face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

【Diggin'】一十三十一の夏ソングプレイリスト~外仕事集~

今週、一十三十一さんのニューアルバム『Ecstasy』がリリースされました。発売翌日には収録曲「Flash of Light」のミュージックビデオも公開に。

2012年の『CITY DIVE』以降、Billboard Recordsからはミニアルバム、カバーアルバムを含め通算7枚目となる今作。順調にキャリアを積んでいます。今作はDorianによる全曲プロデュースということで、真っ先に思い出したのはこの曲。

・Dorian feat. 一十三十一「summer rich」(from『studio vacation』(2011))

同年の私的邦楽ベストにも挙げたくらい気に入っている曲で、その組み合わせが全曲で...というのは嬉しい限りなのです。

 

 

さて、今回はそんな一十三十一さんの”外仕事”をまとめてみますので、気に入ったならば是非オリジナル作を手にしてみてください(Billboard Recordsの作品群はレンタル禁止になっているようなので尚の事)。ここでいう”外仕事”とは、彼女名義のアルバムに未収録の楽曲群のこと(他の歌手の作品、もしくは企画盤への参加)。新しいものから順に掲載、試聴出来るサイトを貼付しています。

 

・KASHIF「The Night」(from KASHIF『BlueSongs』(2016)

BlueSongs

BlueSongs

  • KASHIF
  • J-Pop
  • ¥2400

 

一十三十一「愛は心の仕事です」

 (オリジナル:ラ・ムー from『真夏のイノセンス~作詞家・売野雅勇 Hits Covers~』(2017))

 

一十三十一アクアマリンのままでいて

 (オリジナル:カルロス・トシキ&オメガトライブ from Various Artist's『TWILIGHT TIME』(2014))

 

・JINTANA & EMERALDS「Honey」(from『Destiny』(2014))

 

冨田ラボ feat. 一十三十一「夜奏曲」(from 冨田ラボ『Shipahead』(2010))

Shipahead

Shipahead

 

一十三十一「Kiss of Life」

 (オリジナル:シャーデー from Various Artist's『ISLAND MOON ~ GROOVE LOVE ~』(2008))

 

一十三十一「You were mine」

 (オリジナル:久保田利伸 from Various Artist's『Pure Voice -J COVER-』(2008))

 

また、メインボーカルではありませんが、小沢健二さんの久々のシングルにコーラスで参加したり。

小沢健二「流動体について」(from『流動体について』(2017))

”流”つながりで、おまけとしてこちらも。

・流線形 feat. Saigenji「TOKYO SNIPER」(from『TOKYO SNIPER』(2006))

声が激似ですが、こちらの女性ボーカルは当時女子大生の江口ニカさんですので念のため。

 

 

彼女独特の声は様々な音楽家に愛されていますね。また特に夏ソングのカバーにおいて、彼女の声は”涼”をもたらしてくれる気が。それゆえ、勝手ながら【一十三十一×夏=最強】という説を唱えてみたいと思います。