face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

音楽業界への提案

1月22日はジャニーズ事務所のデジタル解禁への転換点となったのか

米ビルボードソングスチャートの更新が遅れています。通常は日本時間の火曜早朝(現地時間の月曜)に速報がアップされますが、現地が月曜祝日の場合は翌日に(今回はこれに該当していました)。しかし。 Billboard charts have been delayed this week. Charts w…

2020年の音楽業界に対する10の願い+α

2020年がはじまってわずか半月ちょっとですが、前週は米ビルボードソングスチャートでジャスティン・ビーバー「Yummy」が2位に初登場したり、週末にはエミネムのニューアルバムが突如ドロップ。日本ではKing Gnu『CEREMONY』がCDセールスだけで初週20万突破…

1月20日付ビルボードジャパンソングスチャート、前週ポイント獲得に不備があった曲の問題は解消出来たのか

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 1月6~12日を集計期間とする1月20日付ビルボードジャパンソングスチャートを制したのはOfficial髭男dism「Pretender」でした。5週連続、通算7週目の…

メディア、レコード会社、芸能事務所…動画への意識の改善は必要

『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)放送前後を集計期間とする1月13日付ビルボードジャパンソングスチャート。25位には紅白で初披露され、米津玄師さんが書き下ろした嵐「カイト」が初登場を果たしました。 Twitter指標は2位となり、『NHK紅白歌合戦』での初解禁…

「紅蓮華」「パプリカ」は紅白効果がもっと出てよかったはず…ポイント取りこぼしはあってはならない

先週水曜に発表された、最新1月13日付ビルボードジャパンソングスチャートは上位5曲がすべて『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の披露曲で占められており、視聴率や内容如何にかかわらず紅白の影響力が絶大だと実感させられます。しかし、5強の指標別順位をCHAR…

ゴスペル最新ヒットコンピレーション、カニエ・ウェスト関連…ゴスペルにも未CD傾向が

過去にゴスペルクワイアに所属した経験のある身としては、毎年楽しみにしていたゴスペルのヒット曲コンピレーションアルバム『WOW Gospel』シリーズの終焉が非常に残念でなりません。 上記の2019年版を最後に、『WOW Gospel』シリーズはどうやら終わりを告げ…

一昨年夏リリースの「パプリカ」が大賞受賞、特別賞の存在…日本レコード大賞に対する疑問と改善策の提示

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 一昨日、2019年の日本レコード大賞が発表され、Foorin「パプリカ」が受賞しました。しかしながらSNSには一部、疑問の声が挙がっています。それは「パプリカ」のリリースが昨年8月であるこ…

(追記あり) 「馬と鹿」がトップ10を逃したのはサブスクリプションサービス未解禁ゆえ? 12月30日付ビルボードジャパンソングスチャート上位曲と比較して見えてきた3つの数値

(※追記 (2020年1月14日19時00分):昨年12月23日付ビルボードジャパンソングスチャートにおいてラジオエアプレイ指標に誤りがあり、ビルボードジャパンではチャート公表の翌日に同指標順位および総合ポイント(一部総合順位)が訂正されています。これら訂正は…

ジャニーズ事務所所属歌手がデジタル解禁に至るかのターニングポイントは2020年1月22日ではないか

昨日のこのつぶやきが、現段階で6万を超えるインプレッション数を獲得しています。 サブスク解禁しているMISIAさんですが、堂本剛さんとの共演にはいい意味で驚かされます。ただしジャニーズ事務所所属歌手のサブスクリプション解禁は未だ嵐のみ。客演であれ…

ネットのバズがチャートを動かす、ただしそのためには接触指標群の充実は必須…12月16日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 12月2~8日を集計期間とする12月16日付ビルボードジャパンソングスチャートを制したのは、KinKi Kids「光の気配」でした。 【ビルボード】KinKi Kid…

LiSA「紅蓮華」の別バージョンがフル尺で公開…ビルボードジャパンソングスチャートに活きてくるか

今年のビルボードジャパン年間チャートを振り返った際、次にブレイクの波に乗る曲としてLiSA「紅蓮華」を取り上げました。 ただし、ミュージックビデオがショートバージョンであるために接触指標群のひとつである動画再生がストリーミングとは裏腹に伸びてい…

King Gnu「白日」最高位更新の理由は熱の持続、back number「クリスマスソング」から考えるミュージックビデオ短尺版問題…12月9日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 今週のソングスチャートを制したのは関ジャニ∞「友よ」でした。 【ビルボード】269,512枚を売り上げ関ジャニ∞「友よ」が総合首位獲得 山下達郎「REC…

ピンク(P!nk)の出し直し盤ベストアルバムは"失敗しない"のか? ベストアルバムの最善策をあらためて提唱する

ピンク(P!nk)が2010年にリリースしたベストアルバムが『Greatest Hits… So Far 2019!!!』として先月日本でリリースされました。 これは収録曲の「So What」がドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日 木曜21時)主題歌に起用されたタイミングで…

米ビルボード、この10年で決定的な影響をもたらした"2010年代を定義する100曲"を発表

実に面白い試みです。 ビルボードは21日(現地時間)、ホームページに「過去10年を定義した100曲」リストを発表した。過去10年間に音楽と文化に「決定的影響」を及ぼした歌100曲を通じて2010年代の音楽産業を説明しようという試みだ。ビルボードは「これらの曲…

今の演歌の販売手法の問題を踏まえ、再興のためのデジタル推進を提案する

今年の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の出場者決定後、出場/落選組についてこのような私見を記載しました。 新顔が登場しない、飛び抜けたヒットがない、ヒットした作品に"複数種同時×数カ月後に2回目、3回目発売"が多く売上枚数のユニークユーザー数が見え…

