face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

NHK青森放送局に新人アナウンサーが登場

今週ふと耳にした『午後のまりやーじゅ』(NHKラジオ第1 月-金曜13時05分)で、NHK札幌放送局からのニュースを北向敏幸アナウンサーが読んでいて驚きました。つい最近まで青森放送局に在籍していたのでは?と思いNHK青森放送局のホームページを確認すると、北向アナウンサーが異動となり、代わりに新人アナウンサーが入ってきていました。

NHK青森放送局 | アナウンサー・キャスター

 

新人アナウンサー、都倉悠太さんを今朝6時55分からのローカルニュースで初めて観たのですが、緊張もあってか声の抑揚にやや欠け、滑舌に不明瞭な部分があり、ローカル枠後半の天気予報の時間になると、間に合わないと思ったのか明らかに原稿読みのペースが上がり、週間天気予報を読み上げ始めたところで7時の全国ニュースに差し替わってしまいました。惜しいなあと思いつつ、おそらくはテレビでの"初鳴き"を偶然ながらもチェック出来たのは我ながら嬉しかったです(ラジオでは既にデビューしているのかもしれませんが)。新人アナウンサーに対して苦言を呈してしまい申し訳ないのですが、ここに記載したことはいずれも経験を積み、滑舌については努力を重ねることで改善できるはずです。声がこもらずまた通りも良いため、アナウンス力が飛躍的に伸び、今後大化けする可能性は間違いなくあるでしょう。

(地元民放局のアナウンサーが読み上げたクラッシクコンサートのCMがFM局で流れていたのを最近よく聴くのですが、声が通っていないために聴き取りにくいな、と耳にする度に不満を抱いています。CM制作時の音量調整の問題もあれど、読み手であるアナウンサーの資質に疑問を抱いた次第。ゆえに、声の通りは非常に大きな要素だと思うのです)

 

都倉アナウンサー、NHKが今年就職活動する学生に向けたサイトの"顔"として登場しています。若手有望株、という位置付けなのかもしれません。

内定者プロフィール 都倉 悠太 | 内定者に聞く | NHK職員採用情報

その有望株がなぜ青森に?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、NHK青森放送局に在籍後、NHK放送センター(本局)に異動(栄転?)するアナウンサーは少なくないのです。現在土曜と日曜の『NHKニュース おはよう日本』などを担当する近田雄一アナウンサーや、『Rの法則』の司会を務めた高市佳明アナウンサー(現在札幌放送局)も青森放送局に在籍していました。また本局在籍経験はなくとも大相撲中継になると必ず登場する、声がややハスキーな大坂敏久アナウンサー(現在津放送局)も一時期在籍。更に、アナウンサーではありませんが平日夕方のローカルニュース『あっぷるワイド』をこの春まで担当していた田中知子さんは、現在『ニュース シブ5時』のディレクターを担当し、時々自身も出演しています(本人のブログにて報告有)。

そう考えると、都倉アナウンサーは出世街道に乗ったと言っても過言ではないかもしれません。無論本人の努力如何にかかっていますが、テレビにラジオにと活躍の幅を広げ、まずは平日夕方枠を奪わんとするだけの力を身につけてほしいところです。

 

 

関係ないですが、ここ最近の青森県内放送局の若手男性アナウンサー、こぞって"犬顔"ではないかと。青森放送上野比呂企アナウンサー青森テレビ河村庸市アナウンサー青森朝日放送中井友紀アナウンサー、そしてNHK青森放送局の宮崎慶太アナウンサー...男性アナウンサーには採用されやすい顔ってあるのかもしれませんね。