face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

チャート分析

三代目J Soul Brothers「Rat-tat-tat」が今になって新たなミュージックビデオを発信した理由とは

三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが今週、「Rat-tat-tat」の新たなミュージックビデオを公開しました。 "Rat-tat-tat Challenge Special Movie"が遂に完成しました✨投稿していただいた皆さんのダンス動画と「Rat-tat-tat」MUSIC VIDEOをミックスした…

Official髭男dism「I LOVE...」は『恋つづ』効果で年間1位も射程圏内?…3月16日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 3月2~3月8日を集計期間とする3月16日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週首位のHey! Say! JUMP「I am」は54位へ急落、新たな1位はJO1のデ…

BTS「On」が最新の米ソングスチャートで64ランクの急落…この動向をどう捉えるか

昨日、最新3月14日付米ビルボードソングスチャートの速報を発表したのですが、ブログエントリー更新前後にBTS「On」の動向が入ってきました。 他方、今回のブログエントリーを書き終えた頃に入ってきたのが #BTS「#On」の今週の順位 https://t.co/8iqWzIHokG…

CDリリースから1ヶ月半が経過、あらためてSnow Man「D.D.」とSixTONES「Imitation Rain」のロングヒットや年間ソングスチャート上位進出の可能性を考える

先週水曜に発表された最新3月2日付ビルボードジャパンソングスチャートでは、Snow Man「D.D.」が7位に、SixTONES「Imitation Rain」が9位にランクイン。「D.D.」は5週連続トップ10入り、「Imitation Rain」は返り咲き且つ通算4週目のトップ10入りを果たして…

遂にaikoがサブスク等デジタル解禁…きっかけは踊ってみた動画?

遂に。 【お知らせ】aikoのこれまでリリースしたデビュー曲「あした」から本日2月26日発売の最新シングル「青空」まで、カップリング曲、アルバム曲を含むすべての楽曲全414曲のサブスクリプション・ダウンロード配信がスタート致しました!詳細はこちら→htt…

ビルボードジャパンソングスチャートから真の社会的ヒット曲を探す2つの方法

このブログでビルボードジャパンソングスチャートを追いかけるようになった理由に、旧来のランキングでは流行を十分に追えないということがあります。2000年代に入りデジタルの進歩やコピーコントロールCD等によるCD離れ(レコード会社への不信)等もあり、CD…

「I LOVE...」「Bad Guy」はロングヒット確定? 2月17日付ビルボードジャパンソングスチャートにみる大ヒット曲との共通項

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 2月3~9日を集計期間とする2月17日付ビルボードジャパンソングスチャートはOfficial髭男dism「I LOVE...」が制しました。昨日シングルCDがリリース…

SixTONES「Imitation Rain」およびSnow Man「D.D.」がロングヒットに至るために必要な指標とは? 2月3日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 1月20~26日を集計期間とする2月3日付ビルボードジャパンソングスチャートは2曲が4万ポイントを超えるという熾烈な争い。SixTONES「Imitation Rain…

「紅蓮華」「パプリカ」は紅白効果がもっと出てよかったはず…ポイント取りこぼしはあってはならない

先週水曜に発表された、最新1月13日付ビルボードジャパンソングスチャートは上位5曲がすべて『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の披露曲で占められており、視聴率や内容如何にかかわらず紅白の影響力が絶大だと実感させられます。しかし、5強の指標別順位をCHAR…

『NHK紅白歌合戦』はビルボードジャパンソングスチャートのどの指標に影響を及ぼすのか

昨年大晦日の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の視聴率が芳しくないことを機に、低調の予兆はあった云々の記事がスポーツ誌を中心に登場していますが、そのような後出しジャンケンをして咎めるよりも、内容を客観的に精査した上で"ならばどうすべきだったか、…

ビルボードジャパンソングスチャート、ラジオで語られた各指標の詳細が興味深い

昨日はビルボードジャパンソングスチャートへの改善案を提示しました。 【ブログ更新】ビルボードジャパン(@Billboard_JAPAN)は年末年始に伴い1月5日付ソングスチャートの発表はお休み(1月8日発表予定)。今日は最新チャート紹介の代わりに、昨年中身が充実し…

