face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ヒップホップ

RHYMESTERが"本人参加型カバー"で名曲に与える新たな息吹

今週リリースされた、椎名林檎さんのトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』がとても素晴らしく、個人的には(同作に小袋成彬さんと共に参加した)宇多田ヒカルさんのトリビュートアルバム『宇多田ヒカルのうた - 13組の音楽家による13の解釈について -』…

"ヒップホップ×ゴスペル定番曲"は今後のトレンドになるか

近年の米ビルボードゴスペルソングスチャートには、R&Bやヒップホップといった他ジャンルの方々が多数ランクインし、最新5月12日付においてはチャーリー・ウィルソンとT.I.のコラボ、ニッキー・ミナージュ、ティンバランド、スヌープ・ドッグ、トリー・ケリ…

(追記あり) ドレイクも不利に? 米ビルボード、ストリーミング算出方法を7月13日付分から変更

チャートアクションを確認する身としては、とても大きなニュースが飛び込んできました。 米ビルボード・チャート、ストリーミング算出方法を6/29より変更 https://t.co/3pLtxYa719 pic.twitter.com/D2iHOmVc3L — Billboard JAPAN (@Billboard_JAPAN) 2018年5…

2018年上半期を席巻するドレイク、そのヒットの理由をチャートアクションから推察する

ドレイクの凄まじさをおさらい。 ラッパーのドレイクによる「God’s Plan」が初登場で米ビルボードソングスチャートの首位に立って以来、先週まで11週連続でその座をキープ。最新チャートはで同じくドレイク「Nice For What」に首位の座を譲ったものの、2曲で…

ラッパーのスヌープ・ドッグが最新ゴスペルチャートに2曲送り込む

この方が"ゴスペル"に挑むことに未だ驚きがあることは否めないのですが、チャート上では早くも結果を出しています。デビューアルバムから今年でちょうど四半世紀、ラッパー...それもギャングスタ・ラップを牽引してきたスヌープ・ドッグによる2曲が、最新3月…

ジャネル・モネイも用いた"舌鳴らし"、その楽曲集

近年は女優として活躍するジャネル・モネイの、久々のアルバムが来月リリースされるのですが、先行曲がまさに"殿下印"。 先週金曜、J-WAVEでこの曲が紹介されていたのですが、続けざまにかかったのがプリンス&ザ・レボリューションのこの曲。 なんでもプリ…

歌モノ主体のゴスペルソングスチャートにランクインしたラッパー、サー・ザ・バプティスト

ゴスペルが俄然面白くなっている気がするのです。"面白い"というのは語弊があるのかもしれませんが、近年はゴスペルとラッパーとの関係が親密になっており、以前ターシャ・コブスの曲にニッキー・ミナージュが客演した際、一度記載しました。 上記は米ビルボ…

カントリー×ヒップホップで提示する、スポーツマン賛歌

最新1月27日付米ビルボードソングスチャート。以前トップ10の速報をお伝えしましたが、47位に初登場した作品に驚かされました。 カントリー歌手のキャリー・アンダーウッドがベテランラッパーのリュダクリスと組んだ「The Champion」がランクイン。ロックテ…

ソウル・トレイン・アワードにノミネートされたチャンス・ザ・ラッパーの”位置付け”に感心する

ブラックミュージックの祭典、ソウル・トレイン・アワードが今度の日曜に発表され、月末にテレビで放送されます。 この記事ではヒップホップやR&Bをメインに紹介されているのですが、個人的に注目すべきはベスト・ゴスペル/インスピレーショナル・アワードで…

昨日のラジオでお届けしたジャパニーズヒップホップ一覧

昨日はFMアップルウェーブ『わがままWAVE It's Cool!』を聴いていただき、ありがとうございます! DJじんいちくんが選んだヒップホップ、カラフルなラインアップで個人的にも発見の多い回になりました。これを機に日本のヒップホップを気に入る方が増えたな…

ゴスペルアルバムへの世俗ラッパーの登場はトレンドとなるか?

