face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

邦楽

父の日と父親の復権を願う

自分は”嫌い”という言葉が持ち合わせる蔑視感情が大の苦手ゆえ、そのパワーワードを極力使わないようにしています。”嫌いな芸能人ランキング”等が流れてくると、アンケートの存在自体を憂うと共に、市井もまた、よくもアンケートに応えるものだ...そう思って…

最後は必ず正義が勝つ

タイトルの、あまりにもストレートな表現に一瞬、”これ、格好いいのか...?”と思ったのですが、『ミュージックステーション』でのパフォーマンスを観て、歌詞のフレーズに強く惹かれた次第。 【何か気に入らないとすぐ キレる 脅す バックレる】...ドラマの…

ビルボードジャパン2017年上半期ソングスチャートを分析~「恋」の強さ、AKB<坂道、シングルCDセールス比重の低下?

一昨日、ビルボードジャパンの今年上半期のソングスチャートが発表されました。 【News】【ビルボード】星野源「恋」が六冠で上半期総合首位獲得 欅坂46が大躍進、3曲がトップ10入り https://t.co/dbmnEDtAES pic.twitter.com/G4CqGM3uwb — Billboard JAPAN.…

ランニングと雨とキリンジと

ムラはありつつ、ランニングに勤しんでいます。こんなふうに聴きながら。 最近のBGMは『フリー・ソウル・キリンジ』(2014)。間違いなく、先日の人間交差点の影響です。とはいえ現在のKIRINJIではなく兄弟時代のほうなのですが。 橋本徹氏のセレクトは、それ…

昭和歌謡感漂う、平成の”虫の歌”三撰

昨日の『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時 サイマル放送で全国どこからでも聴くことが出来ます)、お聴きくださった皆さん、ありがとうございます。6月4日が”ムシ”という語呂合わせから、音楽特集では単純明快、虫もしくは虫の名前が…

邦楽ベストアルバムについての”4つのお願い”

一昨日紹介した安全地帯ならびに玉置浩二さんのベストアルバムは2枚組でしたが、2010年代に入ってからは”2枚組以上の” ”オールタイムベストアルバム”が目立っているように思います。たとえば、ビルボードジャパンによる2013年の年間アルバムチャートをみると…

玉置浩二のオールタイムベストにあの名曲が収録されないという無念

今週、安全地帯と共に初のオールタイムベストアルバムをリリースした玉置浩二さん。下記の収録曲解説の充実っぷりもさることながら、『在籍したレーベルの垣根を越え』てリリースというのは実に嬉しい限り。『』内は下記特設サイトより。 5月30日付のオリコ…

人間交差点2017、参戦感想と来年以降への願い

5月14日の日曜、東京お台場で行われたRHYMESTER主催フェス【人間交差点2017】に参戦してきました。 昨年に続く参戦でしたが今年も心から楽しむことが出来ました。ラインアップがいつもに増して"人間交差点的"というかジャンルレスで、自分が観た流れではSEX…

朝に似合う爽やかな、でも実はエロい曲たち

昨日のKIRINJIエントリーの流れで、こんなことをつぶやいたのですが。 朝から申し訳ないのですが、キリンジといえば冨田恵一さんとの「乳房の勾配」や、「癇癪と色気」という、爽やかに聴こえるけど実はエロいという曲がここ最近浮かんで仕方ないのです。高…

人間交差点フェス、KIRINJI弓木英梨乃の素晴らしい二面性にヤラれる

5月14日はRHYMESTER主催フェス、【人間交差点2017】へ行ってきました。RHYMESTERをはじめ出演された方々皆さん素晴らしかったのですが、そこで最も印象的だったのがKIRINJI、そしてメンバーでもある弓木英梨乃さんでした。超絶ギタープレイとかわいらしいボ…

今度のラジオはひと足早く音頭を先取り

本日、5月14日放送の『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時。サイマル放送で日本全国どこからでも聴取可能)の音楽特集は、当日が温度計の日ということでちょっとひねって【音頭】をお送りします。定番も勿論おかけしますが(とはいえ今回…

星野源「恋」がビルボードジャパンチャートで再浮上、しかしもう少し伸びなかったのかと思うその原因

最新5月15日付のビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)において、星野源「恋」が前週の12位から7位に再浮上、トップ10内に返り咲きました。 ロングヒットといえば星野源「恋」。こちらは動画1位、ダウンロード9位、ルックアップ5位と、3指標のポイン…

畠山美由紀×冨田恵一、9月発売予定のアルバムへの淡くも強い期待

ライブリポートを読んで、行かなかったことをこれほど悔やんだことはありません。それが、先月末日に開催された、畠山美由紀さんのソロデビュー15周年記念コンサート。 ゲストの堀込泰行さんによる提供曲、「若葉の頃や」を堀込さんと共に歌ったり、青森県の…

星野源「恋」がビルボードジャパンチャートでトップ10から陥落も再浮上するだろう理由

遅ればせながら取り上げるのですが、先週水曜に発表された、5月8日付のビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)において、星野源「恋」が12位に後退。遂にトップ10から陥落してしまいました。 「恋」のチャート推移は下記に。 8月29日付で一度登場し、…

