face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

悪ガキレーベルから放たれたゴスペル良曲

来月、個人的に気になるコンサートが開催されるとの報が。先週の記事より。

ノトーリアス・B.I.G.の44歳の誕生日となる5月20日、ブルックリンのバークレイズ・センターにて、ふたたびBad Boyメンバーが再集結するコンサート〈Bad Boy Family Reunion〉が開催されることが決定。発表によると今回は、フェイス・エヴァンスリル・キム、メイス、フレンチ・モンタナ、112、ロックスという昨年の〈BET Awards〉の面子に、トータル(Total)、マリオ・ワイナンズ(Mario Winans)、カール・トーマス(Carl Thomas)らも加わり、スペシャル・ゲストとしてジェイ・Z(JAY Z)、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)も出演予定というスペシャルな夜になる。

バッド・ボーイといえば亡きノトーリアス・B.I.G.(コンサートではホログラムで登場するらしいです)の印象が強いためヒップホップレーベルと思われがちですが、フェイスやカール・トーマス等良質なR&B作品も多くリリースしていました。その面子が揃うとなると、どうしてもこの曲を思い出してしまうのです。

・The Bad Boy Family feat. Faith Evans, 112, Carl Thomas, Mario Winans, Thelma Guyton, Asia & Ashley, Tammy Ruggeri and Hezekiah Walker「You」

”悪ガキ”の名からは考えられないゴスペル曲。ゴスペルアルバムを出すという噂もあったと記憶してるのですがそちらは立ち消えになった模様。とはいえこの曲は音源化され、年始の風物詩となっているゴスペルヒット曲コンピレーションアルバム『WOW Gospel』の2002年発売版に収められています。ゴスペル界の大御所、ヘゼカイア・ウォーカーも参加とあってきちんとした(?)ゴスペルになっていますが、それにしても、いつ聴いても112は声細いですね。