face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ビルボードも認めた? 「恋人たちのクリスマス」

クリスマスが近づくにつれ、ラジオでクリスマスソングがかかる比率が高くなるというもの。洋邦様々な名曲がありますが、"ビルボードが認めた"クリスマスソングとも言うべきなのが、マライア・キャリー(Mariah Carey)の大定番のコチラ。

Mariah Carey「All I Want For Christmas Is You (邦題:恋人たちのクリスマス)」

 (クリスマスアルバム『Merry Christmas』(1994)収録)

ドラマ『29歳のクリスマス』(1994 フジテレビ系)の主題歌。ちなみにWikipediaによると、『主題歌をマライア・キャリーが歌っていることもあり、著作権料の支払額が高額になるため、権利上の関係から』との理由で、2012年の段階でもDVD化されていませんが、現在BSフジにて再放送中。ドラマの効果もあり、収録されたアルバムはダブルミリオンを記録する大ヒットに。

 

認知度の高いこの曲が、ではなぜ"ビルボードが認めた"と書いたかといえば、ビルボードの【Holiday Songs Chart】で8週連続1位(12/22付)を記録しているから、なのです。今年このチャートが用意されてから8週目、他の曲が一度も1位を達成しておらず、独壇場といえます。「ホワイト・クリスマス」も「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」も「ラスト・クリスマス」も抑えての1位...これは凄いこと。付け加えれば、マイケル・ブーブレ(Michael Bublé)によるカヴァーも、同じく12/22付で15位に上昇中。

・Michael Bublé「All I Want For Christmas Is You」

 (クリスマスアルバム『Christmas』(オリジナルは2011)収録。リンク先は今年発売のスペシャル・エディション)

クリスマス名曲遺産なんてのがあったなら、認定していいのかもしれませんね。マイケル以外にも10曲以上のカヴァーがある(Wikipedia - 恋人たちのクリスマス - カヴァーよりというのも、曲の良さを示していると言えるでしょう。

 

「恋人たちのクリスマス」がクリスマス期間中1位を守りきれるのか、注目です。