face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

アッシャーのアルバムが遂にリリースへ、そして”見送られた曲たち”

R&Bシンガーとして20年以上のキャリアを誇るアッシャーが、9月に久々のオリジナルアルバム『Hard II Love』をリリースすることが決定した模様です。日本時間の今朝未明にこんな情報が登場。

ニュージーランドiTunes Storeで予約開始されたことでリリースが判ったとのこと。全15曲入りで、先行シングルとしてリリースされた曲(ヤング・サグとの「No Limit」、「Crash」)や、アッシャーが実在する元ボクサー、シュガー・レイ・レナードに扮した映画『Hands Of Stone (原題)』(8月26日全米公開)の劇中曲「Champions」が収録されるそう。その他、「Missin U」なる曲もクレジットされています。

 

「Champions」については今月中旬リリックビデオが公開。映画のトレーラーとしても楽しめます。

曲はサルサ歌手のルーベン・ブラデスをはじめ、ラファエル・サディーク等と共作したそう。

 

そして「No Limit」は最新9月3日付の米ビルボードシングルチャートで33位まで上昇。シンプルな画ながらダンスに魅了され、またアッシャーとヤング・サグのカラフルなファッションも美しい作品に仕上がっています。トラックもビデオもシンプルなのは、アッシャーの歌にきちんとした芯があるからこそ出来るのではないかと。

サビで”Make me say Uhhh...”と歌っているからか、この曲のリミックスにはあのマスター・Pが登場。そんな人選にもニヤリ。

 

「Crash」については以前取り上げていますのでよろしければ。

アルバムタイトルは当初『Flawed』でしたが変更に。現地時間の今日映画が公開され、また「No Limit」のチャートアクションも好いことを踏まえ、遂にアルバム発売という流れになったのではないかと推測しています。

 

とはいえ...「Crash」掲載時のエントリーの再掲になるのですが、『Hard II Love』には一昨年および昨年リリースしたシングル群が未収録になる模様で、それが至極残念でなりません。とりわけ、音数が本当に少ないものの激ファンキーな「Good Kisser」、そしてチャートアクションも良好だったジューシー・Jをフィーチャーした「I Don't Mind」が見送られるのは切ないですね。国内盤だけでもボーナストラックで収録していただきたいものです。以下、収録見送りが予定されているシングル4作品を掲載しますのでこちらも是非。