face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

からあげにふさわしいBGMとは

ラジオひとつまみ。

 

昨日のJ-WAVE『docomo TOKYO REMIX ZOKU』(毎週土曜17時~)のメインコーナー、”今週の極み”に、日本唐揚協会会長の安久鉄兵さんが出演。会長が選ぶ美味しい唐揚げトップ3が発表されました。

で、山田五郎さんと中川翔子さんが2位のからあげを絶賛した後、1位発表の前に流れた曲がこちら。

・ゆず「飛べない鳥」

 

たしかに(原材料の)ニワトリは飛べない…だから「飛べない鳥」だろうとはいえ、もっとふさわしい曲もあったのでは?と思いつつ。でも、この一見(一聴?)”(からあげを想像できる)シズル感”のない選曲が、ちょっと考えると”だからその曲だったんだ!”と聴き手が自発的に気付く仕掛けがされているわけです。好い意味で、ひねくれている選曲ですよね。

 

ラジオでは、特集コーナーで1テーマを取り上げる際、それにふさわしい曲を何曲か流すということが散見(さすがに”散聴”とはいいませんねこの場合)されます。その際、選曲が直球であることがほとんどですが、J-WAVEのようにちょっとだけヒネリを聴かせるというのも、センスの良さなのかもしれないですね。とはいえ、『タモリ倶楽部』のようにひねくれすぎているBGM使いも、なぜそのBGMを使ったんだと探求する楽しみがあるという点で面白いですね。