face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

地元AM局で流れた、カイリーサンプリング曲の格好良さ

ラジオ局の春改編。JFN系のFM局が4月1日に改編を果たしたのに対し、民放AM局はナイターシーズンに突入した先月の最終金曜日からというところが多かったかもしれません。私の住む青森県のRABラジオでも同様に平日はナイターを挿入する形となった一方で、平日帯の生ワイド番組や土日の生放送番組の入れ替えはなく、番組内の細かな変更にとどまっています。

そんな中、平日午後帯の『GO!GO!らじ丸』(月-金曜 11時55分)は毎正時にニュースを持ってきたり、特に12時台はリクエストに答える形に変更となったのですが、前者においては12時ちょうどからのパーソナリティ同士の長尺のフリートークが、後者はディレクターが選んだ最新曲が流れにくくなったという点において勿体無いなと。無論、AM主要聴取層への配慮や番組モニター等からの指摘もあったのかもしれませんが、以前書いたエントリー(AMラジオで最新曲をかけることの意義)を掲載した身としてはやはり寂しさを覚えるのです。

 

そんな改編直後の先週金曜、同番組のラストでかかった曲に触れて興奮を隠せませんでした。大好きな曲のイントロが流れたと思ったら別のEDMとして昇華された曲なのですから。

・Alesso feat. Roy English「Cool」(→iTunes Store)

スウェーデン出身のEDMプロデューサー/DJ、Alesso(アレッソ)が、LAを拠点に活動するシンガー・ソングライター、Roy Englishをフィーチャーした』(Alesso「Cool ft. Roy English」 | ロック&クラブ・ウェブマガジン:iLOUDより)楽曲。この曲で大胆にサンプリングされているのが、カイリー・ミノーグによる2010年作の好盤『Aphrodite』(→iTunes Store)からシングルカットされた「Get Outta My Way」(公式YouTubeチャンネルにはなぜかミュージックビデオが未掲載だったので動画貼付は控えます)。メロディの面では個人的に本家に軍配を上げますが、EDM(という呼び名が浸透する)以前の人気楽曲を大胆に引用してブラッシュアップする手法、そして元ネタの選曲のセンスの良さにはニヤリ。そしてこの曲を紹介してくれた『GO!GO!らじ丸』にはやはり感謝なのです(以前自分が紹介したSugar's Campaignに触れるきっかけも同番組でしたし)。

(ちなみに、カイリーの同曲を中田ヤスタカ氏が手掛けたリミックスも心地良いですよ)

 

 

今後AM放送は、災害放送(対策)や難聴地域対策を目的にFMでの補完放送が予定されています。一部地域では既に始まっているこの取組ですが、首都圏の3つの放送局(TBSラジオニッポン放送文化放送)ではこのFM補完放送を”ワイドFM”と呼ぶことに決め(「FM補完放送」呼称は“ワイドFM” | ORICON STYLEより)、今秋開始に向け動き出しています(各局のホームページにて紹介済)。個人的にですが、県境山間部の難聴地域在住であることからこういった取組を強く支持します。AMがFMにて補完放送されると音がクリアになること、そしてなによりAMとFMが同じ土俵に立つことを踏まえれば、AMは中高年層、FMは若年層…という住み分けの考えは古い概念となるかもしれません。いや既にradikoの登場でAMとFMは同じ土俵上にいると言っても過言ではないでしょう。その意味において、無論リスナーの声は大事ですがそれでも、AMで最新曲をかけるという攻めの姿勢は崩してほしくないものです。