCDセールス指標の急落に伴い大きく後退。KinKi Kids「会いたい、会いたい、会えない。」が首位に立ちました。 【ビルボード】18.7万枚を売り上げたKinKi…

マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」を筆頭にクリスマスソングが米チャートを占拠した、その原動力とは?

メリークリスマス!と言うには一日遅れてしまいましたが、しかし音楽チャート上ではクリスマスソング強し、なのです。 昨日速報版を発表した、最新12月29日付の米ビルボードソングスチャート。一足早くトップ10入りしたマライア・キャリー「All I Want For C…

米ソングスチャートはアリアナ・グランデ強し、そしておよそ半世紀ぶりのカムバックが

現地時間の12月24日月曜に発表された、12月29日付最新チャート。アリアナ・グランデ「Thank U, Next」が通算6週目の首位を獲得しました。さらにクリスマスソングの定番曲がトップ10入りし、その歌手にとって実に半世紀ぶりのトップ10返り咲きとなりました。 …

2018年、私選ラジオ重大(五大)ニュース

このブログでは、毎年極私的邦楽年間ベストソング集を紹介しているのですが、ラジオ業界についても極私的ながら気になった出来事をまとめてみます。とはいえ昨年の流れを踏まえたものが少なくなく、且つ今年は大きな出来事が多くはなかったと考えるゆえ(特に…

2018年下半期 私的邦楽ベストを選んでみました

昨日に続き、邦楽の楽曲単位でのベストをセレクト。 毎年上半期と下半期、および年間を通して、極々私的ながら邦楽ベストを選出しています。今回は今年下半期編です。 <2018年上半期 私的邦楽ベスト (2018年12月22日作成)> ◯ 作成時のルール ・今年下半期(…

2018年下半期 社会的ヒット10曲を選んでみました

12月16日に放送した『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)では、DJのしょうごくんセレクトによる今年下半期話題の音楽総決算特集をお送りしました。お聴きくださった皆さん、ありがとうございます。 さて今回、このエントリーでは下半…

合算ランキングを発表しても募る不信…オリコンは誰のためにある?

今週水曜から開始されたオリコンのシングルおよびアルバムの合算ランキングについて、詳細等は一昨日のブログエントリーに掲載しました。 そこでその合算ランキングと、先んじて合算をスタートさせたビルボードジャパンソングスチャートで比較しようとしたの…