face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

タキシード、オリジナルのクリスマスソング公開

2015年、最高のクリスマスソングと断言していいかもしれません。実際は先月リリースされていたのですが、このタイミングにて紹介します。

メイヤーのゾッコン(昭和語)な様子、最後のドヤ顔...そして呆れるジェイク・ワンという構図が楽しいミュージックビデオ。そして曲はトークボックスを用い、またTR-808も使っていて(ビデオの冒頭、暖炉の前にTR-808が置いてあるのでいかにも燃えているように見えるという...)、80's愛に溢れていますね。トークボックス使いゆえザップ(のロジャー・トラウトマン)を思い出したという方もいらっしゃるようですし、自分はAメロの着地の仕方やアレンジがSOSバンド「Just Be Good To Me」を思い出させるなあと実感。今年初めにリリースされた好作アルバムの流れを引き継ぐ素晴らしいオリジナルナンバーとなっています。

この曲、配信のみでのリリースとなっており、しかもAmazon限定とのこと(先月『Indie For The Holidays』というコンピレーションアルバムを配信開始しており、その中の一曲)。下記リンク先より確認可能です。

タキシードは以前もクリスマスソングを公開しており(しかもポール・マッカトニーの「Wonderful Christmastime」。以前弊ブログにて言及しています)。彼らの季節に応じたサービス精神には頭が下がります。

出来ることなら、これらクリスマスソングを是非ともフィジカル化してほしいなと思うのです。10月にはリミックスアルバムを配信リリースしており(→iTunes Store)、来年初めの来日公演のタイミングでこれらの配信限定曲集を...と思うのですがさすがに間に合わないでしょうね。それでもそう願わずにはいられないほど、手元に置いておきたいくらいにハマっています。