face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

NHK青森放送局に異動したアナウンサーに望むこと

今月、NHKではアナウンサーの大きな異動があり、青森放送局でも動きがありました。まずは安定感のあった高瀬登志彦アナウンサーが東京へ。スポーツ中継の実況を担当する、と月曜日付のブログに書いています。

実は今回の異動に気付いたのは、平日20時45分から放送されている『ニュースあおもり845』を観てのこと。今週に入り見慣れぬアナウンサーが原稿を読んでいたことに驚いたのですが、Wikipedia情報を元に読み手を確認。下記の報告とビジュアルから南山吉弘アナウンサーと判明しました。茨城放送局での異動報告は下記に。

(それにしても、放送局のアナウンサーページよりもかなり前にWikipediaのページが更新されているのは不思議でした。もしかしたらWikipediaを、放送局内部の方が更新しているのでは?とふと。)

 

そしてもう一人、森下和哉アナウンサーも今週同時間帯のニュースを担当しているのを確認。南山アナウンサーの2年後輩で共に50代前半とのこと。京都放送局時代のプロフィールはこちらに。フルマラソン完走50回以上というのですから若々しい…と思ったら、『『ファイナルファンタジーX』にブリッツボールのアナウンサー役でNHKアナウンサーとしては異例の声の出演』とのこと(『』内はWikipediaより)。年齢を感じさせない声の若々しさはそういうところにも活きているのだなあと感じるなど。

 

 

ここまでは昨日夕方までに記載したのですが、その際更新されていなかったNHK青森放送局のアナウンサー・キャスターのページが、今朝までに新アナウンサーを含めたものに変更されていました。

森下アナウンサー、フルマラソンの完走回数が72回に増えています。NHKアナウンサー随一の鉄人ですね。

 

 

さて、今回NHK青森放送局のアナウンサーは2増1減となりました。しかもベテランアナウンサー2名の補強というのは異例ではないかと思ったのですが、個人的にはこんなことを抱いた次第。 

森下アナウンサーのページ、担当番組欄には『青森放送局のアナウンサー・キャスターの仕事の取りまとめをしています』とあり、確信を得た次第です。

 

弊ブログでは以前、平日夕方帯のローカルニュース『あっぷるワイド』(月-金曜 18時10分)におけるアナウンサー/キャスター(特に後者)の実力における問題を、厳しく指摘させていただきました。

現在は池間昌人アナウンサーと亀谷渉子キャスターが固定となっているのですが、池間アナウンサーの安定感、声の通りや滑舌の良さなどが見事なのに対し、亀谷キャスターは緊張ゆえか声の通り等不明瞭という印象。また亀谷キャスターと同期となる都倉悠太アナウンサーは先月『旅ラジ!』(NHKラジオ第一 月-木曜12時30分)を担当していましたが、滑舌の良くなさもさることながら緊張しまくっている様子が聴き手にも伝わってきて、以前出世街道に乗ったと書いたものの…と強く思っていたところでした。

 

若手のアナウンサーやキャスターが育っていない状況は、ベテランアナウンサーが固定せず指導者がいないという点にあると思います。ベテランの良し悪しが若手に大きく関わってくるというのは以前他局の例で記載しましたが、NHKの場合はアナウンサーが3~5年で異動することを踏まえれば、たとえ指導者が素晴らしくともその方が代々換わるのは若手育成にとって痛手ではないかと。ゆえにNHKの異動システムこそが最大の問題ではあると思うのですが、その現状にあって南山・森下両アナウンサーが共に、少なくとも3年は青森に留まるであろうことを踏まえれば、今のうちにアナウンサーやキャスターを鍛え直し、同時にアナウンスの磨き方マニュアル的なものを作成しておくというのもいいかもしれません。それだけ、今のアナウンスレベルは平均すると厳しい状況といえます。ベテランアナウンサーの活躍を強く期待したいところです。