読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

アジア系R&B歌手のデビューシングル、ヒットの兆し

最新10月1日付の米ビルボードアダルトR&Bソングスチャートで前週より2ランクアップし19位にランクインしたのがアナレ(Annalé)のデビューシングル、「Roses」。発音が不明なため、もしかしたらアナレという表記は誤っているかもしれませんが。

アナレは韓国とアメリカのハーフで、韓国およびニュージャージー育ち。作曲家で指揮者の父親とオルガン奏者の母親という音楽一家のもと、かろうじてペダルに足が届いた4歳の頃からピアノを習い始めたそう。レイラ・ハサウェイやフロエトリーのマーシャ・アンブロージアス、ブライアン・マックナイト等から影響を受けた彼女が紡ぎ出す音は実に上品で、曲作りや歌い方等をあのバークリー音楽大学で学んだとのこと。現在はロサンゼルスに拠点を移しています。

残念ながら正式に公開されている音源はこの「Roses」のみの模様ですが、評判が上がればさらなる音源が矢継ぎ早に公開されるのではないか、いやむしろそうなってほしいと期待しています。

 

それにしても同チャートにおいては、以前紹介したマレーシア出身のユナ「Crush」が3位まで上昇しており、アジア系の歌手が次々にランクインしている状況には嬉しくなりますね。いずれ日本人歌手も...と思うのですが、果たして。