face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

BONNIE PINK × 宮川弾 × クリスマスソング

あれだけ暑い暑い言ってた(そして実際に暑すぎた)日々は遠くなり、いつの間にかクリスマスまで2ヶ月を切っていました。

今日は、今年のクリスマスを彩るに相応しい、お洒落なクリスマスアルバムの紹介です。

2003年からスタートしたFrancfrancのクリスマスCDシリーズもついに10作品目。 今年のクリスマスCDの選曲を務めたのは、国内外で活躍中のDJ/プロデューサー FPM・田中知之氏。

・HMV - Francfranc Presents Jukebox Christmas

FPM、Francfranc発のコンピレーション…間違いないものになりそうな予感がします。

 

3曲目に収録されているのは、ポール・マッカートニーが1979年に発売したシングルのカヴァー。BONNIE PINK『CHAIN』(2008。クリスマスアルバム)に収録されています。アレンジの、”少しクラシックに寄った吹奏楽”というかわいらしさは、宮川弾さんによる仕事。いい味出してます。

以前弊ブログにて、宮川弾さんが作曲した安藤裕子「さみしがり屋の言葉達」を取り上げましたが、そこでも取り上げた宮川弾さんの(宮川弾アンサンブル名義での)ファーストアルバム『pied-piper』でのアレンジが、今回取り上げるクリスマスソングに一番近いかも。暖炉を前に子どもたちがパーティを楽しみ、その後疲れてスヤスヤ眠る…そんな雰囲気がピッタリな、温もり溢れる音世界です。

 

ちなみに、『CHAIN』のタイトル曲は冨田恵一さんによる作品で、冨田氏独特の流麗でドラマティックなストリングスとBONNIE PINKさんとの相性がこれまた結構好いのです。アルバム全体を通しても、お勧めです。