face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

今週発売、UK発コンピレーション『Now 92』 トラックリスト

内容は先々週あたりに判明していたのですが、内容充実につききちんと掲載。

 

11/20発売『Now That's What I Call Music! 92』(UK版) トラックリスト

(順位は全英(UK)、全米(US)とも総合チャートのもの。11/17夜の段階でのWikipediaを参照しています)

<disc-1>

01. Sam Smith「Writing's On The Wall」(UK1位・US71位)

02. Justin Bieber「What Do You Mean?」(UK1位・US1位)

03. The Weeknd「Can't Feel My Face」(UK3位・US1位)

04. Calvin Harris & Disciples「How Deep Is Your Love」(UK2位・US27位)

05. Naughty Boy feat. Beyoncé & Arrow Benjamin「Runnin' (Lose It All)」(UK4位・US90位)

06. Charlie Puth feat. Meghan Trainor「Marvin Gaye」(UK1位・US21位)

07. R. City feat. Adam Levine「Locked Away」(UK2位・US6位)

08. Rachel Platten「Fight Song」(UK1位・US6位)

09. Jess Glynne「Don't Be So Hard On Yourself」(UK1位)

10. Olly Murs「Kiss Me」(UK16位)

11. Ellie Goulding「On My Mind」(UK5位・US15位)

12. Little Mix「Love Me Like You」(UK13位)

13. One Direction「Drag Me Down」(UK1位・US3位)

14. Demi Lovato「Cool For The Summer」(UK7位・US11位)

15. Years & Years「Eyes Shut」(UK45位)

16. Grace feat. G-Eazy「You Don't Own Me」

17. Birdy「Wings (Acoustic)」(UK8位)

18. AURORA「Half The World Away」(UK11位)

19. Jamie Lawson「Wasn't Expecting That」(UK6位)

20. Ed Sheeran「Photograph」(UK15位・US10位)

21. Selena Gomez feat. A$AP Rocky「Good For You」(UK23位・US5位)

22. 5 Seconds Of Summer「She's Kinda Hot」(UK14位・US22位)

23. The Vamps「Wake Up」(UK12位)

 

<disc-2>

01. KDA feat. Tinie Tempah & Katy B「Turn The Music Louder (Rumble)」(UK1位)

02. Galantis「Peanut Butter Jelly」(UK8位)

03. Sigala「Easy Love」(UK1位)

04. Martin Solveig & GTA「Intoxicated」(UK5位)

05. MNEK & Zara Larsson「Never Forget You」(UK5位)

06. Diplo & Sleepy Tom「Be Right There」(UK8位)

07. Felix Jaehn feat. Jasmine Thompson「Ain't Nobody (Loves Me Better)」(UK2位)

08. Pia Mia feat. Chris Brown & Tyga「Do It Again」(UK8位・US71位)

09. Rudimental feat. Ed Sheeran「Lay It All On Me」(UK13位・US48位)

10. Sigma feat. Ella Henderson「Glitterball」(UK4位)

11. Disclosure feat. Sam Smith「Omen」(UK13位・US64位)

12. Fetty Wap「Trap Queen」(UK8位・US2位)

13. Format:B「Chunky」

14. WSTRN「In2」(UK4位)

15. Ariana Grande「Focus」(UK10位・US7位)

16. Silentó「Watch Me (Whip / Nae Nae)」(UK19位・US3位)

17. Joe Stone feat. Montell Jordan「The Party (This Is How We Do It)」(UK17位)

18. Nick Brewer feat. Bibi Bourelly「Talk To Me」(UK19位)

19. KSI feat. JME「Keep Up」

20. Wretch 32 feat. Anne-Marie & PRGRSHN「Alright With Me」

21. Philip George & Anton Powers「Alone No More」(UK4位)

22. Kygo feat. Ella Henderson「Here For You」(UK18位)

23. Ben Haenow feat. Kelly Clarkson「Second Hand Heart」(UK21位)

今回はUKチャートですら圏外の曲も少なくないのですが、これまで同様にディスク1の前半を大ヒット曲で、ディスク2の前半をダンスナンバーで固めています。

調べてみて気になったのは、モンテル・ジョーダンの全米1位曲「This Is How We Do It」(→YouTube)の歌パートをやや早回しでサンプリングし、そのミュージックビデオも用いたジョー・ストーンの「The Party(This Is How We Do It」からの、サンプリング元としても人気のクリスタル・ウォーターズ「Gypsy Woman (She's Homeless)」(→YouTube)を下敷きにしたニック・ブリュワーらによる「Talk To Me」という流れ。

『Now』シリーズではここ最近、必ずといっていいほど90年代前半のR&Bヒット曲をサンプリングした楽曲が収録される傾向にあります(イギリス版”Now”最新作、『Now 90』 トラックリスト公開(3月16日付)でも触れました)。イギリスでこういう動きが活発だということなのでしょうか。だとすれば次に引用されるのがどの曲になるのか、気になるところです。