face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

音楽業界への提案

LiSA「紅蓮華」の別バージョンがフル尺で公開…ビルボードジャパンソングスチャートに活きてくるか

今年のビルボードジャパン年間チャートを振り返った際、次にブレイクの波に乗る曲としてLiSA「紅蓮華」を取り上げました。 ただし、ミュージックビデオがショートバージョンであるために接触指標群のひとつである動画再生がストリーミングとは裏腹に伸びてい…

King Gnu「白日」最高位更新の理由は熱の持続、back number「クリスマスソング」から考えるミュージックビデオ短尺版問題…12月9日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 今週のソングスチャートを制したのは関ジャニ∞「友よ」でした。 【ビルボード】269,512枚を売り上げ関ジャニ∞「友よ」が総合首位獲得 山下達郎「REC…

ピンク(P!nk)の出し直し盤ベストアルバムは"失敗しない"のか? ベストアルバムの最善策をあらためて提唱する

ピンク(P!nk)が2010年にリリースしたベストアルバムが『Greatest Hits… So Far 2019!!!』として先月日本でリリースされました。 これは収録曲の「So What」がドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日 木曜21時)主題歌に起用されたタイミングで…

米ビルボード、この10年で決定的な影響をもたらした"2010年代を定義する100曲"を発表

実に面白い試みです。 ビルボードは21日(現地時間)、ホームページに「過去10年を定義した100曲」リストを発表した。過去10年間に音楽と文化に「決定的影響」を及ぼした歌100曲を通じて2010年代の音楽産業を説明しようという試みだ。ビルボードは「これらの曲…

今の演歌の販売手法の問題を踏まえ、再興のためのデジタル推進を提案する

今年の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の出場者決定後、出場/落選組についてこのような私見を記載しました。 新顔が登場しない、飛び抜けたヒットがない、ヒットした作品に"複数種同時×数カ月後に2回目、3回目発売"が多く売上枚数のユニークユーザー数が見え…

ソングスチャートにおけるオリジナルとリミックス、客演の有無…日本はアメリカに合わせて合算したほうがよいのではないか

日本とアメリカ、双方のソングスチャートの動向を追いかけていると、アメリカにおける”仕掛け”が重要な意味を成していることが解ります。とりわけ客演参加等のリミックスやミュージックビデオの追加投入は曲にさらなる魅力を与えるのみならず、それらがオリ…

スピッツ、星野源、嵐…サブスクリプションサービスでの”限定”解禁について見解を述べるならば

毎週木曜は、前日に発表されたビルボードジャパン各種チャートをで紹介しているのですが、昨日はソングスチャートを構成する指標のひとつ、ストリーミングに関する大きな出来事がいくつかあり、そちらを優先して紹介。ストリーミング指標はサブスクリプショ…

1指標に特化した曲は社会的なヒットといえるか? ダウンロードの場合を調べてみる

ビルボードジャパンソングスチャートのトップ5にランクインした楽曲のうち、シングルCDセールスのみがトップ10入り(他指標は全てトップ10未ランクイン)したものはロングヒットせず翌週急落、果ては1週で100位圏外となるものが多いため、【チャート構成比に占…

シングルCDセールス2位も総合で逆転、米津玄師「馬と鹿」が嵐「BRAVE」に勝った理由は? 9月23日付ビルボードジャパンソングスチャート"頂上決戦"をチェック

9月9~15日を集計期間とする、9月23日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表。ソングスチャートは米津玄師「馬と鹿」が制しました。 【ビルボード】米津玄師「馬と鹿」がシングル27.7万枚差を逆転、嵐「BRAVE」を抑えて総合1位獲得 https://t.co/FjICn…

森口博子『GUNDAM SONG COVERS』がデジタル解禁するも、デジタルやレンタル環境の改善が必要では

8月7日にリリースされ、アルバムチャートを好評に推移する森口博子『GUNDAM SONG COVERS』が、今週水曜にデジタル解禁されました。 下記はApple Musicのリンク先を貼付したもの。 画面では【このアルバムはまだリリースされていません】との表示が出ています…

