face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

『鎧武』から”スイーツ王子”へ...小林豊「情熱マンゴーセニョリータ」

ビルボードジャパンの最新チャート、8月3日付のHot 100で24位に初登場したのが小林豊「情熱マンゴーセニョリータ」。『仮面ライダー鎧武』(テレビ朝日系)で準主役として登場した小林豊さんの6枚目のシングル『恋するスイーツレシピ4 ~君が恋に落ちる一つの方法~』の収録曲。中京圏で活動するBOYS AND MENというアイドルユニットの一員であることもあって、セールス部門では7位を記録しています。

『鎧武』を観ていた自分にとっては、クールネス溢れるキャラクターとはかなり異なる(フルーツだけが共通項ですが)王子キャラに驚いてしまいました...。

歌声はV6の三宅健さんっぽいかなとふと。顔立ち共々甘い感じで、まさしくフルーティー、ですね。

 

レーベルの”恋するレコード”を調べてもはっきりとは出てこなかったのですが、小林豊さんの公式ホームページのURLが”koisuru-recipe.com”となっており、もしかしたら自主レーベル的なものかもしれません。フルーツやスイーツをイメージした楽曲の数々、クックパッドでは元パティシエの経験を活かしたレシピを掲載、そして「情熱マンゴーセニョリータ」の作詞が『失恋ショコラティエ』で有名な漫画家の水城せとなさんによる担当など、その徹底したスイーツ戦略には驚かされます。TBSアナウンサーと同じ名前などという紹介文言は不要になるほどに、”スイーツ王子”としてのキャラクターが広く世間に浸透していくのではないでしょうか。

(関係ないですが、TBSの小林豊さんは今年50歳になるそうで...それはそれで意外です。)

 

 

ちなみに、「情熱マンゴーセニョリータ」というタイトルから、爆風スランプ「東京ラテン系セニョリータ」が想起されたのですが、ミュージックビデオを観ると別の曲がどうしても思い浮かんでしまうのです。

・CHASE「CHASE ME!」

歌声等については今はツッコミやめておきます。

2番のサビ前、クラブと思しき場所でなぜかミルクを飲むCHASEのメンバー...行間を読め的なその演出に驚いたのですが、「情熱マンゴーセニョリータ」の2番のAメロでマンゴージュースにミルクを混ぜるという演出に「CHASE ME!」を想起してしまった次第。しかもYouTube掲載のショートバージョンはサビ前のBメロまで用意せずなぜかAメロでフェードアウトする構成...ということは、”マンゴージュース×ミルク”演出をどうしても流したかったのでは?という穿った(そしてエロティックな)見方をしてしまうのですが...考え過ぎでしょうか。

 

まあ、これらの先駆者は間違いなくこの曲でしょうね。