ザ・ウィークエンド「Heartless」の米ソングスチャート急落新記録、実はそこまで憂える必要はないのでは

最新12月21日付米ビルボードソングスチャートにおいて、ザ・ウィークエンド「Heartless」が前週の首位から17位に急落し、首位獲得翌週の大幅ダウン記録を更新してしまいました。 上記ブログエントリーにおいて、この記録を『なんとも日本らしい記録』とあた…

今日のビルボードジャパンソングスチャート発表前に、嵐のSpotify動向をまとめる

11月3日のYouTubeでの発表以降、嵐の動向には多くの注目が集まっています。同日にはシングルCD表題曲およびデジタル限定の新曲「Turning Up」をリリースしましたが、集計期間1日弱にもかかわらず11月11日付ビルボードジャパンソングスチャート10位にその新曲…

サブスクリプションサービスの新たなヒットの形…著名人のプレイリストは楽曲躍進の原動力になることが証明される

嵐がCDデビュー20周年に当たる11月3日に全シングル曲および新曲をデジタルで解禁したことのインパクトの大きさは、解禁からわずか5時間でデジタル限定シングル「Turning Up」がビルボードジャパンソングスチャートトップ10入りを果たしたことから明らかです…

ラグビー特需があったとはいえない? 嵐「BRAVE」のチャート動向を前作およびサブスク等解禁の5曲と比較すると

最新ビルボードジャパンソングスチャートでOfficial髭男dism「Pretender」が遂に首位を獲得したタイミングで、その首位獲得曲のほとんどはシングルCDセールス指標に特化したもの多いことを一昨日のエントリーで示しました。その上で、そのようなタイプの楽曲…

ビルボードジャパンソングスチャートを構成する8つの指標について、ウェイトならびに中身見直しを提案する

弊ブログで毎週その動向を追いかけているビルボードジャパンソングスチャートは、時代毎に集計対象となる指標を増やしたり指標毎のウェイトを変えることで、今の社会の真のヒットとは何かを常に自問自答しています。今年度はカラオケ指標を導入し、チャート…

ちゃんみな「Never Grow Up」がTikTok発でバイラルヒットへ…ヒットの源にあるメディアはもしや

先日Novelbright「Walking with you」について取り上げたReal Soundの記事公開直前、偶然にも彼らが『めざましテレビ』(フジテレビ系)にVTR出演していました。 明日の「Check!」のコーナーでは、今大注目のロックバンド“Novelbright”のみなさんを「Check!…

IZ*ONE日本向けシングルのチャート失速にみる、日本向け楽曲の"コレジャナイ感"

今週水曜に発表された、10月21日付ビルボードジャパンソングスチャート。2週前に首位に立っていたはずのIZ*ONE「Vampire」が100位圏外(300位以内)となり、あっという間に姿を消してしまいました。 しかし、実は前のシングル「Buenos Aires」も1→32位→100位圏…

ビルボードジャパンアルバムチャートにおけるデジタルの考え方について、最新チャートから推測してみる

今日も最新のビルボードジャパンチャートについて取り上げます。 10月14日付ビルボードジャパンアルバムチャートはMrs. GREEN APPLE『Attitude』が初登場で首位を獲得しました。 が、チャートを構成する3指標のうち、アルバムCDセールスおよびルックアップ(…

1指標に特化した曲は社会的なヒットといえるか? ダウンロードの場合を調べてみる

ビルボードジャパンソングスチャートのトップ5にランクインした楽曲のうち、シングルCDセールスのみがトップ10入り(他指標は全てトップ10未ランクイン)したものはロングヒットせず翌週急落、果ては1週で100位圏外となるものが多いため、【チャート構成比に占…

