face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

世界に蔓延る"嫌悪感の表出"にどう対処していくべきか

昨日のアメリカ大統領選挙の結果には愕然としました。個人的な見方として、【嫌いという感情を前面に出すのが是であるということ、あくまで個人的な嫌悪感を社会的正しさとすり替えること、自身の正しさを証明するためなら相手を侮辱したり理解しようとする姿勢を排除しても構わないこと】、それらがどんどん進んでいるような気がします。イギリスのEU離脱決定の際に抱いたのと同じものです。ドナルド・トランプならびにその強烈な支持者(更には共和党支持者)が前面に訴求してきた蔑視目線が、あらゆるマイノリティを排斥へ向かわせるのではないかと考えると、様々な面においてマイノリティである身としてはただただ憂うばかり。

今夏のオリンピックでブラジルがテーマに掲げた"多様性"が、多くの人の記憶からどんどん抜けている気がして悲しくなります。多種多様な他者と手を取り合うことは出来ないのでしょうか。尤も、オリンピックについての日本の報道も"成功しないのでは?"というあら捜し的なものが多く、そこにも蔑視目線を抱いた次第。全世界的に【】内の感覚(日本の報道においては、アンカーや専門外のコメンテーターが個人的見解を挟んだり、演出過多であることがその一種ではないかと)が溢れているのが今の世界の一番の問題ではないかと考えます。

 

あまりにも...な出来事が続く2016年。昨夜はなんだか気分が優れず、美しい曲に心身を委ねるばかりでした。

・After 7「I Want You」(2015)

昨年ベイビーフェイスがリリースしたアルバムに収録(詳細はベイビーフェイス、新譜の全容判明(2015年11月23日付)に記載)。童顔氏のお膳立てを経て今秋久々のアルバム『Timeless』をリリースした彼らですが、このアルバムが好盤。聴いた人が優しく微笑むことの出来るような、美しい曲が満載なのです。

 

こういった聴き手を包み込み、マイナス感情の棘を抜く曲がもっと世界に溢れたなら...と願わずにはいられません。