face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

番組企画案『Live! Live! Live!』

"脳外上場"という意味も込めて書いてみます。

 

 

この春、『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ 土曜22時 通称"タマフル")で【後番組オーディション】なる企画が行われました。選ばれた方の企画案に唸ったり笑ったり…楽しませていただきました。

 

で、実は自分も応募したのですが、真面目すぎ且つそこまでヒネリのないアイデアゆえ選ばれなかったのはいうまでもありません。が、ならばいつかどこかの局で…と思いここに載せることにしました(掲載に問題があればこのエントリーを削除させていただきます)。

自分の策は、音楽を(その文字通り音を)楽しみたいという方を増やすためのものでした。

 

◯番組名:『Live! Live! Live!』(音楽を中心としたライブ(情報)番組)

◯企画した理由:

   CDが売れなくなった時代にあってライブは盛り上がりの一途…といわれる

   ものの、未だライブは敷居が高い等として足を運んだことがない、最近は

   めっきり…という方も少なくないはず。フェスも同様です。

   (かくいう自分も、青森県弘前市でラジオDJを担当しながら、初めて行った

   フェスが 2年前の夏びらきフェスティバル@所沢。躊躇する自分を後押し

   してくれたのは、"タマフル"で様々なミュージシャンが披露した生ライブ。

   実際に生で観たらどれだけ凄いのか、という思いに駆られたゆえ。そして

   紹介する宇多丸さんの熱量にもヤラれました。)

 

   そこで、ライブやフェス初心者にも楽しんでもらうべく、様々な角度から

   “ライブの楽しさ”を伝えるのはどうかと考え、企画しました。

◯概要:

   ・ライブ音源の紹介("録って出し"だと番組のプレミアム感が増します。)

   ・スタジオ生ライブ

   ・生のDJプレイ(DJミックス)

   ・ライブリポート 等

   特にライブリポートに関しては、放送後一週間以内に行われるライブの

   リポーターを募集し、リポートをホームページ、もしくはスタジオに来て

   もらいDJとの掛け合いで報告してもらう…というのはいかがでしょう。

   プレゼント当選という嬉しさのみならず、ラジオ好きな方にとっては

   スタジオに入れるというさらなるプレミアム感が発生します。また局が

   主催するライブのチケットをプレゼント用に充て、その感想を番組内で

   述べてもらうことで、その歌手の魅力が発信されるのみならず、たとえば

   売上の芳しくない公演のチケットをプレゼント用に回すことも出来ます。

   ライブといえども音楽に限らず、演劇や落語等、様々なジャンルに有効です。

ちなみに番組名は、自分がラジオ漬けになった時によく聴いていた『VIVA! ACCESS』(2000-2005 J-WAVE)の1コーナーから拝借しています。

 

 

この企画立案には、今年【夏の魔物】が川崎市で開催される、青森県では開催されなくなったことが大きく影響しています。

夏の魔物が青森で行われなくなってしまったこと、また上記ブログでも触れたのですが青森市の別フェスが鳴り物入りで始まり継続するといいながら一回で終わったこと、これらが本当に寂しすぎるのです。フェスはもしかしたら、参加するには"勇気が要る"と思われているフシがあるのかもしれず。ならば、勇気は不要であること、敷居は低いどころかないってことを示さないといけないよなあと思うのです。自分の経験で伝えられたならと考えていますし、またそのためには青森の音楽事情をより良いものに変えないといけない、土壌づくりからやってみないといけない…その考えが今回の提案作りのモチベーションになっています。番組といわずも番組内ワンコーナーでも構わない、まずはやりたいという思いに駆られています。