face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

BETアワードノミネート曲に、ゴスペルの多様化をあらためて知る

アメリカのケーブルテレビ局、BETによる毎年恒例の"BETアワード"。そのノミネーションが先日発表されました。 来月LAで開催されるBET Awards 2018の各部門のノミネートが発表 DJキャレドが最多の6部門でノミネートされており、ケンドリック・ラマーが次いで5…

西城秀樹、郷ひろみが同時期に挑んだ名曲カバー

西城秀樹の訃報に接し、昨日はラテンカバーを紹介しました。 さて、今日紹介するのはR&B(的な)楽曲のカバー。実はつい1ヶ月ほど前、西城秀樹さんによるジョージ・マイケル「Careless Whisper」のカバーを久々に耳にしたばかりでした。その後R&B歌手など多く…

西城秀樹の歌唱力に触れる...新御三家による三人三様なラテンカバー

西城秀樹さんが亡くなりました。自分が最後に彼の音楽に接したのは、若かりし頃のスタジアムコンサートの音源を友人から聴かせてもらった時。洋楽カバー多めでしたが歌唱力がとんでもなく、また色気も持ち合わせており、一度生声を聴きたい!と思うように。…

和田アキ子×BOYS AND MEN研究生...コラボの成果はどうなる?

ビルボードジャパンの最新5月21日付ソングスチャートで1位を獲得したのはBOYS AND MEN「進化理論」でした。 【ビルボード】BOYS AND MEN「進化理論」が14.3万枚を売り上げて総合首位 ベビメタ「Distortion」ダウンロード2位&三代目JSB「恋と愛」ストリーミ…

ベテランカントリー歌手、キース・アーバンの新作はジャンルを超越...チャートアクションは?

水曜日は米ビルボード最新チャートからひとつかみ。 米ビルボードソングスチャートを構成する指標のひとつ、ラジオエアプレイのチャート(ラジオソングスチャート)。最新5月19日付にて50位に飛び込んできたのがカントリー界の大御所、キース・アーバンによる…

米ソングスチャート、ドレイク15週天下にピリオドを打ったのはあの話題(問題)作

米ビルボードソングスチャートを定点観測。 現地時間の5月13日月曜に発表された、5月19日付最新チャート。遂にドレイクの通算15週天下が落城、チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」が初登場で首位を獲得しました。 記事は下記に。 Childish Ga…

安室奈美恵『Finally』デジタルダウンロード未配信の状況下における"環境の変化"

デジタルダウンロード未配信に納得していない方は多いのでしょう。ブログエントリーへのアクセス数において、長きに渡り最上位に登場するのが安室奈美恵さんのベストアルバム関連なのです。 出荷ベースではなく実売ベースでダブルミリオンを突破した『Finall…

次回の米ソングスチャート、遂にドレイクの15週天下にピリオドか? 米ビルボードが推測

以前も少し触れましたが、チャイルディッシュ・ガンビーノによる強烈なメッセージソング「This Is America」が旋風を巻き起こしています。ミュージックビデオについては下記bmrで観ることが出来ますが、【閲覧注意】だと、強く前置きさせていただきます。 曲…

マイノリティが抱くべき自己肯定感、そしてそのための楽曲集

ゴールデンウイーク最後の2日間開催された、東京レインボープライドは過去最多の動員数を記録したそうです。 自分の知っている人もブースを出していたり、昔の親友が大の浜崎あゆみさんのファンで、今回初めて出演した彼女の応援に駆けつけたり...自分にとっ…

ミュージックビデオの質感×カントリー、両方のブームを押さえた方が日本でヒットの兆し

最近の海外でのトレンドはたとえば、ミュージックビデオにおけるアナログテレビ的な質感。カルヴィン・ハリス&デュア・リパ「One Kiss」については以前ブログで紹介しましたが、クリスティーナ・アギレラの新曲にもその質感を思わせるものが。 他方、カント…

米クラブで人気上昇中の伝説的楽曲2選

アメリカのクラブでのDJプレイ数を示す米ビルボードダンスクラブソングスチャート。その最新5月12日付において、伝説的楽曲が上位を伺いつつあります。 ・43位(初登場) G.H.ハット feat. アリーナ・レネイ「Sukiyaki」 日本の楽曲で唯一米ソングスチャートを…

"ヒップホップ×ゴスペル定番曲"は今後のトレンドになるか

近年の米ビルボードゴスペルソングスチャートには、R&Bやヒップホップといった他ジャンルの方々が多数ランクインし、最新5月12日付においてはチャーリー・ウィルソンとT.I.のコラボ、ニッキー・ミナージュ、ティンバランド、スヌープ・ドッグ、トリー・ケリ…

米ソングスチャート、アルバムが大ヒットしたポスト・マローンが3曲トップ10入り

米ビルボードソングスチャートを定点観測。 現地時間の5月6日月曜に発表された、5月12日付最新チャート。ドレイク「Nice For What」が4週目の首位を達成し、アルバムチャートで今年最大の数値を叩き出したポスト・マローンがトップ10に3曲を送り込みました。…

安全地帯とtofubeatsをつなぐ1990年代の名(迷歌唱?)盤

自分も番組スタッフとして携わる『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)。昨日の音楽特集は【赤・レッド】でした。世界赤十字デーが間もなくであること、亡くなった"鉄人"衣笠祥雄さんの所属球団、広島東洋カープのカラーに合わせて...…

カルヴィン・ハリスの新曲と次のアルバムの構想(そして今回も収録漏れ必至?な曲)

最新5月5日付の米ビルボードソングスチャートではJ・コールがアルバム収録の12曲全てをトップ100に送り込んだため(今の米ソングスチャートの見方、そしてダリアス・ラッカーと現在のフーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ(5月2日付)参照)、チャート上で…

