face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

ギャラクシー賞受賞作品を”後追い”出来るようにしてほしい

俳優、小出恵介さんの問題によるメディアの”差し替え”が伝えられる度、差し替えの是非はともかく、今回の出来事の大きさが理解出来ます。

そんな中、NHKが明日からの新ドラマ、差し替え後の作品を発表しました。

NHKは、小出主演で10日スタート予定の土曜ドラマ「神様からひと言 ~なにわ お客様相談室物語~」(全6回)の放送中止を決定。(中略) 10日の放送分はBSプレミアムで1月10日から放送された「幕末グルメ ブシメシ!」に変更する。

小出出演ドラマで各局対応 NHKは放送中止 日テレは降板発表 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース(6月8日付)より

今朝の段階では、NHKの番組表で『幕末グルメ ブシメシ!』が全6回と記載されていたため、6月17日以降もこのドラマが放送されるものと思われます。

 

 

出来事についての私見を述べることは控えるとして、差し替えについて一言申し上げるならば、以前の自分のツイートを踏まえて『トットてれび』にしていただきたかった、と思うのです。この作品に主演した満島ひかりさんは、第54回ギャラクシー賞で個人賞を受賞。ギャラクシー賞は6月1日に発表され、特にDJパーソナリティ賞を受賞した星野源さんのコメントが報じられたり、マイベストTV賞を『逃げるは恥だが役に立つ』が受賞する等注目が集まり、翌日のメディアも賑わせました。だからこそ、今あらためてそれら作品を再放送していただきたい...という上での『トットてれび』推し、だったのです。

第54回ギャラクシー賞については以前ここで取り上げましたのでご確認ください。

先程のツイートは、受賞作品を”配信で観る”ことを念頭に置いたものですが、授賞式報道の直後は受賞作品への興味が増すというもの。ましてギャラクシー賞は”質の高さ”に対する評価なわけですから、内容は保証されているわけです。ならば見聞き出来ないのは機会損失を生むのではないかと。そういえばRHYMESTER宇多丸さんが、同じくギャラクシー賞で大賞に選ばれた作品が気になるというようなことを言っていたのも印象的で、ならばやはりギャラクシー賞授賞式前後、出来ればノミネーション発表のタイミングで後追い出来るサービスがあれば嬉しい、と考えた次第。宇多丸さんがギャラクシー賞について語った模様は下記に、文字起こしのリンク先を紹介させていただきます。

 

実はこのタイミングで、星野源さんが出演した『逃げるは恥だが役に立つ』が一挙に放送されます。

地上波ではなくCSのTBSチャンネル1だから出来ることだと言われればそれまでですが、ギャラクシー賞が発表されて間もないタイミングでの放送は実に嬉しい限り。TBS側がギャラクシー賞を考慮して放送を決めたかは定かではありませんが、逆にギャラクシー賞側は先述した”機会損失”を起こさないようにすべく、受賞およびノミネートされた番組の再放送を、局側に積極的に呼びかけていいと思います。またはオンデマンド配信を行っているところには一時的にでも無料にしていただくよう説得するか、もしくは有料でもギャラクシー賞受賞作品一覧のページを用意するのでリンク貼付の許可をもらう...それだけでも間違いなく観る人は増えると思います。あくまで個人的な希望ですが、メディアには数(視聴率等)より質にこだわるようになってほしいと思いますし、質の良さを上手く訴求することで数の上昇にもつながる(それこそ昨年の”逃げ恥”の視聴率の上昇はまさにその典型だったと思います)、というのを実感できれば、今以上に良い作品がどんどん生まれていくと思います。ギャラクシー賞の後追い視聴のサポートは、そういう風潮を生み出す源流にもなるのではないでしょうか。是非とも考えていただきたいところです。

 

 

最後に。今回の差し替えはあくまでひとつの出来事が大本にあるのは承知しています。また、その出来事をあたかもネタに使うなとの指摘があるかもしれません。出来事自体、そして差し替えの是非については思うところがありますが今回その点について私見は述べません。この出来事がきっかけとなってギャラクシー賞受賞作品の後追いについて述べないといけない、という思いが生まれたのでエントリーさせていただきました。