face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

出だしこそ...だけど、日本のヒップホップシーンの熱い2ヶ月がはじまっている

昨日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系 火曜20時57分)でチョコミントを愛情たっぷりに紹介していた牛窪さん。

番組を観ながら、牛窪さん誰かに似てるんだよなあ...と思ってたのですが、放送後にようやく気が付きました。

牛窪さんを思いっきり陰の方向に尖らせたらDJ松永さんっぽくなるのではと...両者に失礼かもですねごめんなさい。

 

 

さて、Creepy Nutsは今夏メジャーデビューという話が出ていたのですが、そのCDが延期になってしまったことに遅ればせながら気付いた次第。

このCDリリースに合わせたワンマンライブ等を行っていた彼ら。

そりゃあセルフツッコミもしてしまいたくなるものです。

 

実はCreepy Nutsを皮切りに、夏から秋にかけての日本のヒップホップのリリースがとんでもないことに!と感じていたので、勝手ながら”勿体無い!”と思ってしまいました。

8月は30日にKICK THE CAN CREWによる13年半ぶりのオリジナルアルバム『KICK!』が、9月は引用したつぶやきにもあるようにサイプレス上野とロベルト吉野によるメジャーデビューミニアルバム『大海賊』、そしてそのサイプレス上野さんも参加しているRHYMESTERの2年ぶりのアルバム『ダンサブル』が共に9月6日、さらに9月27日にはSKY-HIの、日本武道館公演を収めたDVD/Blu-ray『SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN』およびCzecho No Republicとのコライトシングル「タイムトラベリング」がリリース。SKY-HIはさらに、昨秋リリースしたSALUとのコラボアルバムに継ぐコラボシングル「RAPSTA」を今日から配信開始。そして、RHYMESTER加山雄三宇多田ヒカル等大物との仕事も相次ぐPUNPEEが遂に9月20日にファーストソロアルバム(タイトル未定)を発売...というように、この2ヶ月ほどの日本のヒップホップ界はとんでもないことになっているのです(以上敬称略。リンク先は全て音楽ナタリー)。その先陣をCreepy Nutsが切ることが出来なくなってしまいましたが、逆にそれを話の種にしてメディア露出を増やしていってほしいものです。

自分の担当するラジオ番組で、この春【三浦大知特集】をやったみたいに、今度はこれら日本のヒップホップシーンをまとめた特集もやってみたいなあと考えています。