シングルCDセールスのみに特化し他指標を伴わない曲は社会的なヒットといえない…この春以降のチャート登場曲から提示する

以前紹介したブログエントリーに関して、その後を追いかけます。 シングルCDセールス初加算週とその翌週の2週分をチェックすることでその楽曲が真のヒットかを見極めることが出来、翌週の急落は他指標でシングルCDセールスの下落を補填出来なかったことを意…

「Old Town Road」天下は来週まで? 再来週はアリアナ・グランデが米ソングスチャートを制する予感

弊ブログへのアクセスが一昨日昨日と2日続けて23時台に急伸したのですが、『news zero』(日本テレビ 月-木曜23時、金曜23時30分)でリル・ナズ・Xについて取り上げたことがきっかけの模様です。彼が放った「Old Town Road」が、ビリー・レイ・サイラスの尽力…

歌い手ジャンルが音楽チャートをさらに駆け上がるためには、ライト層を作り育てることが必要である

最新7月29日付のビルボードジャパン各種チャートで注目すべき存在が。それは歌い手のそらるさん。アルバム『ワンダー』はアルバムチャート初登場2位を果たし、リード曲「海中の月を掬う」はラジオエアプレイ指標で4位、ソングスチャートで94位にランクインし…

最新7月29日付ビルボードジャパンソングスチャート、Official髭男dism「Pretender」から見えてくるチャート構成8指標の特徴

7月15~21日を集計期間とする、7月29日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートは日向坂46「ドレミソラシド」がトップに立ちました。 【ビルボード】日向坂46「ドレミソラシド」448,819枚を売り上げTWICEを抑え3冠で総合首位獲得 …

米チャートのカンフル剤となる”リミックス”の面白さ…ビリー・アイリッシュ with ジャスティン・ビーバー「Bad Guy」は首位の座を射止めるか

ビリー・アイリッシュが、大ファンとするジャスティン・ビーバーを迎えた「Bad Guy」のリミックスを、現地時間の今週木曜夜に急遽リリースしました。 ビリー・アイリッシュ、憧れのジャスティン・ビーバーとのコラボ「bad guy (with Justin Bieber)」をリリ…

米津玄師「Lemon」がビルボードジャパン最新チャートで初の二桁順位に…次週トップ10内をキープ出来るか

一昨日発表された、6月17日付ビルボードジャパンソングスチャートでチャート好事家の注目を集めているのが、米津玄師「Lemon」。今回10位となり、初の二桁順位となりました。 「Lemon」はドラマ『アンナチュラル』(2018 TBS)の主題歌となり大ヒット。デジタ…

リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」、アメリカでの最長1位記録更新は堅い? 特大ヒットに至った理由を考える

日本時間の昨日発表された、最新6月15日付米ビルボードソングスチャート。リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が10週連続10週目のトップを獲得したことは昨日お伝えした通りです。 チャート速報後間もなく、米ビルボードのTwitter…

日本に韓国文化が浸透していることはチャートが証明してくれる…BTSのチャート動向から考える

もはや春の大型連休を代表するイベントと言っても過言ではない弘前さくらまつり。人気屋台に行列が出来るこの祭りで、お化け屋敷近くの唐揚げ屋や三忠食堂等、以前から人気の店舗に加え、"新顔"な食べ物の屋台2つ共に行列が…それがチーズドッグ。韓国発のと…

YouTubeの”プレミア公開”は日本で徹底されるのかについての私見

今週記した、エド・シーラン「Shape Of You」のヒット分析についてたくさんの反響をいただきました。 その中で特に、音楽ジャーナリストの柴那典氏が弊ブログを引用していただきつつ、追記している内容に強い興味をいだいた次第。 付け加えるならば、これはA…

Official髭男dism、「Pretender」が旧譜を牽引し大ブレイクの流れに突入か

今週水曜に発表された、6月3日付ビルボードジャパンソングスチャートをみるに、Official髭男dismが大ブレイクの流れに入ったといっていいでしょう。「Pretender」のシングルCDセールスおよびルックアップ両指標がチャートで初加算される直前に一度楽曲の動向…