読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

南部の香り漂うゴスペル...「It's Alright, It's Ok」

アメリカでは5月30日が祝日のため、日本時間の毎週火曜早朝に発表されるシングルチャート速報は延期に。というわけで、前週のチャートから気になる曲を紹介します。

 

ホットゴスペルソングスチャート、最新6月4日付にて1ランク上昇し15位に登場したのはシャーリー・シーザー feat. アンソニー・ハミルトン「It's Alright, It's OK」。今年の1月にリリースされていた曲ですが、同曲を収録したニューアルバム『Fill This House』が今週リリースされることから上昇したものと思われます。

ブルージーな南部の香りが漂う好曲で、アンソニーの客演が見事にハマっています。ちなみにシャーリー、アンソニー共にアメリカ南部はノースカロライナ州の出身であり、同郷なのですね。

 

牧師や作家でもあるシャーリーについては、シャーリー・シーザー | Gospel Nowバイオグラフィーや彼女の言葉等が非常に解りやすく記載されておりますのでそちらを是非(勝手ながら紹介させていただきました。問題があれば削除いたします)。また、1月にアメリカで放送された『Celebration Of Gospel』にて、シャーリーとアンソニーが「It's...」を披露しており、その映像はbmrで紹介されています。

シャーリーのパワフルな歌声が希望を与えてくれる、そんなパフォーマンスです。そのシャーリーは現在77歳(!)。女性の年齢について取り上げるのはよろしくないと言われるかもしれませんが、この力強さはただただ見事、素晴らしいとしか言いようがありません。

 

ちなみに客演参加のアンソニー・ハミルトンは今年の春にアルバム『What I'm Feelin』をリリース済。先行シングル「Amen」は米ビルボードアダルトR&Bソングスチャート、最新6月4日付で4位に上昇。アーメン(英語の発音的にはエイメンと言うべきですが)という神様への祈りの言葉を冠したこの曲ですが、女性を称えるような内容となっています。