face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

パンクが出逢わせてくれた音

午前中、後輪がパンクしました。

道が直線に差し掛かったときの違和感の正体。雪で道が狭いためすぐに止められず、ホームセンターまで数百メートル走らざるを得ませんでした。ようやく止めてみたらかなりの熱で煙が。これはかなりヤバイかもなあ。

ちなみに、タイヤにはこんなのが刺さってました。おそらく違和感の正体の原因。

これをSNSに投稿したところ、『音符ぅ!(笑)』との反応をいただき、そういえばたしかに!と実感しました。

起きた出来事は悲劇かもですが、捉え方を変えれば、"午前中に悪運使い果たしたんで午後は良い事起こるかも"とか"音符をくっつけるなんてやっぱ自分音楽好きなんだな"と思えば、少しは(いやかなり)心が晴れるというもの。『イイねじゃ無いけど イイね!』と反応をくれた友人に感謝、です。

帰ってきて、ふと"(タイヤが)パンク"というフレーズのある曲はないかと検索したら、めぐり逢った曲を紹介します。『後輪タイヤがひとつパンクしちゃって』という歌詞のシンクロ、前向きすぎるくらい前向きな思い、そしてパフォーマンスの凄さ…パンクがめぐり逢わせてくれたという不思議な縁に感謝。

玉置浩二「JUNK LAND」(1997 アルバム『JUNK LAND』収録)