NHKはスキャンダルを求めたりワイドショー展開をする必要はないと思う

NHKがおかしいと思わせる出来事が今週相次ぎました。スキャンダルを好む体質になってやいないでしょうか? 昨日、Yahoo!のトップで紹介されたニュースはこちら。 ハリルホジッチ氏の解任について、あたかもそのA級戦犯が本田氏と思わせかねない今回の『プロ…

くまばちブーム?の今だからこそ紹介したい、平原綾香×ベースのクラシックカバー

昨日放送されるやいなやネットで話題になったのが『香川照之の昆虫すごいぜ!』(Eテレ)。不定期の放送ながら、俳優・香川照之さんの熱すぎる思いが放送される度に話題となり、今回遂に"4時間目"を迎えました。 今回のテーマは"クマバチ"。実は番組自体は観て…

(追記あり) ドレイクも不利に? 米ビルボード、ストリーミング算出方法を7月13日付分から変更

チャートアクションを確認する身としては、とても大きなニュースが飛び込んできました。 米ビルボード・チャート、ストリーミング算出方法を6/29より変更 https://t.co/3pLtxYa719 pic.twitter.com/D2iHOmVc3L — Billboard JAPAN (@Billboard_JAPAN) 2018年5…

今の米ソングスチャートの見方、そしてダリアス・ラッカーと現在のフーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ

昨日速報版を紹介した、最新5月5日付米ビルボードソングスチャート。 トップ10内に3曲を送り込んだJ・コールですが、その3曲だけではありませんでした。同週のアルバムチャートで首位を獲得した『KOD』収録の全12曲を、ソングスチャートトップ100内に送り込…

米ソングスチャート、トップ10に4曲初登場という史上初の快挙達成

米ビルボードソングスチャートを定点観測。 現地時間の4月30日月曜に発表された、5月5日付最新チャート。ドレイクが「Nice For What」および「God's Plan」で3週連続でのワンツーフィニッシュを達成、そしてトップ10では4曲が初登場という史上初の出来事が誕…

散ってもなお美しい弘前公園の桜と、桜を用いた洋楽ミュージックビデオ

ゴールデンウイークに突入しました。弘前公園の桜、散ってはきていますが美しい光景が広がっています。こちらは昨夜の様子。ラジオ番組を終え、出かけてきました。 先日、満開から散り始めた頃の桜をアップしましたので、よろしければそちらと見比べてみてく…

若手による大御所起用は流行なのか? この春リリースのアルバムに続々と

ここ最近のR&Bや、R&Bの流れを汲む作品に目立つのが、大御所歌手の起用。それも同時多発的に行ってくるのだから驚かされます。この春発売の作品を例に取ってみると。 ・ジャネル・モネイ『Dirty Computer』(4月27日発売) Dirty Computer ジャネール・モネイ …

ABBA復活へ...サンプリング/マッシュアップした作品群

今朝のトレンドが"ABBA"だったので何事かと思ったら。 世界的人気グループ ABBA 35年ぶりに新曲収録を発表 #nhk_news https://t.co/eXmEoCdhW5 — NHKニュース (@nhk_news) 2018年4月27日 テレビでの発表が12月とのことで、楽しみに待ちましょう。 ABBAと…

今年の弘前公園の桜を収める

一度故郷を離れたことがあるからか、または歳をとったからか、日を追う毎に地元の富を大事にしたいという思いに駆られています。 今年の弘前公園の桜。日曜昼、月曜および木曜の夜にスマートフォンで撮影しました。 開花したと思いきや初夏に近い陽気で一気…

表と裏は3対1? ベスト盤のニーズを読む

リリースした楽曲が多く、長きに渡って活動している歌手のベストアルバムにおいては、複数枚で構成されようと1作品のみではまとめきれずに再度ベストアルバムを出すことがあります。元のベストアルバムを"表"、そして再度出されたものを"裏"とするならば、裏…

いとうせいこう氏の提案を、生命保険業界は無駄にしないでほしい

『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』(TBSラジオ)が帯番組になり、時間が7.5倍になったのだから少し希釈するのか…と思ったらそれどころか前番組以上の濃さを毎日放ち続けるのが、この4月から始まった『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-…

米ソングスチャート、ドレイクのワンツーフィニッシュは続く...風穴を開けるのは誰だ

米ビルボードソングスチャートを定点観測。 現地時間の4月23日月曜に発表された、4月28日付最新チャート。前週、ドレイク「God's Plan」の連続首位を阻止した、同じくドレイクによる「Nice For What」が2週連続の首位を獲得。「God's Plan」も2位をキープし…

今年の弘前さくらまつりにもイケメンぼんぼりが出ています

昨日の弘前さくらまつりで発見。 XOXというグループに所属する田中理来(りく)さん。実は一昨年にも園内にある同じ街道のぼんぼりに写真が掲載されていました。 少なくともここに登場するのは2回目(昨年も掲載していたかもしれませんが)。XOXも特にシングルCD…

2018年上半期を席巻するドレイク、そのヒットの理由をチャートアクションから推察する

ドレイクの凄まじさをおさらい。 ラッパーのドレイクによる「God’s Plan」が初登場で米ビルボードソングスチャートの首位に立って以来、先週まで11週連続でその座をキープ。最新チャートはで同じくドレイク「Nice For What」に首位の座を譲ったものの、2曲で…

EXILE ATSUSHI meets ボーイズIIメン&"元"ボーイズIIメン?

まさかこのような豪華面子が提供していたとは知らず、遅ればせながら紹介。 今月リリースされたシングル、「Just The Way You Are」の3曲目に収録された「More…」のクレジットに驚きました。ソングライトにクレジットされているのはボーイズIIメンのネイザン…