ソングスチャートにおけるオリジナルとリミックス、客演の有無…日本はアメリカに合わせて合算したほうがよいのではないか

日本とアメリカ、双方のソングスチャートの動向を追いかけていると、アメリカにおける”仕掛け”が重要な意味を成していることが解ります。とりわけ客演参加等のリミックスやミュージックビデオの追加投入は曲にさらなる魅力を与えるのみならず、それらがオリ…

スピッツ、星野源、嵐…サブスクリプションサービスでの”限定”解禁について見解を述べるならば

毎週木曜は、前日に発表されたビルボードジャパン各種チャートをで紹介しているのですが、昨日はソングスチャートを構成する指標のひとつ、ストリーミングに関する大きな出来事がいくつかあり、そちらを優先して紹介。ストリーミング指標はサブスクリプショ…

1指標に特化した曲は社会的なヒットといえるか? ダウンロードの場合を調べてみる

ビルボードジャパンソングスチャートのトップ5にランクインした楽曲のうち、シングルCDセールスのみがトップ10入り(他指標は全てトップ10未ランクイン)したものはロングヒットせず翌週急落、果ては1週で100位圏外となるものが多いため、【チャート構成比に占…

シングルCDセールス2位も総合で逆転、米津玄師「馬と鹿」が嵐「BRAVE」に勝った理由は? 9月23日付ビルボードジャパンソングスチャート"頂上決戦"をチェック

9月9~15日を集計期間とする、9月23日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表。ソングスチャートは米津玄師「馬と鹿」が制しました。 【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」がシングル27.7万枚差を逆転、嵐「BRAVE」を抑えて総合1位獲得 https://t.co/FjICn…

森口博子『GUNDAM SONG COVERS』がデジタル解禁するも、デジタルやレンタル環境の改善が必要では

8月7日にリリースされ、アルバムチャートを好評に推移する森口博子『GUNDAM SONG COVERS』が、今週水曜にデジタル解禁されました。 下記はApple Musicのリンク先を貼付したもの。 画面では【このアルバムはまだリリースされていません】との表示が出ています…

『凪のお暇』主題歌はトップ10入りなるか? miwa「リブート」に必要なブースト

8月26日~9月1日を集計期間とする、9月9日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはKing & Prince「koi-wazurai」が首位に立ちました。 【ビルボード】385,303枚を売り上げKing & Prince「koi-wazurai」初登場2冠で総合1位獲得、…

『NARALIEN』配信からみえてくるENDLICHERIのこだわり、もしくはせめてもの抵抗

堂本剛さんによるプロジェクト、ENDLICHERIのファンクネスを極める姿勢は好事家を中心に支持を集めていますが、一方で接触手段がレンタルのみとなる上に購入手段も少ないことは以前記載しました。 接触手段はレンタルに限られるのですが、先週土曜に解禁され…

ストリーミング解禁とロングヒットは比例する…条件の似た2曲を数値面から再検証する

一昨日の星野源さんのストリーミング解禁に触れた際、金曜を解禁日としたのは主演映画『引っ越し大名!』の公開タイミングゆえではと推測しました。 後にコメント欄にて、”ワールドツアーの発表に合わせた解禁ではないか”という意見をいただきました。 ブロ…

星野源が遂にストリーミング解禁…デジタル解禁は待ったなしの状態に

遂に。 【全楽曲ストリーミング配信開始】1st アルバム『ばかのうた』から最新アルバム『POP VIRUS』までの、星野源の全シングルとアルバムのストリーミング配信を開始しました。https://t.co/EI8neiXCGD pic.twitter.com/LCBaPNYUpK — 星野源 Gen Hoshino (…

最新9月2日付ビルボードジャパンチャートから、ジャニーズ事務所運営レコード会社のリリース手法を思う

8月19~25日を集計期間とする、9月2日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはHey! Say! JUMP「ファンファーレ!」が制しました。 【ビルボード】Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」240,513枚を売り上げ総合1位で初登場、ヒゲダ…

チャートアクションに影響を与えた縦型ミュージックビデオ集、そして邦楽への渇望

最新8月24日付米ビルボードソングスチャートで、19週連続の首位を獲得していたリル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」から遂にその座を奪ったのがビリー・アイリッシュ「Bad Guy」。その原動力となったのがスマートフォン視聴に最適な…

全米で新記録樹立の「Old Town Road」、日本でのチャートアクションは低いながら今週伸びている

日本時間の先週火曜早朝に発表された8月3日付米ビルボードソングスチャートでは、リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が単独で歴代最長首位を獲得したことは、記録樹立日に紹介した通り。 今週もさらに記録を伸ばし、18週目の首位…

Official髭男dism「宿命」の急伸はレンタルにあり?…8月12日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

7月29日~8月4日を集計期間とする、8月12日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、シングルCDセールス首位のSTU48「大好きな人」が総合ソングスチャートでも首位を獲得しました。 【ビルボード】STU48「大好きな人」が296,349枚を売り上げ総合首…

米津玄師版「パプリカ」がチャートを上昇するために必要なのは、”同じ轍を踏まない”こと

今月はじめ、Twitterでトレンド入りしたのがFoorin「パプリカ」の米津玄師さんによるセルフカバーバージョンでした。 本日より。よろしくお願いします。パプリカ 米津玄師バージョン | NHK みんなのうた 【うた】米津玄師【作詞】米津玄師【作曲】米津玄師【…

8月5日付ビルボードジャパンソングスチャートでTWICEに逆転を許したSKE48「FRUSTRATION」が採るべきだった施策を考える

7月22~28日を集計期間とする、8月5日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはTWICE「Breakthrough」が逆転でトップに立ちました。 【ビルボード】TWICE「Breakthrough」がSKE48「FRUSTRATION」のシングル差を逆転し総合首位獲…