face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ゴスペル

ビヨンセ「Love On Top」がラジオから二度も流れる週末が楽しい

ラジオでふと、自分が好きな曲がかかると嬉しくなります。しかも先週末に二度も。 この後、夕方17:00からは #jwave MUSICOLOGY。今週はライブドキュメンタリーも話題の歌姫『ビヨンセ』ゲストには音楽プロデューサーのSTYさん(@STYjp)、R&Bシンガー RIRIさん…

R&B/ゴスペルプロデューサーのフレッド・ジャーキンス、昨年初のゴスペルリーダー作をリリースしていた

最新5月25日付の米ビルボードゴスペルソングスチャートもカーク・フランクリン「Love Theory」が登場16週目にして16週連続の首位を獲得。来週アルバムがリリースされることもあり、アルバムのチャート登場後にソングスチャートでも勢いがさらに増し、「Love …

ゴスペル新鋭の作品に招聘されフックアップする”ミスター・トークボックス”に注目

弊ブログで随時追いかけている米ビルボードゴスペルソングスチャート。5月18日付でもカーク・フランクリンが強く、「Love Theory」は登場15週目にして15週連続で首位の座に就いています。 そんな中、「Love Theory」の1ヶ月前にチャートに初登場したこの曲が…

カーク・フランクリンをはじめ5月はゴスペルが熱い! 注目の新譜を紹介

昨日は最新5月4日付米ビルボードソングスチャート速報をお送りしました。 次週嵐が巻き起こりかねないソングスチャートに対し、最新5月4日付米ビルボードゴスペルソングスチャートではカーク・フランクリン「Love Theory」がひとり勝ちの状態に。今週登場13…

フレッド・ハモンドの新曲、カーク・フランクリンのニューアルバム告知…ゴスペルクワイアの動き盛んに

最新4月6日付の米ビルボードゴスペルソングスチャートはカーク・フランクリン「Love Theory」が登場9週目にして9週連続首位をキープという無双状態となっています。2位以下はソロ歌手による作品が多く、(カーク・フランクリン単独名義とはなっていますが)ク…

日本でも馴染みの深いゴスペル歌手、カート・カーの6年ぶりの新曲登場

待望。なんと6年ぶりの新曲です。 I’m so excited that my first single in 6 years, #BlessSomebodyElse is available EVERYWHERE! I promise you, this song will Bless you and hopefully encourage you to “Bless Somebody Else.” Get it now! #NewMusic…

スーパーボウル前に開催されたゴスペルイベントから、ゴスペルの"今"を知る

最新、2月16日付米ビルボードゴスペルソングスチャートではカーク・フランクリン「Love Theory」が2連覇。以前予想した通りの状況となっています。 この曲は、5月にカーク・フランクリンが主催するフェスの宣伝を兼ねてのリリースでは…と書いたのですが、も…

米ゴスペルソングスチャート、次週は首位交代? カーク・フランクリンの新曲が発表

最新2月2日付の米ビルボードゴスペルソングスチャートではトリー・ケリー feat. カーク・フランクリン「Never Alone」が4連覇を達成。前週同様、ライバルだったコリン・ホーソーン「Won't He Do It」(今週2位)が赤丸付いていないため、しばらくは「Never Alo…

トリー、コリン、そしてR.ケリー…ゴスペルチャート最新動向

弊ブログで定期的に追いかけているのが米ビルボード、ゴスペルソングスチャート。自分が以前クワイア(ゴスペルにおけるコーラス(隊))に所属していたことが大きい故、今後もチェックしていきます。 最新1月26日付ゴスペルソングスチャートではトリー・ケリー …

ここ数週で米ビルボードゴスペルソングスチャートが面白いことになっている

1月7日付のビルボードジャパンソングスチャートが昨日発表されました。今日は1月14日分が発表され、2日連続で2週分が公開されることもあり、このブログでは明日まとめて取り上げます。 今日は米ビルボードからひとつかみ。ここ数週でゴスペルソングスチャー…