『凪のお暇』主題歌はトップ10入りなるか? miwa「リブート」に必要なブースト

8月26日~9月1日を集計期間とする、9月9日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはKing & Prince「koi-wazurai」が首位に立ちました。 【ビルボード】385,303枚を売り上げKing & Prince「koi-wazurai」初登場2冠で総合1位獲得、…

『NARALIEN』配信からみえてくるENDLICHERIのこだわり、もしくはせめてもの抵抗

堂本剛さんによるプロジェクト、ENDLICHERIのファンクネスを極める姿勢は好事家を中心に支持を集めていますが、一方で接触手段がレンタルのみとなる上に購入手段も少ないことは以前記載しました。 接触手段はレンタルに限られるのですが、先週土曜に解禁され…

ストリーミング解禁とロングヒットは比例する…条件の似た2曲を数値面から再検証する

一昨日の星野源さんのストリーミング解禁に触れた際、金曜を解禁日としたのは主演映画『引っ越し大名!』の公開タイミングゆえではと推測しました。 後にコメント欄にて、”ワールドツアーの発表に合わせた解禁ではないか”という意見をいただきました。 ブロ…

星野源が遂にストリーミング解禁…デジタル解禁は待ったなしの状態に

遂に。 【全楽曲ストリーミング配信開始】1st アルバム『ばかのうた』から最新アルバム『POP VIRUS』までの、星野源の全シングルとアルバムのストリーミング配信を開始しました。https://t.co/EI8neiXCGD pic.twitter.com/LCBaPNYUpK — 星野源 Gen Hoshino (…

最新9月2日付ビルボードジャパンチャートから、ジャニーズ事務所運営レコード会社のリリース手法を思う

8月19~25日を集計期間とする、9月2日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはHey! Say! JUMP「ファンファーレ!」が制しました。 【ビルボード】Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」240,513枚を売り上げ総合1位で初登場、ヒゲダ…

チャートアクションに影響を与えた縦型ミュージックビデオ集、そして邦楽への渇望

最新8月24日付米ビルボードソングスチャートで、19週連続の首位を獲得していたリル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」から遂にその座を奪ったのがビリー・アイリッシュ「Bad Guy」。その原動力となったのがスマートフォン視聴に最適な…

全米で新記録樹立の「Old Town Road」、日本でのチャートアクションは低いながら今週伸びている

日本時間の先週火曜早朝に発表された8月3日付米ビルボードソングスチャートでは、リル・ナズ・X feat. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road」が単独で歴代最長首位を獲得したことは、記録樹立日に紹介した通り。 今週もさらに記録を伸ばし、18週目の首位…

Official髭男dism「宿命」の急伸はレンタルにあり?…8月12日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

7月29日~8月4日を集計期間とする、8月12日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、シングルCDセールス首位のSTU48「大好きな人」が総合ソングスチャートでも首位を獲得しました。 【ビルボード】STU48「大好きな人」が296,349枚を売り上げ総合首…

米津玄師版「パプリカ」がチャートを上昇するために必要なのは、”同じ轍を踏まない”こと

今月はじめ、Twitterでトレンド入りしたのがFoorin「パプリカ」の米津玄師さんによるセルフカバーバージョンでした。 本日より。よろしくお願いします。パプリカ 米津玄師バージョン | NHK みんなのうた 【うた】米津玄師【作詞】米津玄師【作曲】米津玄師【…

8月5日付ビルボードジャパンソングスチャートでTWICEに逆転を許したSKE48「FRUSTRATION」が採るべきだった施策を考える

7月22~28日を集計期間とする、8月5日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはTWICE「Breakthrough」が逆転でトップに立ちました。 【ビルボード】TWICE「Breakthrough」がSKE48「FRUSTRATION」のシングル差を逆転し総合首位獲…

歌い手ジャンルが音楽チャートをさらに駆け上がるためには、ライト層を作り育てることが必要である

最新7月29日付のビルボードジャパン各種チャートで注目すべき存在が。それは歌い手のそらるさん。アルバム『ワンダー』はアルバムチャート初登場2位を果たし、リード曲「海中の月を掬う」はラジオエアプレイ指標で4位、ソングスチャートで94位にランクインし…

