face it

チャート愛好家。ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

芸能界の問題

YOASOBIが3連覇を果たした6月15日付ビルボードジャパンソングスチャート、DISH//「猫」の合算、および『ミュージックステーション』の改善を願う

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を、ソングスチャート中心に紹介します。 6月1~7 日を集計期間とする6月15日付ビルボードジャパンソングスチャート。YOASOBI「夜に駆ける」が3週連続で首位を獲得しました。 【ビルボード…

ビルボードジャパンが2020年度上半期チャートを発表…サブスクや動画再生がヒットの要、取りこぼしはあってはならないと願う

ビルボードジャパンの2020年度上半期各チャートが今朝発表されました。 Billboard Japan 2020年上半期チャート発表 Official髭男dismが【TOP Artists】と【HOT 100】、King Gnuが【HOT Albums】首位に https://t.co/WHklFfEYfp pic.twitter.com/tjBYq7hWZD —…

次回北村匠海が出演する『Mステ』、一部の事務所を厚遇する姿勢を改めたのか注視しないといけない

コロナ禍で十分な制作が出来ないテレビ業界において、ここ最近『ミュージックステーション』(テレビ朝日 金曜21時)が攻めている、もしくは本来の音楽番組に戻りつつあるという声を耳にします。次回6月5日の放送については昨日触れましたが(『Mステ』が”愛さ…

Da-iCEがゴールデンタイムの音楽番組に登場…しかしながら拭えない疑問と、その解決策

TBSではこの春から新しい音楽番組、『CDTVライブ!ライブ!』がスタート。通常放送は月曜22時枠ですが、明日放送の初回は19時からの4時間特番となり、ゴールデンタイムで放送されます。 その初回放送、出演者の中に実力派男性ダンス&ボーカルユニット、Da-i…

話題になってもチャートでさらなる上昇に至れない? SMAP「世界に一つだけの花」のデジタル環境を残念に思う

ジャニーズ事務所は音楽面におけるきちんとしたデジタル解禁を嵐にのみ許可しているため*1、嵐以外の歌手で機会損失が起きていることは、YouTubeでミュージックビデオを解禁しながらもSixTONES「Imitation Rain」やSnow Man「D.D.」がフルバージョンではない…

三浦大知「I'm Here」のサブスクリプションサービスおよびミュージックビデオ解禁遅らせ施策は成功とは言えなかった

昨日は、ビルボードジャパンが作成したソングスチャートのSpotifyプレイリストにおけるサブスクリプションサービス未解禁歌手や曲の多さによる多数の漏れについて書きました。その際、当初三浦大知「I'm Here」が漏れていた事実に対し疑問を呈する声がありま…

退所した芸能人を救うだけでは不十分、公正取引委員会が行うべきはライバル事務所所属歌手の同時出演である

11月29日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日 金曜21時)では、スタジオにジャニーズ事務所所属歌手が不在という珍しい状況が発生。関ジャニ∞が47都道府県ツアーを行っており、終演後に大分県から中継、地元のアナウンサーも出演という構図は懐か…

6月3日付ビルボードジャパンソングスチャート首位曲からはじまる、ジャニーズ事務所所属歌手のシングルCDの展開手法を疑問に思う

5月20~26日を集計期間とする、6月3日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、総合ソングスチャートはHey! Say! JUMP「Lucky-Unlucky」が制しました。 【ビルボード】Hey!Say!JUMP「Lucky-Unlucky」が199,377枚を売り上げ初登場2冠で総合首位獲得 …

日本的アプローチは通用しない? IZ*ONEの韓国向け/日本向け楽曲で見えてきた差

NGT48の問題について、先週月曜の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)で宇多丸さんが語っていたことに強く同意します。 僕らから見て、組織全体、こういうシステムの考案者である秋元康御大はやっぱり公の場に出て、大鉈を振るってなにかを…

電気グルーヴの過度な販売自粛だけではない、ソニー・ミュージックの対応に疑問を呈する

事件に伴うレコード会社の措置に対する疑問が広がっています。 ピエール瀧の逮捕に伴うソニー・ミュージックレーベルズの対応についてhttps://t.co/hkjCkAmCcv — 電気グルーヴ/DENKI GROOVE (@DENKI_GROOVE_) March 13, 2019 電気グルーヴの販売自粛のみなら…

レミオロメン「3月9日」のチャートアクションが鈍かった理由はストリーミング引き上げにあった

ビルボードジャパンソングスチャートを毎週追いかけていると、時流を反映するチャートであることがよく解りますこの曲についてもこの時期、確かに盛り上がっています。 ・レミオロメン「3月9日」 3月4~10日が集計期間となる3月18日付ビルボードジャパンソン…

ジャニーズ事務所所属歌手のデジタルダウンロード解禁は近い? 山下智久「Reason」の動きから一縷の望みを見出す

今朝Twitterのトレンドを追いかけると、"ジャニーズ事務所所属歌手がコンサート配信"的文言があり、遂にデジタル解禁かと喜んでいたのですが、実際はジャニーズJr.に限っての生配信でした。 とはいえ既にサイトも出来ており、準備着々という状況には好感が持…

嵐は次週のビルボードジャパンソングスチャートトップ10入りは難しい? ならば嵐版”ブリ活”を提案します

弊ブログではビルボードジャパンとオリコンを比較し、ビルボードジャパンがはるかに社会的ヒットの鑑になっていることを伝えています。オリコンは今年度よりシングル合算ランキングをはじめてはいますが、その内容があくまでシングルCD主体であること、また…

合算ランキングを発表しても募る不信…オリコンは誰のためにある?

今週水曜から開始されたオリコンのシングルおよびアルバムの合算ランキングについて、詳細等は一昨日のブログエントリーに掲載しました。 そこでその合算ランキングと、先んじて合算をスタートさせたビルボードジャパンソングスチャートで比較しようとしたの…

King & Prince「シンデレラガール」が2018年楽曲でも屈指のチャートアクションを示した件…しかし勿体無い点が

先週、ブログにてKing & Princeがビルボードジャパンソングスチャートにおける総合ポイント、およびルックアップにおいて他のアイドルと異なる売れ方をしていると書きました。 ジャニーズ事務所所属のアイドルはデジタル未解禁ゆえ、デジタル3指標であるデジ…

安室奈美恵さんから私たちが学ぶべきこと

本日、安室奈美恵さんが引退します。 引退発表後にリリースされたベストアルバム『Finally』のリリース週に、自分が担当するラジオ番組『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)で彼女の音楽の変遷を振り返る特集を組みました。その際に自…

(追記あり) 安室奈美恵『Finally』デジタルダウンロード未配信の状況下における"環境の変化"

デジタルダウンロード未配信に納得していない方は多いのでしょう。ブログエントリーへのアクセス数において、長きに渡り最上位に登場するのが安室奈美恵さんのベストアルバム関連なのです。 出荷ベースではなく実売ベースでダブルミリオンを突破した『Finall…

オリコンランキング"改革"で変わるべき三者

エンタテインメント業界で昨日大きな話題となったのが、オリコンの"改革"発表。 いわば、ビルボードジャパンチャートのような複合指標に基づくランキング作りを目指すとのことですが、自分はこのブログで幾度となく指摘しており、厳しい物言いですが遅きに失…

NHKの音楽ソフト売上報道が浮かび上がらせた、2018年に改善必至な諸問題

ちょっと不可解な報道に接しました。12月24日日曜、担当するラジオ番組を終え、移動中に聴いたNHKのラジオニュース。 12月24日16時20分に掲載されたこの報道、元になっているのはオリコンのこの記事。前日の4時付けで掲載されています。 『アーティスト別の…