face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

青森県内ラジオ局 春改編への私見 - 2.RABラジオ

青森県のラジオ局の改編動向とそれに伴う私見を記載するブログ記事。一昨日掲載のFMアップルウェーブに次ぐ第二弾は、RABラジオ。

なお、ここで取り上げるのは自社制作の生放送番組が中心です。

 

 

●RABラジオ(青森県の民放AM局)

 

ホームページ内タイムテーブル(ラジオ番組表)は一新されているのですが、生放送番組の担当者変更が未だなされていないためにここでの記載が遅れました。

・RAB青森放送 - ラジオ番組表

担当者変更の内容が今朝になって確認できたので、今回掲載した次第です。しかしながらその流れには疑問があったことをはじめに記載しておきます。

 

リスナーの方からの”次の担当者は?”という問い合わせが今週初めの生放送番組に寄せられたものの、パーソナリティの方は”放送当日までのお楽しみ”と述べるにとどまっていて、担当者発表について局側は正式発表を控えていたように思います。先述のようにホームページでもまだ旧担当者のままです(4/3現在)。

しかしながら一方では、昔からある紙媒体のタイムテーブル(毎年春・秋発行)では既に新担当者が発表されていたそうで…それって矛盾ではないかと疑問を抱きます。発表するならばはっきりと発表する、しないなら徹底して隠し通す…そうした方が、リスナーを不用意に不安に陥れることないのでは?と思います。その点は凄く残念に思います。

 

その、最後まで新担当者が不明だった土曜午後のワイド番組、『十日市秀悦のサタデー横丁』ですが、新担当者本人がTwitterの自己紹介欄で掲載しているのを今朝方確認しました。後にその方がTwitter、ブログにて正式発表。

その方は、3月までエフエム青森の生放送番組を担当していた張間陽子さんです。

この4月から、新しくラジオ番組のレギュラーが決まりました~!

青森放送ラジオ 『十日市秀悦のサタデー横丁』 毎週土曜日13:00~16:00生放送

二代目アシスタントパーソナリティとして、出演いたします。

(中略)

※放送上ではアシスタントは当日発表になっていますが、既にタイムテーブルに記載されていることもあり、事前告知の許可もいただいているため、放送より早く皆様にお知らせしました。

・張間陽子 オフィシャルブログ『野獣日記』

 - 青森放送ラジオ『十日市秀悦のサタデー横丁』に出演決定!より

 

(自分がTwitterプロフィールにてアシスタント就任の旨を発見した後、その内容をツイートしたのですが、それが仮に(彼女のプロフィールに掲載されていたとはいえ) このような文章の形での正式発表を早めさせたのならば、申し訳なく思います)

 

さて、張間陽子さんと知った瞬間、自分は物凄く安堵したんですよね。

前担当者の楠美翔子さん(初代アシスタント以前は長らく、県内ラジオカーリポートを担当。その前からRAB青森放送でアルバイトをしていた、とあるパーソナリティの方が話していました)の評判も周囲では非常に良かったのですが、その翔子さんを彷彿とさせる明るいキャラクターの方であり、流れを引き継ぎ、加えてエフエム青森で1年間培った経験も活かせるんじゃないか、という予感がします。張間さんの、おしゃべりのリズム感やノリなどもいい意味でAM的ですので。”イサバのカッチャ”十日市さんと張間さん…これは面白い組み合わせになりそうです。

 

 

本題に戻って、RABラジオで大きく変わった点は下記の通り。ただしナイターオフ→ナイターシーズンでは編成が結構異なるため、3月までと4月からとではなかなか単純比較はできにくいものです。そこで、自社制作の生放送番組以外の主な番組は昨年のナイターシーズンとも比較してみました。

●自社制作の生放送番組

・平日午後『あおもりTODAY』(月-金 11:55)の火曜担当が青山英次アナに

・土曜午後『十日市秀悦のサタデー横丁』(13:00)

  新アシスタントが張間陽子さんに

 

