face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

バニーズへ行ってみたい

『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』(TBSラジオ 毎週土曜22時)等の構成作家としてお馴染みの古川耕さんが、Twitterで公式リツイートする形で紹介していた下記ツイート。ミュージックビデオが素敵だったので紹介します。

古川さんがプロデュースした、詩人の小林大吾さんによるアルバム『小数点花手鑑』(2014)収録の一遍を、映像作家のやましたつぼみさんが手掛けた作品。アニメーションは『思っていた以上に大変』とやましたさんは振り返っていますが、メルヘンと不穏とが共存した素敵な作品だなあと実感しています。

 

小林大吾さんもこのミュージックビデオ公開に合わせてツイート。

 自身のブログにて、ミュージックビデオおよび「バニーズへようこそ!」についても解説されています。

ムール貝博士言行録: バニーズへようこそ!little red riding hood edition(1月7日付)

バニーズが実在するんだ…と昨夜寝ぼけ眼で読んで、住所を検索にかけてしまった自分です。大人のお伽話に紛れ込んだ感じがして、思わず笑ってしまいました。

 

 

小林大吾さんについては以前、タケウチカズタケさんとの「処方箋 / sounds like a lovesong」を弊ブログにて紹介したことがあります。

TBSラジオポッドキャスト配信サービス変更直前、聴けなくなる前に是非チェックを("タマフル"小林大吾編)(2013年1月29日付)

"21st New Standards" For The 21st Century(2013年3月22日付)

今でも大好きな一遍であり、逸品です。