face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

現代版レトロソウル、ザ・ジャック・ムーヴスが日本デビュー

昨日の『J-WAVE TOKIO HOT 100』(J-WAVE 毎週日曜13時 最新チャートはこちら)、100位に初登場した曲のレトロソウル感に唸ってしまいました。

・The Jack Moves「Doublin' Down」

昨秋リリースされたザ・ジャック・ムーヴスのアルバム『The Jack Moves』にボーナストラックを3曲追加した国内盤が今月登場するというタイミングで同曲がランクイン。このアルバムについてはHMV『タキシードの次はコレ!ザ・ジャック・ムーヴスがデビュー』と訴求されていますが、タキシード(Tuxedo)のようなディスコティーク/ブギーというよりはむしろ、(先述した番組内でクリス・ペプラーさんが形容していたように)カーティス・メイフィールドに近いかもしれません。個人的にはボーカルの弱さを若干感じてしまうのは否めないのですが、しかしながら非常に心地よいですね。

アルバムからは下記の曲も公開されています。

・The Jack Moves「Season's Change」

・The Jack Moves「Joyride」

・The Jack Moves「Time & Enemy」

この4:3の画面、インベーダーゲーム時代のテロップ、画質…いい意味で卑怯だなあとニヤリ。音楽のみならず過去の流行も咀嚼したザ・ジャック・ムーヴス、CDを手にしてみたいと思います。

 

ちなみにYouTubeで彼らの曲をチェックするとその流れでこの曲にたどり着きました。朝からとろけそうになりますね。