face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ビルボードジャパン最新チャートひとつかみ

複合指標のビルボードジャパンソングスチャートにおけるAKB48の弱さ/乃木坂46の強さを、シングルCD以外から検証する

今週水曜に発表された、最新3月30日付ビルボードジャパンソングスチャートではAKB48「失恋、ありがとう」が首位を獲得しました。一昨日のブログでも紹介しています。 一方、今週シングルCDをリリースした乃木坂46「しあわせの保護色」は、次週4月6日付の首位…

THE YELLOW MONKEY「未来はみないで」、エミネム feat. ジュース・ワールド「Godzilla」から感じるサブスク歌詞表示の重要性

一昨日発表された3月30日付ビルボードジャパンソングスチャートでは、THE YELLOW MONKEY「未来はみないで」が登場2週目にして10位に上昇、トップ10入りを果たしました。 Spotifyで複数回聴くうちにこの曲の好さにハマったのですが、同サービスで表示される歌…

ドラマの最終回に合わせて曲はピークに、Uruのリリースタイミングも効果あり…3月30日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 3月16~3月22日を集計期間とする3月30日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週首位のOfficial髭男dism「I LOVE...」は2位へ後退、AKB48「失恋…

シングルCDセールスが目立つ歌手の弱点とは?ロングヒットに至らせるための方法を考える

一昨日発表された、3月23日付ビルボードジャパンソングスチャート。Official髭男dism「I LOVE...」の勢いの凄まじさについては昨日触れました。 そしてこの勢いは、ビルボードジャパン以外の媒体でも伝えられています。 Official髭男dism「I LOVE…」が新たな…

3月23日付ビルボードジャパンソングスチャートは「I LOVE...」の首位返り咲きを筆頭にOfficial髭男dismが寡占、その内容をどう読むか

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 3月9~3月15日を集計期間とする3月23日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週首位のJO1「無限大」は6位へ後退。Official髭男dism「I LOVE...…

「POISON」「3月9日」は「カブトムシ」に学んでほしい…いつどんなリバイバルヒットが生まれてもいいように”受け皿”を充実させよ

ネットのバズがリバイバルヒットを生み出す…最新3月16日付ビルボードジャパンソングスチャートからはそのような例が確認出来ます。 1998年7月にリリースされた反町隆史の「POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~」が、赤ちゃんに聞かせると泣き止む…

最新のストリーミングソングスチャートにみる、サブスク人気曲の3つの特徴

最新3月16日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週首位を獲得したHey! Say! JUMP「I am」が54位へ急落したことについて、昨日私見を掲載しました。 サブスクの再生回数を基とするストリーミング指標がこの1、2年で盛り上がっていることにより全体のポ…

Hey! Say! JUMP「I am」急落はストリーミングの興隆が一因? 行うべき対策は何か

昨日紹介した最新3月16日付ビルボードジャパンソングスチャートでも触れましたが、前週首位を獲得したHey! Say! JUMP「I am」は54位に急落してしまいました。今回、このことが強く気になっています。 2018年度以降、ジャニーズ事務所所属歌手の動向を追いか…

Official髭男dism「I LOVE...」は『恋つづ』効果で年間1位も射程圏内?…3月16日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 3月2~3月8日を集計期間とする3月16日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週首位のHey! Say! JUMP「I am」は54位へ急落、新たな1位はJO1のデ…

Official髭男dism「I LOVE...」のロングヒットを支えるドラマ『恋つづ』人気…3月9日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 2月24日~3月1日を集計期間とする3月9日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週首位の日向坂46「ソンナコトナイヨ」は7位へダウン、新たな1位…

CDリリースから1ヶ月半が経過、あらためてSnow Man「D.D.」とSixTONES「Imitation Rain」のロングヒットや年間ソングスチャート上位進出の可能性を考える

先週水曜に発表された最新3月2日付ビルボードジャパンソングスチャートでは、Snow Man「D.D.」が7位に、SixTONES「Imitation Rain」が9位にランクイン。「D.D.」は5週連続トップ10入り、「Imitation Rain」は返り咲き且つ通算4週目のトップ10入りを果たして…

今週デジタル解禁したaiko、既にビルボードジャパンソングスチャートで「カブトムシ」が再浮上している理由は

一昨日サブスク等デジタル解禁に至ったaikoさんについては、その解禁を後押しした要因の推測を軸に、解禁日にその旨を記載しました。 解禁日を集計期間に含む3月9日付ビルボードジャパンソングスチャートで何曲が登場するか気になりますが、それに先駆けてサ…

ビルボードジャパンの更新乱れ問題の原因を推測し再発防止と求めると共に、チャート更新の改善策を提示する

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。が、今回はいつもと内容が異なります。 2月17~23日を集計期間とする3月2日付ビルボードジャパンソングスチャート、Official髭男dism「I LOVE...」の…

薬物問題について、音楽業界をはじめとする対応の変化を思う

ビルボードジャパンが毎週水曜に更新する最新チャートについて、翌日までに振り返りポッドキャストを配信しています。いわゆる中の人の緩い喋りが特徴的なこのポッドキャストでは最新2月24日付チャートの他、MCの太田明宏さんがヒップホップ好きなことから最…

CDリリースは曲のさらなるステップアップのための施策…2月24日付ビルボードジャパンソングスチャートにみるOfficial髭男dism「I LOVE...」のCD効果

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 2月10~16日を集計期間とする2月24日付ビルボードジャパンソングスチャート、Official髭男dism「I LOVE...」が2連覇を達成しました。 【ビルボード…

Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」がロングヒットのフェーズへ…さらなる施策と、やるべきでなかった施策

先週水曜に発表された最新2月17日付ビルボードジャパンソングスチャート、100位以内にはOfficial髭男dismおよびKing Gnuが8曲、米津玄師さんが4曲(DAOKOさんとの共演曲を含む)ランクインする等、複数曲がランクインしている歌手の勢いを感じるのですが、米津…

三浦大知「I'm Here」のサブスクリプションサービスおよびミュージックビデオ解禁遅らせ施策は成功とは言えなかった

昨日は、ビルボードジャパンが作成したソングスチャートのSpotifyプレイリストにおけるサブスクリプションサービス未解禁歌手や曲の多さによる多数の漏れについて書きました。その際、当初三浦大知「I'm Here」が漏れていた事実に対し疑問を呈する声がありま…

サブスクリプションサービス未解禁歌手やその作品は”存在しなかった”ことになる

ここでは毎週、ビルボードジャパンの最新ソングスチャートから注目ポイントを紹介していますが、毎週のチャートはSpotifyおよびApple Musicという2つのサブスクリプションサービスでプレイリスト化されています。非常に便利です。 今週のJAPAN HOT 100プレイ…

「I LOVE...」「Bad Guy」はロングヒット確定? 2月17日付ビルボードジャパンソングスチャートにみる大ヒット曲との共通項

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 2月3~9日を集計期間とする2月17日付ビルボードジャパンソングスチャートはOfficial髭男dism「I LOVE...」が制しました。昨日シングルCDがリリース…

SixTONES「Imitation Rain」およびSnow Man「D.D.」は真の社会的ヒット曲になれるのか? 2月10日付ビルボードジャパンソングスチャートから考える

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 1月27~2月2日を集計期間とする2月10日付ビルボードジャパンソングスチャート、STU48「無謀な夢は覚めることがない」がシングルCDセールスを武器に…

King Gnu「白日」のストリーミングチャート連覇に待ったをかけるか? Official髭男dism、「I LOVE…」リリースを機に「Pretender」が勢いを増す

最新2月3日付ビルボードジャパンソングスチャートはSixTONESとSnow Manの対決が大きく注目を集めたものと思われます。実際に弊ブログでも記載しました。 実はこの週における、King Gnu「白日」(総合4位)とOfficial髭男dism「Pretender」(同5位)の対決も興味…

SixTONES「Imitation Rain」およびSnow Man「D.D.」がロングヒットに至るために必要な指標とは? 2月3日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 1月20~26日を集計期間とする2月3日付ビルボードジャパンソングスチャートは2曲が4万ポイントを超えるという熾烈な争い。SixTONES「Imitation Rain…

King Gnu、アルバムチャートを制した『CEREMONY』の勢いがソングスチャートに波及…1月27日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 1月13~19日を集計期間とする1月27日付ビルボードジャパンソングスチャート、5週連続で首位に就いていたOfficial髭男dism「Pretender」からその座を…

Spotifyは遂に「白日」が「Pretender」を逆転、King Gnuは『CEREMONY』でさらなるブレイク必至

King Gnuの勢いが止まりません。アルバム『CEREMONY』はCDセールスがフラゲ日を含む2日間で16万枚を突破しました。 【先ヨミ】King Gnu『CEREMONY』が167,512枚を売り上げアルバム首位走行中 すとぷりが後を追う https://t.co/h60JeItdsK pic.twitter.com/Hy…

1月20日付ビルボードジャパンソングスチャート、前週ポイント獲得に不備があった曲の問題は解消出来たのか

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 1月6~12日を集計期間とする1月20日付ビルボードジャパンソングスチャートを制したのはOfficial髭男dism「Pretender」でした。5週連続、通算7週目の…

紅白効果はサブスクリプションサービス再生回数に如実に表れた…1月6日・1月13日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 昨年12月23~29日を集計期間とする1月6日付、および12月30日~1月5日を集計期間とする1月13日付ビルボードジャパンソングスチャートを共に制したの…

(追記あり) 「馬と鹿」がトップ10を逃したのはサブスクリプションサービス未解禁ゆえ? 12月30日付ビルボードジャパンソングスチャート上位曲と比較して見えてきた3つの数値

(※追記 (2020年1月14日19時00分):昨年12月23日付ビルボードジャパンソングスチャートにおいてラジオエアプレイ指標に誤りがあり、ビルボードジャパンではチャート公表の翌日に同指標順位および総合ポイント(一部総合順位)が訂正されています。これら訂正は…

(追記あり) チャートアクションの取りこぼしを防ぐのは誰の役割か…12月23日付ビルボードジャパンソングスチャートを例に考える

(※追記 (2020年2月27日8時5分):昨年12月23日付ビルボードジャパンソングスチャートにおいてラジオエアプレイ指標に誤りがあり、ビルボードジャパンではチャート公表の翌日に同指標順位および総合ポイント(一部総合順位)が訂正されています。ゆえに今回のブ…

ネットのバズがチャートを動かす、ただしそのためには接触指標群の充実は必須…12月16日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 12月2~8日を集計期間とする12月16日付ビルボードジャパンソングスチャートを制したのは、KinKi Kids「光の気配」でした。 【ビルボード】KinKi Kid…

King Gnu「白日」最高位更新の理由は熱の持続、back number「クリスマスソング」から考えるミュージックビデオ短尺版問題…12月9日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 今週のソングスチャートを制したのは関ジャニ∞「友よ」でした。 【ビルボード】269,512枚を売り上げ関ジャニ∞「友よ」が総合首位獲得 山下達郎「REC…