face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

『ミュージックプラザ』木曜版がほぼそのまま踏襲、他局で復活を果たす

毎週金曜はラジオの話。

 

先週はJ-WAVE改編について触れましたが、取り上げた番組の初週は想像以上に良く、選曲や語り口などが初週にもかかわらず既に安定感抜群でした。技術や音楽への愛情、リスナーへの心配りを忘れない姿勢に、あくまで自分の中でですがJ-WAVEが帰ってきたという思いを強く抱いています。

 

そして、帰ってきたといえば、昨年3月まで『ミュージックプラザ』(NHK-FM)の木曜、"洋楽HIT GRAFFITI"担当だった矢口清治さんもそのひとり。局は違えど、番組コンセプトほぼ踏襲されており、聴いてニヤリとしてしまいました。

その番組は、今週月曜にスタートしたFM NACK5『Music Freeway』(月-木曜 23時-23時30分)。"ラジオを彩った数々の洋楽ヒットをご紹介"というコンセプトといい、曲をほぼフルでかけたり、またチャート情報や最近のミュージシャンの動向を伝えたり…最早民放版『ミュージックプラザ』と言っても過言ではないでしょう。

さらにはあの口上も復活。

初回放送分の番組最後、"必ずお元気で"という言葉に触れた瞬間の高揚感たるや。お帰りなさい!という言葉を心の中で叫んだ自分です。大袈裟かもですが、それだけ待ち侘びた今回の復活。以前ここで『ミュージックプラザ』終了について取り上げた際、コメント欄に番組終了についての様々な感情を綴ってくださった皆さんに、今回の新番組の開始を早く気付いてほしいと切に願います。

 

昨日の番組内でも触れていましたが、番組はradikoのタイムフリー機能で1週間聴取可能。聴取外区域からでも月額378円(税込)でradikoプレミアムに加入すれば、FM NACK5をはじめとする全国のradikoプレミアム参加局の番組を聴くことが出来ます。詳細は下記リンク先をご参照ください。

エリアフリーとは ? | radiko.jp

週4回、およそ2時間分の番組が4週以上聴くことが出来て月額400円未満(通信料は除く)…これって非常にお得だと思いますよ。

 

 

『Music Freeway』は音楽のアウトロにほんの少し、矢口清治さんの語りが入ってきますが全く苦になりません。またCM明けの後半1曲目では、『ミュージックプラザ』では行っていなかったイントロ乗せに挑戦し見事に決めており、その技術面もまた素晴らしいのです。矢口さんの技術力の高さ、音楽への精通そして音楽への深い愛情…これらが三位一体となって顕れる『Music Freeway』は、素晴らしい洋楽を知ることが出来ると共に、ラジオDJの手本になる番組だと言えるでしょう。