face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

InterFM『Good Times Boo!』の選曲が好い

4月から、時間が許す限り、金曜を除く平日の昼は南美布さんの番組を聴いています。

 

・InterFM『Good Times Boo!』(月-木 12:00-14:00)

 

2000年代中頃までJ-WAVEで活躍していた(今でも局のCMでその声を耳にする)南美布さんがInterFMで(土曜午前のハワイアンミュージック紹介番組は以前から担当されていますが)、それも『VIVA! ACCESS』(2000-2005)以来の平日昼の生放送を担当...というのが個人的に春改編の目玉のひとつでした。聴いてみると『VIVA!~』を彷彿というか、その頃よりより大人…でもちょっとやんちゃなな感じは変わらず。ジョークがクレバーでありながら格好つけるとかいやみな感じがなく、曲紹介もほとんど完璧。いい意味での"小粋"というのはまさに彼女のためにある言葉...というと大袈裟でしょうか。

 

番組そのものも勿論"小粋"。今週が首都圏のラジオ局における聴取率調査週間(いわば"スペシャルウイーク")で、InterFMでは他局ほどプレゼントを用意することはないものの、選曲がより売れ筋のものになるのでは?と思ったのですが、『Good Times Boo!』内の音楽特集で今週月曜に取り上げたのは、"Lady"。

bmr - Lady

『ニコール・レイ(Nicole Wray)とテリー・ウォーカー(Terri Walker)によって結成された女性R&Bデュオ』(bmrより)のLady。3月にリリースされたアルバム『Lady』から数曲取り上げていたのですが、国内盤未発売、そしてこの記事にあるように発売元はインディレーベルであるこの作品をスペシャルウイークという時期に取り上げるのは、なにより作品が良質だからということ、そしてその作品をより多くの方に伝えんとする伝え手側の思いなんだろうなと実感。嬉しいことです。

(今の時代、インディとメジャーの垣根はほとんどなくなりましたが、ただこのスペシャルウイークの時期に有名ドコロを取り上げないというのは、良質な音楽を...という芯がしっかりしている証拠といえるでしょう)

・Lady「Get Ready」(from『Lady』(2013))

 

 

4/16の放送では、番組後半にグレン・スコット(Glen Scott)「Heaven」がOAされました。この選曲も嬉しい限り、なのです。南美布さんも"I love this song"と言っていましたが、それもそのはず、グレン・スコットは2002年のセカンドアルバム『Soulrider』リリース前に来日し、『VIVA!~』の企画でアコースティック・フリーライヴを行なっているのです(さらには、セカンドアルバムからのリード曲「Do Something」を使ったJ-WAVEのジングルも存在)。自分もそのライヴを拝見したのですが、大柄の身体でアコースティックギターを抱え込むように持ちそれでいてギターはスムースに鳴り響いており、さらにはがっしりした身体から発せられる声の優しくソウルフルなことといったら! 屋内ながら広い空間で聴く彼の歌はその空間全てに隈なく響き渡り、聴き惚れてしまいました。他の観客の方、そして南美布さんも聴き惚れたんじゃないかな、と。

音源がフルで試聴できるところがなかったので、一部試聴可能なAmazonのリンク先を掲載します。

・Glen Scott「Heaven」etc. ← 『Without Vertigo』(1999)

・Glen Scott「Do Something」etc. ← 『Soulrider』(2002)

ちなみにグレン・スコットは2009年(もう4年前になるんですね...調べてみてビックリ)、『Trust The Dawn』でシーンにカムバックしています。とはいえ同作はアメリカではヒドゥン・ビーチ(Hidden Beach)から翌年夏に出るとアナウンスされながら結局出ずじまいという事態に。これはヒドゥン・ビーチに問題がある(ジル・スコット(Jill Scott)とは訴訟問題となる等...現在はほとんど所属していないものと思われます)と思うのですが、同作が内容良かっただけに実に残念です。

 

 

2000年代前半のJ-WAVEを思い出させてくれる選曲、そして今の選曲にもこだわりをもつ『Good Times Boo!』。今後も注目していきたいと思います。ちなみに一度リクエストしたことあり、読んでくださった(!)のですが、曲がなかったのは残念...マニアックすぎたのかもしれません。

(ちなみに自分がリクエストしたのは、先述したLadyのメンバーのひとり、テリー・ウォーカーの「I Am」。"あ、この曲名は今のJ-WAVEの番組と一緒だった..."とリクエスト送った後で気付いたのでした)