極私的、"Mステに出て欲しい"男性歌手4組と出演の現実味

『ミュージックステーション』(テレビ朝日系 金曜20時 以下"Mステ")の前回放送(4月28日)の際、次回出演者の欄にジャニーズ事務所所属歌手がいなかったのですが、その枠に今回は東京B少年というグループが。検索しても公式ホームページがない状態ゆえ新ユニッ…

MONDO GROSSO復活と15年前の名曲と

大沢伸一さんのプロジェクト、MONDO GROSSOが復活。14年ぶりとなるオリジナルアルバム『何度でも新しく生まれる』からの先行曲「ラビリンス」のボーカルを満島ひかりさんが務めることが話題となっています。 リリックビデオは下記に。 満島ひかりさんといえ…

福岡発ディスコバンド、COLTECOがJ-WAVEチャートにランクイン

昨日4月30日付、『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 日曜13時)の最新チャート。トップ10内には邦楽が3組(クリープハイプ、yonige、DYGL)、20位まで範囲を拡げても5組という少なさで、邦楽の勢いが弱まっている状況といえます。そんな中で71位に初登場を果たし…

青森県出身同士による大人なデュエットを堪能する

青森県下北半島出身のシンガーソングライター、Sinon(シノン)さんが先月リリースしたサードアルバム『Trinity』。その冒頭を飾る曲が絶品でしたので遅ればせながら紹介させていただきます。 動画の冒頭に一瞬だけ登場しているのですが、Sinonさんと同じく青…

料理人・森野熊八さんのラジオ番組、そのエンディング曲に惹かれる

心の中でずっと、いい意味で引っ掛かっている曲があります。それが料理人、森野熊八さんが歌う楽曲群。いずれも『森野熊八グルメタイム~ニッポン全国 うまい、うまい!~』(RABラジオ他 RABラジオでは月-金曜11時45分)のエンディングで流れています。 現在…

チャーリー・ウィルソンと日本における彼の"直系"

米ビルボード、最新4月22日付のアダルトR&Bソングスチャート。リーラ・ジェイムス「Don't Want You Back」から首位の座を奪ったのはチャーリー・ウィルソン feat. T.I.「I'm Blessed」でした。 今年2月にリリースしたチャーリーのアルバム、『In It To Win I…

星屑スキャットの新曲がストック・エイトキン・ウォーターマン全開で面白い

ミッツったらちょっと気にしてたのか、その出演後に電話かかってきました。相変わらず口は悪いけど、一応英国育ちらしい紳士(淑女?)です https://t.co/kKMHBCljlC — 秀島史香Fumika Hideshima (@tsubuyakifumika) 2017年4月5日 ラジオDJの秀島史香さんに…

本日、ビルボードジャパン紹介番組が遂にスタート

遂に、ビルボードジャパンのチャート番組が今日から全国放送でスタートします。 『日曜午後1時からスタートする『HITS ONE PREMIUM powered by Billboard JAPAN』では、(中略)Billboard JAPANの複合的なデータ解析により「今、本当にヒットしている」楽曲を…

【ラジオオンエアにつき再掲】三浦大知を知るきっかけの楽曲群

昨日放送の『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)、音楽特集【三浦大知】を聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。久々の自分持ち込み企画は伝えきれないことが多すぎて第2弾やりたいくらいですが、まずは昨日の特集…

三浦大知「Cry & Fight」に携わったSeihoの最新動向

昨年の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演を機に三浦大知さんがメディアに登場する機会が増えて嬉しい限り。そして今週リリースされたアルバム『HIT』に関してこんな話題が。 三浦さんと満島ひかりさんは元Folderという”盟友”。満島さんが出演…

w-inds.橘慶太も称賛したV6のザ・ウィークエンド感

ここ数日w-inds.について記載していますが、メンバーのひとり、橘慶太さんがこのようなツイートを。 V6さんの新曲がweekedっぽくてイケてる。東京女子流さんの新曲がShelterっぽくて心地いい。いいぞJ-POP。日本に新しいシーンを作るには1人じゃ無理。音楽業…

その心地よさには抗えない…(全編)ファルセット曲集

昨日のブログエントリーにたくさんのアクセスをいただき、本当にありがとうございます。 それにしても、w-inds.ファンは幸せ者だと思うんです。アイドルとして好きになりながら、最新トレンド且つ質の高い音楽を享受出来るわけですから…! 知らない間に耳が…

w-inds.ニューアルバム『INVISIBLE』収録の二段階ファルセットに震える

今週リリースされた、w-inds.のアルバム『INVISIBLE』にやられっぱなしです。特にトラック4から5の流れ。 w-inds.のニューアルバム聴きながら移動中。先行曲でセルフプロデュースの「We Don't Need To Talk Anymore」のすばらしさは以前ブログに書いたけど、…