スピッツ「優しいあの子」再浮上の鍵は、ミュージックビデオとストリーミング解禁の周知徹底にある

最新7月29日付ビルボードジャパンソングスチャートで前週より7ランクダウンし27位につけているスピッツ「優しいあの子」。シングルCDセールス初加算週に2位を獲得しながら、緩やかにでも確実にランクを落としてるこの曲に、ちょっとした異変が起きています。…

最新7月29日付ビルボードジャパンソングスチャート、Official髭男dism「Pretender」から見えてくるチャート構成8指標の特徴

7月15~21日を集計期間とする、7月29日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートは日向坂46「ドレミソラシド」がトップに立ちました。 【ビルボード】日向坂46「ドレミソラシド」448,819枚を売り上げTWICEを抑え3冠で総合首位獲得 …

ライジングプロダクションがミュージックビデオ公開をショートバージョンに戻した事態を強く疑問に思う

先週末から事態が急転し、芸能界を震撼させ続けているのが吉本興業の問題。一方で同じく先週”圧力疑惑”が報じられながら、ジャニー喜多川氏の訃報に大幅な時間を割いたのとは対象的に先週末のワイドショーでほぼ報じられることのなかったジャニーズ事務所の…

最新7月22日付ビルボードジャパンソングスチャートで、”ストリーミングの人気曲は総合チャートでも人気”が証明される

7月8~14日を集計期間とする、7月22日付のビルボードジャパン各チャートが昨日発表され、ソングスチャートはKis-My-Ft2「HANDS UP」が制しました。 【ビルボード】200,885枚を売り上げKis-My-Ft2「HANDS UP」が3冠で総合首位獲得 ヒゲダン「宿命」総合7位に…

日本の最新ソングスチャートにおける勿体無い動きから、配信先行ならば月曜解禁を提案する

昨日のブログエントリーでは、アメリカにおける”リミックス”事情とそれがチャートアクションに与える影響について書きました。 これに追記するならば、アメリカのチャートに関するスケジュールも大きいなと。 米ではデジタル2指標のチャート集計期間が金曜開…

米チャートのカンフル剤となる”リミックス”の面白さ…ビリー・アイリッシュ with ジャスティン・ビーバー「Bad Guy」は首位の座を射止めるか

ビリー・アイリッシュが、大ファンとするジャスティン・ビーバーを迎えた「Bad Guy」のリミックスを、現地時間の今週木曜夜に急遽リリースしました。 ビリー・アイリッシュ、憧れのジャスティン・ビーバーとのコラボ「bad guy (with Justin Bieber)」をリリ…

「今夜このまま」と「HAPPY BIRTHDAY」のチャートアクションの差を考えれば、ストリーミングとミュージックビデオフル尺解禁は必須だと思う

7月7日放送の『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時。コミュニティFMゆえタイムフリー機能はありませんが、生放送はサイマル放送で全国何処からでも聴取可能)では、大学生のDJしょうごくんによる今年上半期の話題曲特集をお送りしました…

実写ドラマ化が大ヒットした『きのう何食べた?』で唯一弱かったタイアップ曲のチャートアクションについて

ビルボードジャパンソングスチャートを追っていくと、ドラマ主題歌はヒットに至りやすい傾向にあるということが見えてきます。シングルCDの売上枚数は下がれど、米津玄師「Lemon」(2018 ドラマ『アンナチュラル』(TBS)主題歌)がダウンロードとシングルCDの合…

山下智久「CHANGE」ダウンロード配信効果の大きさを踏まえ、ジャニーズ事務所側はデジタル解禁を前向きに考えて欲しいと切に願う

一昨日発表された最新7月8日付ソングスチャート、前週首位の山下智久「CHANGE」は13位に後退したものの、実に面白い動きが見られます。 #ビルボードジャパン最新チャート速報ソングスチャート前週首位の #山下智久「#CHANGE」は13位に後退。しかしダウンロー…