face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

一人多重録音で、追悼プリンス

プリンスの死去以降、本人によるライブ音源や未発表曲、またプリンスを敬愛する歌い手によるカバー(トリビュート)の映像がYouTubeにアップされています。ディアンジェロビヨンセ、アレサ...皆プリンスチルドレンなんだなあと実感です(アレサの場合は姉といえるかもですが)。

そんな中、インディR&B界で活躍するミュージシャンが、”一人多重録音”でプリンスを追悼しています。

 

・L・ヤング

日本でも国内盤がリリースされた実績があり、昨年は(輸入盤のみですが)ニューアルバム『4 Ever Young』をリリースしたL・ヤングによる10分近いメドレー。最後の最後に挟まれる一節が染みます。

 

バイロン・チェンバース

またの名を”ミスター・トークボックス”。口にホースを咥える画がインパクト大ですが、この”トークボックス”を使用することでロボット的な声を出すことが出来るのです(トークボックスについてはホースをくわえて演奏する楽器用エフェクター「トークボックス」がスゴイ!! | ロケットニュース24(2014年3月18日付)を参照してください)。

バイロン・チェンバースも国内盤リリースの実績があり、ゴスペル/クリスチャンミュージックの世界で活躍する方。短尺ですが、冒頭に据えられたのが自分の大好きな曲で嬉しくなります。

 

もしかしたら今後、一人多重録音ではないもののアカペラコーラスグループのペンタトニックスが追悼音源をアップするかもしれません。そちらも楽しみです。