読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ビルボードソングスチャート、ミュージックビデオ解禁効果でエド・シーラン「Shape Of You」が再度トップに

米ビルボード速報

ビルボードソングスチャートを定点観測。

日本時間の火曜早朝に発表された、2月18日付最新チャート。アルバムチャートで今週初登場首位を獲得したミーゴスによる、リル・ウージー・ヴァートをフィーチャーした「Bad and Boujee」がソングスチャートでは陥落。替わって3週ぶりにエド・シーラン「Shape Of You」が返り咲きました。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

前週のチャートにて次週は4つ巴の争い?と書きましたがまさしくその通りの展開。首位に立った「Shape Of You」とゼイン&テイラー・スウィフト「I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)」(3位)は共にミュージックビデオ公開に伴うストリーミングの上昇が大きく、それが他指標を牽引する形に。

「Shape…」はストリーミングで前週比19%、デジタルダウンロードで11%、ラジオエアプレイで24%いずれも上昇しています(ただしいずれの部門でも首位には至れず、一指標も首位にならずに総合で首位という記録が誕生。これはシーア feat. ショーン・ポール「Cheap Thrills」が昨年8月13日付で記録して以来半年ぶりとなります)。

「I Don't…」は登場8週目でトップ3入り。ストリーミングでは前週比58%の大幅アップ、ラジオエアプレイでも15%上昇していますが、ストリーミング以上に大きく上昇したのがデジタルダウンロードで前週比124%もの上昇。これは集計週にiTunes Storeにて同曲を69セントの安価で販売したことが功を奏しており、タイミングの重要性を実感します。この曲は映画『Fifty Shades Darker』サウンドトラックに収められ、映画公開およびサウンドトラック発売が今週であることから、再来週のチャートでさらなる上昇が期待出来そうです。

 

前週4つ巴と紹介したうちの残り2曲…マシン・ガン・ケリー&カミラ・カベロ「Bad Things」は「I Don't…」に追い抜かれる形で4位どまり。各指標の上昇幅も0~3%と小幅なものとなり失速の可能性も。一方、エド・シーランに首位を明け渡した「Bad and Boujee」(2位)は再浮上もあり得るかもしれません。というのもストリーミングが未だ8%上昇し同部門で6週目の首位を獲得したのみならず、ラジオエアプレイでも19%上昇し同部門トップ20入り。それぞれがデジタルダウンロードの落ち込みを補完しています。ラジオエアプレイのヒットによりロングヒットの兆しも見えており、次週「Shape…」のストリーミングの落ち着き次第では再度入れ替わる可能性も、もしかしたらあるかもしれません。

 

そして注目は今週5位のザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー「Closer」。

初登場から27週連続でトップ10入りを果たしているこの曲ですが、トップ5内でみると今回が25週目。これは米ビルボードソングスチャート58年の歴史において下記2曲と最長タイとなりました。

リアン・ライムス「How Do I Live」は1997年年間9位、翌98年5位。マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ「Uptown Funk」は2015年年間1位とそれぞれ大ヒット。「Closer」も昨年の年間チャートで10位を記録していますが、ザ・チェインスモーカーズが日本時間で来週月曜に開催される第59回グラミー賞において最優秀新人賞を含む3部門にノミネートされていることから、もしかしたら次週以降もトップ5入りするのではないか、そして「Closer」が今年の年間チャートでも上位に食い込むのではと予想します。

 

 

”もうすぐトップ10”にはそのザ・チェインスモーカーズ「Paris」が11位に再浮上(初登場は7位)したほか、ザ・ウィークエンド feat. ダフト・パンク「I Feel It Coming」が16位、アルバムチャートを制したミーゴス「T-Shirt」が19位にそれぞれ上昇。また前週とは変わらなかったものの今週10位にランクインしたアレッシア・カーラ「Scars To Your Beautiful」は、今月4日の『サタデー・ナイト・ライブ』で披露したことを機に次週のチャートで上昇が見込まれると報じられています。

 

次週はおそらく上位3強の争いになるでしょう。日本時間の昨日行われたスーパーボウル、ハーフタイムショーでのパフォーマンスによりレディ・ガガの作品が次週のチャートでどこまで上昇するかにも注目したいところです。そのパフォーマンス動画、きちんと公式としてアップされているのは素晴らしいですね。