近年のゴスペルヒットを集めたコンピレーション『WOW Gospel 2019』トラックリスト

アメリカのこの1年間のゴスペルヒットを多数収録したコンピレーション、『WOW Gospel』シリーズ。最新2019年版のCDが今月リリースされます。ということで、トラックリストを下記に記載。 1月18日発売『WOW Gospel 2019』トラックリスト ※順位は米ビルボード…

ラジオエアプレイ4週1位、Official髭男dism「Stand By You」のアコースティックバージョンはゴスペル的だ

昨日発表された、最新11月12日付ビルボードジャパンソングスチャート。 【ビルボード】24万枚を売り上げた米津玄師「Flamingo」が4冠で総合首位獲得 100位以内に10曲がチャートイン https://t.co/OZPwCwPh2r pic.twitter.com/a6Vctan1yn — Billboard JAPAN (…

今流行のR&B/ヒップホップのあらゆるトレンドを押さえた? ジョーダン・アームストロングのゴスペル作『Blsd』

米ビルボード最新チャートをひとつかみ。 11月3日付ゴスペルソングスチャートで24位に初登場を果たしたジョーダン・アームストロング「Favor」。一聴するとアダルトなR&Bですね。R&Bっぽいけど歌詞はゴスペルという方は少なくないものの、ここまで大人な感じ…

「Lovely Day」カバー合戦を機に、ビル・ウィザースのオリジナルとカバーをチェック

先週日曜の『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)で50位にランクインしていたのが、ホセ・ジェイムズ feat. レイラ・ハサウェイ「Lovely Day」。ビル・ウィザースによる名曲のカバーであり、先月発売されたビル・ウィザーストリビュートからのナンバー…

ゴスペル/R&Bプロデューサー、ウォーリン・キャンベルを巡るあれこれ

今週月曜に続いて、”攻めのゴスペル”最新曲を紹介。 前週10月6日付米ビルボードゴスペルソングスチャートで3位に初登場を果たしたのがエリカ・キャンベルとウォーリン・キャンベルによる「All Of My Life」(最新10月13日付では14位に急落)。これが実に逞しい…

イギリス発最新良質R&Bコンピレーションに収められたゴスペルスムースダンサー

ヒットチャートを上昇するものだけが良曲ではありません…と書くと日米のチャートを紹介するブログにあるまじき表現に思われそうですがしかし、たとえばR&Bにおいてはインディを中心に良作をコンパイルしたアルバムが毎年リリースされ、好事家の人気を集めて…

マライア・キャリーとゴスペル、そして2000年代名曲の共作者の訃報

私にとって、マライア・キャリーといえばゴスペルなのです。 今秋ニューアルバムをリリースする模様のマライア、そのアルバムからの先行曲(正式なシングルとは異なる模様らしいのですが)、「GTFO」が昨日の『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)で89位…

トーリーVSコリン、ゴスペルソングスチャートを制したのは?

トーリー・ケリーのセカンドアルバムにして、あのカーク・フランクリンが全面的に制作を手掛けた『Hiding Place』が今月14日に発売されました。 9月29日付米ビルボードアルバムチャートでは35位に初登場。前作『Unbreakable Smile』(2015)の2位からは大きく…

この2年でもこんなに生まれている、"J-Pop×ゴスペル"楽曲集

邦楽には、時折ゴスペルを基調とした曲が登場します。とはいえ宗教観を踏襲したものではなく、クワイア(ゴスペルにおけるコーラス)の引用、音楽的黒さをベースにしているのですが、しかしながらゴスペルを歌った経験のある身には抗えない魅力があり、弊ブロ…

トーリー・ケリー、次作はゴスペル...あのカーク・フランクリン全編参加

驚きました。 カーク・フランクリン全面プロデュース! 2016年のグラミー賞で新人賞候補となり、映画『SING/シング』への出演でも知られるトーリー・ケリーが、自身初のゴスペル作品を9月に。全曲をカーク・フランクリンが手がけ、ザ・ハミルトーンズやレク…

