読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

青森・津軽の祭関連曲集

昨日放送の『GO!GO!らじ丸』(RABラジオ 月-金曜 11時55分)で、ねぶたなど青森県の夏祭りに関連した曲が流れていたことに刺激を受け、青森夏祭り関連楽曲を列記してみます。昨年も同時期に書いたのですがその拡充版ということで。昨年のエントリーは下記に。

というわけで、前回のエントリーで触れた曲達を。

 

椎名林檎「長く短い祭」

ジャケット写真には2014年の最高賞である知事賞を受賞した竹浪比呂央氏のねぶたを使用。昨年の『NHK紅白歌合戦』のパフォーマンスも素晴らしかったですね。

 

吉幾三立佞武多

8月4日からはじまる五所川原立佞武多でこの曲をほぼ毎年、生で披露する吉幾三さん。あまりにパワフルで、立佞武多をより勇壮に魅せる効果は絶大。♪ヤッテマレヤッテマレ は立佞武多独特の掛け声。動画は2012年の模様。

 

山本譲司&岸千恵子「NEBUTA BOUND ~ GET DOWN SNOW FUNK」

こちらのエントリーで以前記載。

昔、『ザッツ宴会テイメント』(日本テレビ系)で北島三郎さんが和製ジェームス・ブラウンと紹介されていたのを機に、高い歌唱力を誇る演歌・民謡歌手はソウルフルな作品も似合うはずと感じたのですが、この「NEBUTA...」における民謡歌手同士の掛け合いはファンク度高めで格好良いのです。音源を下記サイトで視聴出来ますのでそちらを是非チェックしてみてください。

 

人間椅子ねぷたのもんどりこ」

試聴は下記などで。

弘前出身のバンド、人間椅子が地元の弘前ねぷたについて取り上げた曲。♪ねぷたのもんどりこ は弘前ねぷたが地元の町に戻る(帰る)際のねぷた独特の掛け声。

 

矢野顕子「ふなまち唄 PartI」

1976年のデビューアルバム『JAPANESE GIRL』のラストを飾る、青森ねぶたの囃子や♪ラッセラーラッセラー というねぶた独特の掛け声を用いた勇ましい曲。矢野さんは青森市出身であり、ねぶたが矢野さんの記憶に染み付いているんだと実感します。

ちなみに弘前市図書館のCDライブラリーには地元歌手のCDが豊富に取り揃えられており、矢野さんの作品群もほぼコンプリートされています。

 

 

その他、ねぶた/ねぷたについては演歌界で取り上げられることが多く、下記サイトにて詳細を確認出来ますのでチェックしてみてください。

ねぶた関連曲集

(勝手ながら取り上げさせていただきます。問題があれば削除させていただきます。)

 

 

青森ねぶたと弘前ねぷたは残り2日、そして五所川原立佞武多は残り3日。祭が盛り上がり、そして無事に終了することを願うばかりです。