face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

”ゲワイ”だけじゃない、1曲で十数バージョンの作品集

自分がスタッフのひとりを担当する『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)。前回3月5日は、その日に誕生日を迎えた【北条司】をテーマに、北条司さんが描いた漫画のアニメ/実写化における主題歌や挿入歌を特集してお送りしました。

で、『キャッツ♥アイ』といえばANRIさんという方が多いかもしれません(事実、この曲にリクエスト多数、でした)。では『シティーハンター』といえば? との問いに対し、おそらくこの曲と回答する方が最多ではないでしょうか。

 このバージョンを発端として、数多くのリミックスなりライブバージョンをなんと3枚組にコンパイルしたアルバムが来月リリースされます。

さらには電気グルーヴ石野卓球さんが新たなリミックスを担当。

 

全曲”ゲワイ”というのはたしかに濃密ですが、全曲バージョン違いというのは何もこれだけではありません。思い出したのがこちら。

シネマバージョンだけで4つも、そしてDJ HASEBEさんによるリミックスまで存在するのですから驚きです。

 

そしてこんなのも。

はてなブックマークの数の多さゆえ知っている人は多いかと思うのですが、織田裕二さんよりも3ヶ月前にリリースされたこちらは全14曲収録。

さすがに織田裕二さん、そして松崎しげるさん共に1枚組ゆえ、TM NETWORTのほうが曲数が多い(濃い)ように思うのですが…しかし、音楽ナタリーの表題にあるように「愛のメモリー」も、そして「Love Somebody」も共にアルバムではなく”シングル”扱いなのがミソ。特に「愛のメモリー」は当時の税込で1000円なのですから、濃厚なしげる色が一段と濃くなっているというわけです。ぜひ手に取って聴きまくってほしいと思います。

 

そして、”ゲワイ”に話を戻すと、今日になって新たなるバージョンnが公開されています。どこまで進化を続けていくのでしょうか。