読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

人間交差点フェス、KIRINJI弓木英梨乃の素晴らしい二面性にヤラれる

5月14日はRHYMESTER主催フェス、【人間交差点2017】へ行ってきました。RHYMESTERをはじめ出演された方々皆さん素晴らしかったのですが、そこで最も印象的だったのがKIRINJI、そしてメンバーでもある弓木英梨乃さんでした。超絶ギタープレイとかわいらしいボーカル、クールとキュートの同居...これは只者ではない!と実感した次第。

 

彼女のこれまでについて、またギタープレイの凄さは下記記事に詳しく掲載。記事では放課後ティータイムGO! GO! MANIAC」のギタープレイ動画が紹介されており、この演奏だけでも如何に凄い方か理解出来るはずです。KIRINJIでの演奏は勿論のこと、Base Ball Bearのサポートギターとしても幾度となくギターソロを披露しており、観客から喝采を浴びていました。

 

 

一方でキュートな側面が最も端的に示されたのが、人間交差点でも披露された、彼女がボーカルを務める「Mr. BOOGIEMAN」(アルバム『ネオ』(2016)収録)。声のあどけなさやかわいらしさ、さらにギターを置いてボーカルに徹した際の仕草のひとつひとつがかわいらしく、ギタープレイとのギャップにただただ驚かされました。

曲の後半、サビのある部分でボーカルが一気に高音に達するところがあるのですが、歌詞世界と見事に相俟っており世の男子はノックアウト必至かと。まさに"マブシっす!"な仕上がりで、釘付けになってしまいました。

 

KIRINJI自体が超絶演奏陣による集団ゆえ音像も見事、ゆえにRHYMESTERをフィーチャーした「The Great Journey」を間近で観たその衝撃は、今回のフェスで1、2を争うほどの最高の瞬間だったなあと実感。上記トレーラーをチェックし、DVDをポチったのは言うまでもありません。