face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ムーンチャイルドに癒やされる

R&B女性3人組のKINGの関連作品として、コリーヌ・ベイリー・レイの新曲「Been To The Moon」を以前取り上げましたが(「The Greatest」が好調のKING、関連作品が相次いで発売(4月11日付))、ブログエントリーをアップした日の夜、「Been...」の質感に近い好曲を耳にしたのでそちらをご紹介。

・Moonchild「All The Joy」

一昨日生配信された、TOWER REVOLVE PROJECT=タワレボの番組『高橋芳朗 presents タワレコ渋谷洋楽第二企画室』(リニューアルを経て、次回は5月23日に配信予定)にてバイヤーの方が紹介していたのが、この「All The Joy」を冒頭に据えたムーンチャイルドのアルバム、『Please Rewind』(2015)でした。タワーレコードオンラインのレビュー欄に『90sネオ・ソウル・マナーの(見た目とのギャップに感嘆する)再現力は、〈今ジャズ〉の採り入れ方も見事』とあり、たしかにR&Bともジャズとも言えるジャンル分けしがたい音でありますが、それこそ”2010年代の音”なんですよね。女性ヴォーカルの声質はコリーヌに似て可愛らしく、また艶っぽさもあるため、自分はこの曲を(こちらではこれから見頃となる)桜、それも夜桜の下で聴いて癒されたいと思ったのですが、番組出演者からは朝聴きたいとの声も。どの時間に聴いても彼女の声そしてこのトリオの音はしっくりくるのかもしれませんね。