大人の言うことを聞いて、そして…NakamuraEmi渾身の、でもユーモラスな新曲

ラジオでヘビーローテーション中、先週リリースされたアルバムからの先行曲であるこの曲がかかるたびにハマっている自分がいます。 NakamuraEmiさんはオフィスオーガスタ所属ゆえ、事務所的にヘビロテ戦略は得意なんですよね。案の定?いい意味でしてやられ…

深化する清水翔太、前シングル「My Boo」がロングヒット中

2月21日にシングルCDがリリースされた、清水翔太「FIRE」が最新3月6日付のビルボードジャパンのソングスチャート(Hot100)で42位に初登場を果たしているのですが、その前のシングル「My Boo」も根強い人気を誇っており、登場21週目にして78位にランクイン。そ…

ゴロワーズは吸ったことも見たこともないけれど

自分の中で、「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」といえばおおはた雄一さんのカバーでした。関東に住んでいた頃に何度か、間近で拝見させていただきました。 一度きりでしたが、ムッシュとゴロワーズを一緒に歌えた事は最高の思い出です。ムッシュ、本当に…

自分が好きな曲が世間とズレていると思う事案

昨夜ふと思い出したこの曲。実はアルバム未収録のバージョンのほうが好みだったりします。 ・宇多田ヒカル「Addicted To You (UNDERWATER MIX)」(1999) 表題曲のうち、”UP-IN-HEAVEN MIX”がオリジナルアルバム『Distance』(2001)およびベストアルバム『Utada…

ゴスペラーズ「Fly me to the disco ball」を聴いて宙に舞えるかの勢い

それくらい、ひと聴き惚れしました。 ゴスペラーズが今週リリースしたシングル、「Fly me to the disco ball」の歌い出し、そのメロディに心が溶ける思いがしました。素晴らしいの一言に尽きます。 80年代感のあるシンセのウワモノの心地よさもさることなが…

ジャニーズNo.1歌唱力ユニット、テゴマスの新曲を待ち侘びて

今週突如シングルCDをリリースした小沢健二さんの"復活"に際し、一昨年の『YELLOW DANCER』に代表される星野源さんのソウル/R&B路線への打倒ではないかという声を耳にしたのです。曰く、”先駆者は自分だ”という。それに対する自分の思いをツイートにしたため…

ビルボードジャパン最新チャート、ロングヒットの可能性を秘めたループソング

ビルボードジャパンのソングスチャート(JAPAN Hot100)を定点観測。個人的に気になる部分をピックアップしていきます。 昨日発表された、2月27日付最新チャートはこちら。詳細については下記のチャートトピックスを参照してください。 首位獲得曲の総合ポイン…

土岐麻子、『PINK』から2曲がJ-WAVEチャートトップ40入りを果たす

今のところ、今年一番聴いているであろう2つのアルバムが”つながっていた”のです。 以前、ぼくのりりっくのぼうよみ『Noar's Ark』(1月25日発売)について書きました。 アルバムから来月リカットされるシングル、「Be Noble」のミュージックビデオ(→YouTube)…

船村メロディの振り幅の広さに驚く~船村徹の訃報に接して

作曲家の船村徹さんが16日に亡くなりました。 「王将」「東京だョおっ母さん」「矢切の渡し」などの楽曲は、演歌に疎い人でも一度は耳にしたことあることでしょう。4年前には『レコード・デビュー60周年記念アルバムが上下巻で発売されておりますので(全60曲…

(追記有) ビルボードジャパン最新チャート、『カルテット』主題歌がトップ10内に初登場

ビルボードジャパンのソングスチャート(JAPAN Hot100)を定点観測。というか、個人的に気になる部分をピックアップしていきます。 昨日発表された、2月20日付最新チャートはこちら。詳細については下記のチャートトピックスを参照してください。 今週はなんと…

ビルボードジャパン、最新チャートから新データ導入…そしてビルボードジャパンへのお願い

ビルボードジャパンのソングスチャート(JAPAN Hot100)を定点観測。というか、個人的に気になる部分をピックアップしていきます。いつもは木曜に記載するのですが、グラミー賞予想等の兼ね合いで今日にずれ込んだことをお詫びいたします。 先週水曜に発表され…

Da-iCEボーカル陣の実力が堪能出来るディズニーアニメのカバー曲

昨日に続き、1月25日発売作品について。 購入したもののひとつ、Da-iCE『NEXT PHASE』は余裕で平均点を超えてきているのですが、自分の中で”これぞ!”という曲はここ2作に比べると少なかった気がします。いわゆるJ-Popでは昨年ベストにあげた「恋ごころ」(→Y…

ぼくのりりっくのぼうよみと自分が好きな吟遊詩人がつながっていた

1月25日にリリースされたアルバムに興味深いものが多く、また聴いてみたらこれが良作ばかりなのです。土岐麻子『PINK』、Suchmos『THE KIDS』そして、ぼくのりりっくのぼうよみ『Noar's Ark』。これに1月18日リリースのSKY-HI『OLIVE』も含めれば相当な豊作…