face it

青森県在住。毎週日曜日17時から、FMアップルウェーブ発の番組の一員として参加。音楽・ラジオ好きによる"日々の音"やメディアの話

オースティン・マホーン、来月日本発売のアルバムはオリジナルアルバムではない?

今年の日本の音楽業界を席巻した曲のひとつがオースティン・マホーン「Dirty Work」であることに間違いないでしょう。ブルゾンちえみさんのネタに用いられるあの曲。長らく配信のみだったのですが今夏フィジカル(シングルCD)化されたことは以前お伝えしました。

ちなみにここで取り上げた"盆ダンス"リミックスが後にYouTubeにて公開されていましたので遅ればせながらご紹介。

 

実は彼、海外ではEPおよびミックステープを2作ずつ出しているのですが(一部国内盤化有)、海外の(総合)ソングスチャートで結果が出ていないからなのか、オリジナルアルバムは未だ...という状況が続いていました。しかしここにきて来月、『Dirty Work - The Album』というアルバムをリリースすることが決定。

"日本限定発売"なのですよね。個人的にはこれをオリジナルアルバムとは言い難いと考えており、いずれ海外で別エディション(というかそちらが真のオリジナルアルバムという立ち位置では?)がリリースされるだろうからそちらが出るまで待つか、と。それと、"The Album"の読みは"ザ"じゃなくて"ジ"だと思うのですが...。

と、日本の売り方に疑問を覚えるものの、しかし収録曲(上記ツイートのリンク先からジャケットをクリックすると出てきます)にこの曲があり、購入を実は前向きに検討している自分がいます。

・ハードウェル&オースティン・マホーン「Creatures Of The Night」(2017)

この曲が最新9月30日付の米ビルボードダンスクラブソングスチャートを制したのです。オースティンは同チャートにおいて、ピットブルを客演に招いた「Lady」でも首位を獲得しています(今年6月10日付)。

この曲についてはあのオースティン・マホーンによる大胆過ぎるリメイクが全米のクラブで大ヒット(6月7日付)でも取り上げたのですが、来月日本限定でリリースされる『Dirty Work - The Album』にはダンスクラブソングスチャートを制した2曲、そして「Dirty Work」も収録。そう考えれば、今回のアルバムはオリジナルアルバムというよりある種ベストアルバム的...そう考えればお得度は増すのかもしれません。