face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

『荻上チキ Session-22』の第54回ギャラクシー賞ラジオ部門大賞受賞を心から祝う

昨日贈賞式が開催された、第54回ギャラクシー賞。テレビ部門およびラジオ部門の大賞および優秀賞がこの日発表され、テレビ部門では『NHKスペシャル ”ある文民警察官の死~カンボジアPKO23年目の告白~”』(NHK総合 2016年8月13日放送)が、ラジオ部門では『荻上チキ Session-22』(TBSラジオ 月-金曜22時)が大賞を受賞しました。テレビ部門の大賞は、下記サイトを経由してNHKオンデマンドで有料配信されています。

また、『荻上チキ Session-22』の受賞回となったのは、2017年1月17日放送、【薬物報道ガイドラインを作ろう!】の回。これは聴き手ながら個人的にも思い入れが強く、特にこのガイドライン作成が必要な理由を、(ガイドライン自体は薬物依存に苦しむ方を救うための側面が勿論強いですが、個人的には)現行報道番組の問題に照らし合わせて紹介させていただきました。

自分が現行の報道番組全般に感じる問題について、ストレートニュース以外のほとんどの報道番組と『荻上チキ Session-22』(番組ハッシュタグは #ss954 )との差を昨夜ツイートしました。

昨日のギャラクシー賞受賞報道については、現段階で確認出来る限りオリコンしかありません(ので、これもまた、薬物報道ガイドラインを報じたくない等の姿勢なのか?と邪推してしまうのです)が、この受賞がタイトル通りの”一石”となることを願うばかりです。薬物依存者を救うための薬物報道における一石のみならず、すべての報道番組があらゆる報道を伝える際に冷静になるための布石として。

 

昨日の『荻上チキ Session-22』、オープニングでも授賞式の模様が取り上げられています。下記に当日の放送分の音声(およびページ内に受賞回【薬物報道ガイドラインを作ろう!】のリンク先)がありますので是非チェックしてください。添付された音声は、TBSラジオクラウドに無料登録すれば聴取可能ですので登録をお勧めします。また荻上チキさんと南部広美さんによる受賞コメント動画も掲載されています。

 

なお、各賞については下記オリコンニュースをご参照ください。