face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

2012年の音楽、そして追悼

2012年の音楽業界。ざっと振り返ってみると…

 

アデルのアルバム2000万枚超え / フランク・オーシャンの大ブレイク / PSYの全世界ヒットと日本での”取扱なし”(→ブログで言及) / 日本でのソニー系のiTunes参入(→ブログで言及) / ミスチル・桑田・達郎・ユーミン…ベテラン勢のベストアルバムの大ヒット / 由紀さおり・八代亜紀の他ジャンル挑戦(→八代亜紀『夜のアルバム』について、ブログで言及) / アイドルのシングルセールスチャート席巻(逆にアイドル以外のヒットは目立たず)(→AKB48のシングルのPVについて、ブログで言及) / 音楽業界からの”反原発”発言と”それ以降”(ブログで言及) / etc.

 

そんな様々な出来事の中で、個人的に最も強く印象に残っているのは、ホイットニー・ヒューストンの死去。私の誕生日と同じ日に亡くなる…という偶然も相俟って、あまりにも強く心に刻まれ(てしまい)ました。

 

個人的に、今年は波の大きい一年となり、楽しさや自信の喪失が不安定の波を増幅させた気がしています。今一度、ホイットニーの中でも大好きな曲を聴き、彼女を偲ぶと共にこの曲を自分の心の糧、支えにしていこうと思います。

 

 

Hearts are often broken

When there are words unspoken

In your soul there's answers to your prayers

If you're searching for a place you know

A familiar face, somewhere to go

You should look inside yourself

You're halfway there

 

 

ロビン・シック(Robin Thicke)による追悼カヴァーも併せて。