face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

青森の”長く短い祭”とその関連曲

椎名林檎さんが来月リリースする新曲、「長く短い祭 / 神様、仏様」のジャケット写真に驚かされました。

アートワークは昨年の『青森ねぶた祭』で最優秀制作者賞・知事賞を受賞した『大間の天妃神 千里眼と??』を背に、一見シースルか(!?)とドキリとさせられる衣装の椎名がポーズを決めたもので、インパクト大なビジュアルが完成した。

椎名林檎、8・5新曲ビジュアルは“ねぶた” ホールツアーも発表 | ORICON STYLE(6月26日付)より

リンク先には写真も掲載。記事に不明瞭な点があるので補足すると、知事賞を受賞した『大間の天妃神 千里眼と哪吒(おおまのてんぴしん せんりがんとなた)』(青森菱友会 作:竹浪比呂央)は現在、青森駅そばの”ねぶたの家 ワ・ラッセ”に展示されているねぶたのひとつ。林檎さんは同施設を訪れて撮影したものと思われます。祭をモチーフにした作品のジャケットを、青森ねぶた祭を用いてくださった(しかも使用するねぶたをちゃんと見極めていた)ことに感激し、青森県民として嬉しくなりました。「長く短い祭」は現在、コカ・コーラのCMソングに用いられていますので是非チェックを。

 

ねぶたといえば、今週青森市からの生放送だった『NHK歌謡コンサート』(NHK総合 毎週火曜20時)にて、小型ですが青森ねぶた、および五所川原立佞武多(たちねぷた)が登場していました。そういえば、県外の方にとってはねぶた等の違いが定かでないらしく、以前放送された『マツコとマツコ』(日本テレビ 毎週土曜23時)にて方言カーナビが紹介された際、カーナビの音声が”ねぶたは弘前”と言っていたことにものすごい違和感を覚えたものです(カーナビのメーカーに問い合わせた方のツイートによると、どうやらテロップが間違いだった模様。となると、番組制作スタッフの知識の曖昧さというか、曖昧な知識をそのままで放送に至らせたことに苦言を呈したいところ)。青森市は人形型のねぶた、弘前市は扇型のねぷた、そして五所川原市は縦に長い立佞武多(たちねぷた)ですので、よかったら覚えていただきたいものです(ただし、弘前ねぷたまつりには数台、人形型も登場しますが)。

 

 

さて、来週7月8日、DJフクタケさんによるミックスCD『ヤバ歌謡』の第3弾、音頭編が発売されます。下記に収録曲も掲載されていますので参照してください。

DJフクタケ | DJ FUKUTAKE - UNIVERSAL MUSIC JAPAN - ヤバ歌謡3 –音頭編- - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

昨年および今年2月にリリースされたシリーズの最新版。前作から間を置かずのリリースはそれだけ評判となったという証拠でしょうし、夏に音頭という括りはいいですね。そういえば、今作の収録曲のうち、「ゴジラ音頭」「SATORI PART 2」は昨年ラジオでも紹介されていたことを思い出しました。

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル - 放送後記 第385回(2014年8月23日放送)

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル - 8/23 オンエア曲

特集音源はこの辺にありますのでよかったらチェックを(推奨は出来ませんが)。音楽ライターの大石始さん、そしてDJフクタケさんが”音頭特集”に登場し、正調派、そして異端?の音頭を紹介。その中で、DJフクタケさんが選曲した中から2曲が今回の『ヤバ歌謡』収録に至っている、というわけです。特集を楽しく拝聴した身としては、これは是非DJミックスで音頭に次ぐ音頭を堪能したいところですね。

 

ちなみに『ヤバ歌謡』には吉幾三「おばけがイクゾー」が収録。アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第3シリーズのエンディングテーマ曲だといえば知ってる方も少なくないでしょう。それはそれで嬉しいのですが...上記特集で大石さんによって紹介され、宇多丸さんが”かっけーなー! すげー、最高ですこれ!”と絶賛した「立佞武多」も入れて欲しかったなあと。権利の関係で難しい、もしくは今回のミックスの色にそぐわなかったのかもしれませんが。しかしながら、立佞武多の迫力を生で味わうと、吉さんの歌う「立佞武多」、とりわけ”ヤッテマレ!”のコール&レスポンスがクセになること必至。とにかく、間違いない曲なのです。

大石さんはおそらくこの光景を生で観て心打たれたはず。宇多丸さんが”日本のファンクマスター・フレックス”と称したのも解る気がします。今年もおそらく吉さんの”ヤッテマレ!”が五所川原で聴けることでしょう。

 

 

青森ねぶた祭五所川原立佞武多などの他にも、豪華絢爛な山車が繰り出される八戸三社大祭(7月末日より)もあり、青森県の、”(準備期間は)長く(期間は)短い祭”は8月初めに集中して開催されます。青森の心意気を是非とも体験していただきたいものです。行くタイミングがないという方には、椎名林檎さんの新曲や吉幾三さんの「立佞武多」を聴いて祭りの雰囲気を想像していただけたならば幸い。また、椎名林檎さんがジャケットに用いたねぶたは、おそらく今度のねぶた祭終了後に新しいねぶたに入れ替わってしまうと思われるので、ファンの方は来月上旬までにワ・ラッセを訪れることをお勧めします。