face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

【ラジオオンエアにつき再掲】三浦大知を知るきっかけの楽曲群

昨日放送の『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)、音楽特集【三浦大知】を聴いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。久々の自分持ち込み企画は伝えきれないことが多すぎて第2弾やりたいくらいですが、まずは昨日の特集を機にひとりでも多くの方が三浦大知さんに興味を抱き、音楽に触れ、ライブに足を運んでいただけたならば本当に嬉しいです。

 

さて実は今回の特集、”初心者のための三浦大知講座”という裏テーマでお送りしたのですが、今回の内容の"基礎"は以前一度掲載していました。今からおよそ1年前、『ミュージックステーション』初出演~RHYMESTER主催の音楽フェス【人間交差点】出演を観た後に記したものです。

昨日の選曲は下記に。そして昨日お送りした曲の大半のミュージックビデオは以前のブログエントリーに掲載しています。

・1. 三浦大知「EXCITE」(アルバム『HIT』収録)

・2. 三浦大知「Cry & Fight」(アルバム『HIT』収録)

・3. Folder「I WANT YOU BACK - English Version -」

  (アルバム『7 SOUL』収録)

・4. 三浦大知「Keep It Goin' On」

  (アルバム『D-ROCK with U』収録)

・5. 三浦大知「Black Hole」(アルバム『D.M.』収録)

・6. 三浦大知「ふれあうだけで ~Always with you~」

  (アルバム『FEVER』収録)

・7. 三浦大知「Darkest Before Dawn」(アルバム『HIT』収録)

・8. 三浦大知 feat. SOIL & "PIMP" SESSIONS「Rise Up」

  (アルバム『HIT』収録)

トラック1、7および8については前回のブログエントリー以降の発表曲。

SOILとの共演曲であるトラック8はミュージックビデオがありませんが、ハズレなしのアルバム『HIT』の中でもとりわけ好きな曲。SOIL & "PIMP" SESSIONSは以前RHYMESTERと共に「ジャズィ・カンヴァセイション」をリリースしており、SOILの歌モノもまたハズレなしだと思っています。

トラック3「I WANT YOU BACK」のオリジナルを聴くと、三浦大知さんがFolder時代からなぜ"和製マイケル"と言われてきたかが分かるはずです。聴き比べの意味も込めてオリジナル版を紹介します。

そしてソロデビュー曲のトラック4「Keep It Goin' On」は以前のブログエントリーにおける「No Limit」と入れ替わる形で今回紹介しました。派手さを抑えたスムースダンサーなトラックは、ソロデビュー曲としては一聴して地味に映るかもしれませんが、三浦大知さんのポテンシャルの高さを引き出すに十分。というか、三浦大知さんだからこそ乗りこなせる楽曲ではないかと。

 

 

他にも昨日は、"「Cry & Fight」のキモは2番で水滴が落ちた後の一瞬の静寂からの激しさ"(by DJ担当あやかさん)、"アルバムからのリードトラック且つアルバム冒頭曲が特に格好良い"等お伝えしました。ちょっと熱をこめすぎるあまり、喋り終わりで常に口の中の水分がカラカラに近くなっていた自分です。

 

 

聴いてくださった皆さん、そしてスタジオ前まで足を運んでくださった方にも感謝します。いつか三浦大知さんが青森県で単独公演してくださることを心待ちにしています。