face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

米ソングスチャート、「Despacito」歴代単独2位となる15週1位! ライバルは3曲?

ビルボードソングスチャートを定点観測。

現地時間の8月21日月曜(日本時間の火曜早朝)に発表された、9月2日付最新チャート。ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー feat. ジャスティン・ビーバー「Despacito」が15週目の首位を獲得し、首位獲得週で単独2位に浮上、最多週数記録まであと1週に迫っています。

記事は下記に。

そしてトップ10はこちら。

マライア・キャリーボーイズIIメン「One Sweet Day」(1995-1996)の16週にあと1週と迫る、15週目の首位獲得。面白いのは、ラジオエアプレイで5位にランクダウン(しかも前週比11%ダウン)しているものの、ストリーミングおよびデジタルダウンロードでは首位をキープ、しかも後者においては前週比2%上昇しているのです(ストリーミングは同6%ダウン)。通常は先にデジタル2指標が落ちた後にラジオエアプレイが減っていくのですが、「Despacito」は独特の動きをしていることが解ります。

今週も2位をキープしたDJキャレド feat. リアーナ&ブライソン・ティラー「Wild Thoughts」はここにきて一気に差を詰め、前週1.46:1だった差が1.19:1にまで縮まっています。ですがこれは、iTunes Storeにおける69セントでの安価販売に伴うデジタルダウンロード上昇(前週比126%アップ)ゆえ。逆に言えば次週、反動でデジタルダウンロードが減少し一気に失速することが予想されます。一方「Despacito」はここにきて、ジャスティン・ビーバー参加のリミックス版を安価販売しているそうで、逆に「Despacito」が次週引き離す可能性は十分といえるでしょう。

 

となると、「Despacito」はこのまま1位を続けて「One Sweet Day」に追いつき追い越すのでしょうか? というわけでいつになるかは分かりませんが、”次の1位候補”を考えてみます。

 

①カーディ・B「Bodak Yellow (Money Moves)」

28→14→8→3位と一気に上昇。女性ソロ歌手且つ客演なしでのトップ3入りはアデル「Hello」およびメーガン・トレイナー「No」がヒットした昨年上半期以来であり、無論今年初。それだけに勢いと強さを感じます。各指標はいずれも2桁の伸びを示していますがそれでも「Despacito」はデジタルダウンロードでは3倍近く、ラジオエアプレイでは4倍弱もの差をつけており、早々に追いつくのは難しいかもしれません。

 

ジャスティン・ビーバー & ブラッドポップ「Friends」

8月17日木曜に発売されたジャスティン・ビーバーの新曲(ブラッドポップとの共作)。初日のセールスは16000となり、週間での数値が気になるところ。次週9月9日付での初登場が見込まれており、ジャスティンを抑えるのがジャスティンになるのか注目したいところ。

 

テイラー・スウィフトのニューシングル?

噂レベルではあれどビルボードが記事で言及しているのがテイラー・スウィフトのシングル。昨日ブログで触れていますが、仮にリリースされれば情勢は間違いなく変わるでしょう。

 

 

「Despacito」の首位獲得週記録に注目が集まっていますが、今年12週もの首位を記録したエド・シーラン「Shape Of You」にも注目。今週9位にランクインしたことで32週目のトップ10入りを果たし、トップ10入り週数で歴代トップに並びました。ザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー「Closer」(2016-2017)、リアン・ライムス「How Do I Live」(1997-1998)を追い越すかどうか、こちらも次週のチャートに注目です。