ゴスペルソングスチャートを駆け上がるトッド・デュラニーの前職に驚く

最新、8月25日付米ビルボードゴスペルソングスチャート。以前紹介したコリン・ホーソーン「Won't He Do It」が通算23週目の首位を獲得し、女性による楽曲での首位獲得週数が歴代2位タイとなりました。 そんな中、ジリジリとランクアップを続け最新チャートで…

アレサ・フランクリン、ゴスペルアルバムチャートを制す

最新8月25日付、米ビルボードアルバムチャートにて、先日亡くなったアレサ・フランクリンのベストアルバム、『30 Greatest Hits』が7位にランクインを果たしました。 トップ200にランクインしたアルバムはこの1枚のみでしたが、木曜締めとなる(すなわち集計…

極私的、ゴスペルを聴くことの意義

Twitterのタイムラインに流れてくる不条理な現実やその事項への反応における心無い、相手を平然と傷つけて構わないとする言葉に侵され、毒を溜め込み、デトックスが必要な状況に陥っている自分がいます。そんな今、この曲を聴いて少し心が和らいだ気がします…

新人ゴスペル歌手コリン・ホーソーン、米ゴスペルチャートで驚異的な記録を更新中

日本時間の先週火曜日に発表された、最新8月4日付米ビルボードゴスペルソングスチャート。新人コリン・ホーソーンによる「Won't He Do It」が9週連続、通算20週目の首位を獲得しています。 Koryn Hawthorne extends reign atop Hot Gospel Songs to 20 weeks…

「In This Room」と「In The Room」と

個人的なゴスペラーズへの盛り上がりは一昨年のシングル「Recycle Love」にはじまったのですが(ちなみにダブルAサイドである「GOSWING」はブルーノ・マーズより前にニュー・ジャック・スウィングを取り入れたもの)、今回も素晴らしい作品を送り込み、歌詞を…

重厚なゴスペルクワイアを効果的に取り入れた最新ヒット

およそ1年9ヶ月ぶりとなる宇多田ヒカルさんのオリジナルアルバム『初恋』が今週リリースされました。冒頭を飾る「Play A Love Song」で、後半のゴスペルクワイアの登場に驚いた方も少なくないはず。自分は以前から邦楽とゴスペルとのつながりについて幾度と…

花*花「あ~よかった」はゴスペル(的)だった

ラジオの嬉しいところは、不意に素晴らしい音楽に出逢えるということ。新曲は勿論のこと、懐かしい曲の(リリース当時には分からなかった)新たな側面を教えてくれることもまた然り、なのです。 TBSラジオ「アフター6ジャンクション」生Liveゲスト、無事終了致…

ジャンルをきちんと示さないと思しきレコード会社への不安と、ゴスペル歌手ジェイソン・チャンピオンの現在

先日、J-WAVEチャートで好調だとして紹介したのがケイシー・マスグレイヴス「High Horse」。 『J-WAVE TOKIO HOT 100』(日曜13時)の最新5月27日付チャートでも16位にランクイン。国内盤リリースは7月4日ゆえ、この勢いを維持出来るかどうかにレコード会社の…

米ゴスペルソングスチャートで初登場トップに立ったのはあの結婚式披露曲

最新6月2日付、米ビルボードゴスペルソングスチャートに異変が。通算11週首位の座をキープしていたコリン・ホーソーン「Won't He Do It」を破り新たにその座に就いたのがカレン・ギブソン&ザ・キングダム・クワイア「Stand By Me」。曲名にピンと来た方も多…

BETアワードノミネート曲に、ゴスペルの多様化をあらためて知る

アメリカのケーブルテレビ局、BETによる毎年恒例の"BETアワード"。そのノミネーションが先日発表されました。 来月LAで開催されるBET Awards 2018の各部門のノミネートが発表 DJキャレドが最多の6部門でノミネートされており、ケンドリック・ラマーが次いで5…