読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

アリーヤの喪失をあらためて思う

米時間1月16日はマーティン・ルーサー・キング牧師の日による祝日のため米ビルボード速報の発表は明日に。

 

 

さて、同じく1月16日は、歌手で女優のアリーヤの誕生日です。

2001年、わずか22歳の若さで飛行機事故により他界(彼女が付き合っていたデイモン・ダッシュによる回想が昨年bmrで記事に)。しかしR&Bファンの中で、彼女の音楽が途切れることはありません。

昨年、ブラウンストーン「If You Love Me」をサンプリングした「Say It」がヒットしたトーリー・レインズ(bmr表記。トリー・レーンズと書くところも)が、正月に突如リリースしたミックステープに収録されたのは、彼女の「I Don't Wanna」(サウンドトラック『Romeo Must Die』(2000)収録)をサンプリングした、その名も「Aaliyah」。

ミックステープはトリーのFacebook経由でダウンロード可能です(メール登録必須)。

 

彼女のプロデューサーだったティンバランドも最近になって新人にアリーヤの曲をあてがい(bmrより)、彼女の曲の好さがあらためて認知されているように思います。しかし、もしあの事故がなかったならば、過去曲へのスポットライトのみならずさらなるティンバランドとの深化に因る名曲が生まれ、また映画では『ロミオ・マスト・ダイ』に次ぐヒットを連発していたんだろうなあと思うと、事故による喪失が悔やまれてなりません。

誕生日おめでとう、そしてあらためてご冥福をお祈りします。