face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ビルボードソングスチャートから遂に彼の名が消える

ビルボードにおいて、まもなく偉大な記録が生まれかねないということを昨日記載したのですが、一方この偉大な記録が遂に途絶えてしまいました。

 メジャーデビューシングル、「Best I Ever Had」(最高2位)が92位に初登場を果たした2009年5月23日付以来、前週2017年8月19日付までなんと431週...8年以上もソングスチャートトップ100内にランクインし続けたドレイク。ですが、前週81位の「Passionfruit」および100位の「Signs」が共に圏外となったことで、遂に100位以内連続チャートイン記録が途絶えてしまいました。

 

この記録がどれだけ凄いかというと。

総合チャート100位以内連続チャートイン記録

(リードアクト(主演)、客演双方において)

1位 431週 ドレイク

2位 326週 リル・ウェイン

3位 216週 リアーナ

4位 207週 ニッキー・ミナージュ

5位 161週 クリス・ブラウン

6位 159週 ジェイ・Z

7位 152週 ネリー

8位 141週 ケニー・チェズニー

9位 139週デスティニーズ・チャイルドケイティ・ペリーテイラー・スウィフト

3位と2位、2位と1位の差は共に2年以上もあるため、ドレイクが如何にぶっちぎりなのかが解りますね。

 

ちなみに、ドレイクがこの8年以上もの間に成し遂げた記録は他にも。

・トップ100へ157曲をランクイン(歴代2位 1位はグリー・キャスト)

・トップ100に24曲も同時ランクイン(歴代1位)

・51週連続トップ10入り(歴代3位 1位はケイティ・ペリー、2位はザ・チェインスモーカーズ)

 

ドレイクの数々の記録については、特にラッパーが客演に招かれやすいこと、そして特にストリーミングの興隆によりヒップホップ(やR&B)がチャートで優位になってきていることが追い風になっているとは思います。しかしながら、ここまでチャートを席巻するのは、それだけ彼の音楽が愛されている証拠と言えるでしょう。

ただ...これは私見と前置きした上で苦言というかお願いなのですが。ミュージックビデオが作られていない、もしくはあったとしても公式YouTubeアカウントに置かれていない場合が多かったり、最新アルバムの『More Life』が本人曰く”プレイリスト”のためCD化されなかったり...と、中途半端な面が否めないと思ってしまうのです。CD化については今後フィジカルを見送る歌手が増えそうな予感がするので強くは言えませんが、せめて公式YouTubeアカウントには音源だけでもいいのできちんと集約していただきたいものです。