face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

アメリカのクリスマスソングチャートを掘り下げてみる

クリスマスまで10日を切りました。さほどクリスマスに興味のない方でも、ディスプレイやイルミネーションのクリスマス~年末モードに一度は見惚れたということはあるのではないでしょうか。かくいう自分は、ゴスペルを歌ったことを機にクリスマスの楽しさなどが(宗教観とは別に)芽生えた次第です。

 

さて、このブログでも以前紹介した、米ビルボードのクリスマスソングスチャート、”Holiday 100”。12月集計分のみに基づく期間限定チャートです。

長く親しまれている曲がチャートに登場する(ただし当然ながら、日本で認知度の高い曲が必ずしも上位であるとは限らない)こともあり、使用されている歌手の宣材写真は白黒のものが目立ちます。とはいえ宣材写真を選ぶ米ビルボードのさじ加減一つですし、エルヴィス・プレスリーはカラーなのですが。

このチャートで最新12月24日付チャートを制したマライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You」は(総合)シングルチャートでも17位にランクイン。今後の盛り上がりによっては、これまでの最高11位を超え初のトップ10入りということもあるかもしれません。

 

クリスマスソングスチャートは開始から10年も経っておらず日が浅いこともあってか、現在トップ100入りしている曲に限ってみるとこれまで首位獲得曲はわずか5つしかありません。

マライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You」(最新12月24日付1位)

・ペンタトニックス「Mary, Did You Know?」(最新9位)

ジャスティン・ビーバー「Mistletoe」(最新25位)

アリアナ・グランデ「Santa Tell Me」(現在28位)

・ペンタトニックス「Little Drummer Boy」(現在93位)

短期間に2つものクリスマスアルバムをリリースしたペンタトニックス、そしてアイドル時代のジャスティンとアリアナ…ペンタトニックス「Mary…」を除けば最高位と現在の位置に大きな差があるためまだまだ定番化しているとは言えないかもしれません。そう考えれば「Mary…」も頑張ってはいるのですが、長きに渡りクリスマスを彩ってきたワム!ビング・クロスビーナット・キング・コールやエルヴィスにまでも首位の座を明け渡さないマライアの強さはとてつもないですね。