●それ以外の番組

・平日午前11:05 『純喫茶・谷村新司』→『氷川きよし節』

・平日夜21:50『サウンドトラベル』→『スポーツ伝説』

・日-木曜深夜28:00『あなたへモーニングコール』→『ラジオパープル』

・深夜28:00は金曜『東京ポッド許可局』登場、

 同土曜『THE BEATLES 10』復活(前年ナイターシーズンは日曜25:00)

・日曜17:00『ハピネス』、17:15『元ちゃんの先手必勝!』

 (『渡辺真知子 ドーンと、ようこそ!』は30分ずれ17:30開始)

・日曜20:00『細川茂樹 RABで行こう!』→『ももクロくらぶxoxo』

・日曜21:00『明日へのエール~ことばにのせて~』開始

 (『宮川賢のまつぼっくり王国』は日曜23:30開始)

・日曜23:00『岩本公水 星の語りべ』開始

・日曜24:00-28:00 休止

 (『THE MOTOR WEEKLY』『ラジオ・キャンパス』終了)

 どちらかと言えば、自社制作以外の番組の動きが大きいような気がします。加えるならば、平日11:15開始『永六輔 誰かとどこかで』が、TBSラジオ以外で桃屋がスポンサー撤退となり、冒頭の詩の朗読やエンディングでのレシピ等紹介がなくなったことも大きな動きです。

(それでいてオープニング・エンディングのBGMはそのままの尺のため、間延び感を強く実感します)

 

 

『十日市秀悦のサタデー横丁』は先述したので、もう一つの担当者変更番組について。

『あおもりTODAY』火曜日を聴取したのですが、青山アナは緊張していると言いつつも軽妙な喋りで、同番組でのラジオカーリポート時代のリズム感を持ち合わせていたので、午後の時間にピッタリだと実感しています。前任の鮫島アナは良い意味でもそうでない意味でもNHK的な喋りで硬い印象でした(それは個性として好いところでもあります)。ですので、リスナーにとって青山アナか鮫島アナか、その好みはわかれるでしょう。

(ちなみに、個人的には、鮫島アナについて一番気になったのは”流れの分断”でした。リスナーの方からのメッセージを紹介→リクエスト曲OA→リクエスト送付への感謝の意などアフターフォローが全くないまま次のメッセージへ移行…という進行ゆえ、いい流れが途絶えてしまったのは残念でした。

他方、鮫島アナは実は洋楽熱が非常に高いと聞いています。ですので、弊ブログで数度掲載した上野アナとのタッグで洋楽番組を持つというのも面白いかもしれません)

 

これは以前から抱いていたことですが、『あおもりTODAY』は常時パーソナリティ2名体制で行うのが好いと思うのです。そうすればフォローアップがよりできるようになり、言葉のキャッチボールが増えることで多面的展開が出来る(リスナーが興味を抱く話題が増える)…たとえば13時ちょうどのニュース後の、ニュース担当アナウンサーとパーソナリティとの1分前後の会話を楽しみにしているリスナーはきっと多いと思います。それと同じような感覚を3時間版にできたならばより好いと思うんですよね。

無論、アナウンサー人員の事情はあるのですが、少なくとも月曜・水曜(14時台のみ)・金曜(14時台、スタジオ1名+長尺コーナーでのリポート2名)となっているので、複数名体制はできなくはないのでないかと思います。そうすれば15時台の『AN-HITORI』(女性アナウンサーがランダムで登場する1時間の生放送番組。昨秋開始。ただ、出てくるアナウンサーは曜日毎に固定してきた感あり)も内包して新しい『あおもりTODAY』として1番組化ができる気がします。 アナウンサーのみで人員確保が難しいならば、アナウンサーからラジオ専門担当になった山内千代子さんなどが登場するのも好いでしょう(アシスタントとして非常に定評ある方なので、切望します)。

 

 

 

と、編成について好い(だろう)点を挙げた上で、これまでのウイークポイントと個人的改善案を記載してみました。

さて、エフエム青森については明日以降に取り上げます。ホームページ内のタイムテーブル、木曜12時にまだ終わったはずの番組(八戸市南郷区の番組)が掲載されているのですがこれはどうなっているのか、確認次第記載に着手してみます。