ゴスペルの若き実力派、ターシャ・コブス・レナード。以前彼女の新曲「Great God」について取り上げました。 この曲のチャートアクションが芳しくなかったのか、立て続けにキエラ・シェアードをフィーチャーした「Your Spirit」、そして「Gracefully Broken…

RHYMESTER、アルバム先行曲のミュージックビデオを公開

ラジオエアプレイ好調、絶好なタイミングでの公開となりました。 【MV「Future Is Born feat. mabanua」公開】9/6発売アルバム『ダンサブル』より、リードトラック「Future Is Born」のミュージックビデオを公開いたしました。80s, 90s、そして今、未来。 ht…

【Diggin'】90年代以降R&B/ヒップホップにおける"Family Song"

星野源さんが今週リリースしたシングル、「Family Song」が大ヒット中です。 アイドルを抑えて現在セールスチャート首位。セールス単体のみならず、その他の指標を加えればビルボード・ジャパンの総合ソングスチャートは間違いなく制しそうです。 この曲、一…

米ビルボードソングスチャートから遂に彼の名が消える

米ビルボードにおいて、まもなく偉大な記録が生まれかねないということを昨日記載したのですが、一方この偉大な記録が遂に途絶えてしまいました。 Drake isn't on the Billboard #Hot100 for the first time since 2009 https://t.co/HGF3iYoIft pic.twitter…

夏開ける、RHYMESTERの夏ソング

青森は昨日開幕した黒石ねぷた祭りを皮切りに、八戸の三社大祭、弘前ねぷたまつり、青森ねぶた祭、五所川原立佞武多...をはじめ、大小様々な祭りが開催されます。隣の秋田県でも竿燈まつりが行われるなど、この1週間ちょっとの間に東北は一気に夏モードに。 …

RHYMESTERは“演歌”だ

先日、『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)にRHYMESTERのMummy-DさんとDJ JINさんが出演。その際、クリス・ペプラーさんが新曲について”王道のライムス節”と話していたのが印象的でしたが、直後にMummy-Dさんが演歌だと例えていたことに、めちゃめち…

ここにもミーゴス化? クリスチャン/ゴスペルラッパー、レクレーの最新ヒット「Blessings」

最新6月10日付、米ビルボードクリスチャンソングスチャートで2位に到達したのが、クリスチャン / ゴスペルラッパーのレクレーによる「Blessings」。R&Bシンガーのタイ・ダラー・サインをフィーチャーしたこの曲、ライムのクリスチャン的な部分を気にしないの…

米ソングスチャート、DJキャレド等による「I'm The One」がナンバーワンに

米ビルボードソングスチャートを定点観測。 現地時間の5月8日月曜(日本時間の火曜早朝)に発表された、5月20日付最新チャート。先週ケンドリック・ラマー「Humble.」から首位の座を奪ったブルーノ・マーズ「That's What I Like」が早くも陥落。代わりに1位に…

ジャイアントカプリコのCMナレーション、声がいい意味で引っ掛かる

このCMをテレビではじめて観た時、ナレーションの声におっ!となりました。 (WebでのCM掲載は7月1日までとのことなのでご注意を。) ロバート秋山さんのインパクト強めなCMですが、ナレーションの癖のある声も忘れがたいと思いませんか? この声の持ち主は、M…

フランク・オーシャン、カニエ・ウェスト…グラミー賞ボイコット組を憂う

日本時間の2月13日(月曜)に開催される、第59回グラミー賞。その授賞式に、複数部門でノミネートされているカニエ・ウェストとジャスティン・ビーバーが出席しない模様だ、と伝えられています。 1月31日の記事ゆえ情勢は変わるかもしれませんが、カニエとジャ…

アルバムチャートが全米を制したミーゴスが放つ、有名人を冠した曲

昨日速報をお伝えした、2月18日付、米ビルボードソングスチャート。最新作『Culture』で同週のアルバムチャートを制したミーゴスの楽曲が100位中7曲エントリーを果たしており、人気や注目の高さを物語っています。 そんな中で気になったのが、58位にエントリ…