読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

MONDO GROSSO復活と15年前の名曲と

大沢伸一さんのプロジェクト、MONDO GROSSOが復活。14年ぶりとなるオリジナルアルバム『何度でも新しく生まれる』からの先行曲「ラビリンス」のボーカルを満島ひかりさんが務めることが話題となっています。

リリックビデオは下記に。

満島ひかりさんといえば、出演したドラマ『カルテット』(TBS系)でのユニット、Doughnuts Hole名義での「おとなの掟」でも主旋律を担当。また中島みゆきさんの絶品カバー(いくつかありますが、「ファイト!」は昨年下半期の私的邦楽ベストに選んだほど)や、昨年3月までの1年間を対象期間とした第54回ギャラクシー賞で個人賞を受賞した際の対象作品であるドラマ『トットてれび』(NHK総合)におけるミュージカル的演出での歌唱シーンなど、歌の仕事が増えていることから、いつか彼女の関連作品をコンパイルしてフィジカルリリースしてほしいと切に願います(特に「おとなの掟」)。

 

さてMONDO GROSSOですが。個人的に最も好きなのがその前年に日本デビューを果たしたBoAさんをフィーチャーした2002年リリースの「Everything Needs Love」。流麗なストリングスとピアノ、強いビートとなにより彼女のボーカルの存在感が高い次元で混ざり合い格別の心地良さを生み出したこの曲は、生涯のフェイバリットとなったといっても過言ではありません。

SNSにて、MONDO GROSSOが新曲を出すタイミングに合わせてYouTubeに過去作品の動画を公式としてアップしていることを知りました。アクセスし、何度も繰り返し聴いて(観て)いる自分がいます。

つぶやいた方曰く、このミュージックビデオには現在主流となっているリリックビデオの趣があるということでしたが、もしかしたらこの曲およびMONDO GROSSOはリリックビデオの先駆けだったのかもしれません。このタイミングでアップしてくださったMONDO GROSSOならびに当時の所属レーベルに感謝し、また新作を心待ちにしたいと思います。